毎日新聞10/6☆クローズアップ2012:日韓、すれ違う感情−−毎日新聞・朝鮮日報合同調査




*毎日新聞     2012年10月06日 東京朝刊
クローズアップ2012:日韓、すれ違う感情−−毎日新聞・朝鮮日報合同調査



a0087238_12443928.jpg

相手国に親しみを感じるか



 毎日新聞と朝鮮日報10+件の合同世論調査は、双方の国民が島根県の竹島(韓国名・独島)と歴史の問題を重く受け止めていることを改めて示した。両国とも連携強化に前向きな世論は消極派を上回っているものの、韓国側の日本に対する関心の低さは否めない。問題を引きずりながら、日韓は「すれ違い」の時代に入りかねない。

 ◇韓国、顕著な対中傾斜

 韓国の祝日だった3日、ソウル市内の国際展示場で市民交流行事「日韓交流おまつり」が開かれ、4万人が来場した。両国関係悪化を受けて主催者は警備を強化したが、トラブルは皆無。浴衣の着付け体験をした李タンビさん(24)は、一緒に浴衣を着たボーイフレンドと記念撮影をしながら「日本との政治的な問題について友人と話すことは、ほとんどない」と屈託なく話した。

 在韓日本大使館公報文化院の道上尚史(みちがみひさし)院長は「こうした時期だからこそ交流行事を止めてはならないという声が韓国側でも大きくなってきた」と話す。韓国側調査で「日本に親しみを感じる」割合が08年調査に比べて減っていないことも、政治的緊張が市民感情と直結しなくなったことを示したといえる。

 ただ、政治的緊張からの反感が広く共有されなくなった背景にあるのは、韓国社会で日本への関心自体が減っていることだ。政治や経済など各分野での日本への関心低下と中国への傾斜が著しい。中国や北朝鮮をにらんでの日韓関係強化の必要性を否定する回答が、日本で25%にとどまったのに対し、韓国では40%にのぼったことが象徴的だ。

 韓国は6月末、防衛に関する秘密情報を交換する際の規則などを定めた日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結を署名直前に延期した。韓国ではこの時も、中国への配慮の必要性が取りざたされ、野党・民主統合党の朴智元(パクチウォン)院内代表は「日本のために中国を放棄するような危険な賭博はすぐやめねばならない」とまで語った。

 韓国の対中依存は、経済面で特に著しい。韓国にとって中国は04年から最大の貿易相手国であり、09年以降は2位日本と3位米国の合計より中国との貿易額の方が多いという、圧倒的な存在感を示している。韓国に駐在する日本の外交官は「中国への関心をどうやって少しでも日本側に引き戻せるかが、非常に厳しい課題だ」と話している。【ソウル澤田克己】


 ◇歴史問題、連携の壁



a0087238_12473877.jpg

「日韓交流おまつり」で韓国の小中学生(手前)と一緒に演奏する岩手県立宮古水産高校の生徒たち=ソウル市内で2012年10月3日



 日韓連携について「強めるべきだ」との回答が7割近くに達した日本と、5割にとどまった韓国。すれ違う国民意識に、日本外務省の幹部は「未来志向に立って、一つ一つ関係を積み上げていくしかない」と話す。

 日本は、経済発展を背景に「力の外交」を推し進める中国や、核・ミサイル問題で対立する北朝鮮に対抗するため、韓国との連携を進めるべく腐心してきた。これらに対し、両国は共通の利害を持つとの認識からだ。しかし、ことあるごとに歴史問題が噴き出し、関係改善と悪化を繰り返すうちに、日韓の連携がスムーズに進まなくなっていった面もある。いったんは締結で合意しながら、中国への配慮もあり署名を延期したGSOMIAはその典型と言える。

 経済面でもぎくしゃくしている。欧州金融危機の悪影響を懸念する韓国の要請を受け、昨年10月に行われた日韓通貨交換(スワップ)協定の交換枠拡大も、関係悪化により今月末で終了する可能性も出ている。

 日本外務省幹部は「当局間で連携の必要性は共有しているが、歴史問題が壁になっている部分は否めない」と指摘。安全保障上の協力や経済関係深化に向けた努力を続ける以外に妙手はないとの認識を示す。【吉永康朗】

 ◇「片思い」日本人、時局に揺れ 「韓国好き」女性が圧倒

 竹島問題などで日韓が衝突するたびに、比較的冷静な日本に比べ韓国では激しい抗議行動が起こる。しかし、99年以降5回実施した日韓合同調査からは、韓国人より日本人の対韓感情の揺れの大きさが目立つ。

 韓国世論の対日感情は一貫している。親しみを「感じる」が「感じない」を上回ることはなく、サッカー・ワールドカップ(W杯)を日韓で共催した後の02年7月を除けば「感じない」が60%台で推移している。

 これに対し、日本人の韓国への感情は繊細だ。親しみを「感じる」が、99年5月48%→02年2月69%→同7月77%と上昇し、今回再び47%に下降した。この間、30ポイントの振幅があった。親しみを「感じない」も29ポイントの幅で上下し、今回最多の47%まで上昇、初めて「感じる」と「感じない」が同じ割合となった。

 調査結果をみる限り、比較的固まった対日観がある韓国人に対し、日本人の対韓意識は時々の出来事に左右されやすい。今後の韓国の出方によっては、親しみを「感じない」が「感じる」を逆転する可能性もある。


 男女差も注目点だ。あまり差のない韓国人に比べ、日本人は圧倒的に女性の対韓感情が良い。今回、男性は40代を除く全年代で親しみを「感じない」が上回ったが、女性は20〜50代で「感じる」が勝り、20代では62%、30代も56%など高水準のままだ。芸能を含めた韓国文化の継続的な流入が安定装置として機能しているとみられる。【三岡昭博】

 ◇サッカー日中戦で韓国人 日本を応援15%、中国を応援56%
 日本と中国のサッカー代表チームが対戦したら、韓国人はどちらを応援するか−−。日韓合同調査では56%が中国、15%が日本と答えた。「日本を応援する」は男性(17%)が女性(13%)よりやや多く、年代別では若者ほど日本を応援する割合が高かった。ただ、「分からない・無回答」も3割に上り、複雑な心中もうかがえる。

 一方、日本人に韓国・中国戦の応援チームを聞くと、韓国60%、中国11%。韓国人とは対照的な結果となった。【福田昌史】

==============

 ◇日韓合同調査の質問と回答◇
         日本 韓国   日本男 韓国男  日本女 韓国女

 ◆あなたは韓国(日本)に親しみを感じますか、感じませんか。

大いに感じる   10 (13) 10  (14)  9  (13)

少し感じる    37 (23) 33  (23) 40  (22)

あまり感じない  31 (33) 31  (30) 30  (35)

全く感じない   17 (28) 23  (30) 12  (27)

 ◆あなたは、最近の竹島を巡る一連の出来事が日韓関係に悪影響を与えたと思いますか、思いませんか。

思う       71 (78) 71  (78) 70  (78)

思わない     21 (18) 24  (19) 19  (17)

 ◆あなたは、日本と韓国の過去の歴史問題が日韓関係の障害になると思いますか、思いませんか。

大いになる    15 (43) 15  (49) 16  (37)

ある程度なる   56 (39) 55  (35) 57  (43)

あまりならない  16 (12) 16  (11) 16  (12)

全くならない    5  (2)  9   (2)  2   (2)

 ◆あなたは、中国や北朝鮮を含む北東アジアの安定のため、日本と韓国は連携を強めるべきだと思いますか、思いませんか。

強めるべきだ   67 (50) 68  (47) 66  (52)

強める必要はない 25 (40) 28  (48) 22  (32)

 ◆あなたは、韓国(日本)と中国のサッカー代表チームが対戦するとしたら、どちらを応援しますか。

韓国(日本)   60 (15) 61  (17) 58  (13)

中国       11 (56) 12  (55) 10  (57)

==============

 (注)数字は%、小数点以下を四捨五入。このため、グラフと一致しない場合がある。無回答は省略。カッコ内は韓国での設問と回答。

 <調査の方法>日本では9月29、30日にコンピューターが無作為に選んだ電話番号を使うRDS法で調査し、986人から回答を得た。韓国では10月1日にRDS法で固定電話と携帯電話に調査し、1000人の回答を得た。
[PR]
by joonkoala | 2012-10-06 12:50 | 韓国
<< J-CASTニュース10/5☆... DATVメルマガ10/5☆「D... >>