人気ブログランキング |

innolife9/6☆『成均館』-『イタKiss』、再放送視聴率↑…不振、脱出するか?




*innolife 2010/09/06(Mon) 12:31
『成均館』-『イタKiss』、再放送視聴率↑…不振、脱出するか?


a0087238_564740.jpg



不運な編成で凄惨な視聴率を記録した、KBS第2テレビの『成均館スキャンダル』とMBCの『イタズラなKiss』が、再放送の視聴率では好調を見せた。

8月30日にスタートした月火ドラマ『成均館スキャンダル』は、SBSの『ジャイアンツ』とMBCの『トンイ(同伊)』に押されて期待値を下回る視聴率で出発した。『成均館スキャンダル』の第1、2話は6.3%を記録するにとどまった。

だが『成均館スキャンダル』の第1、2話の再放送は各々5.3%、7.1%だった。特に第2話の再放送の視聴率は本放送の視聴率を上回る数字だ。
MBCの『イタズラなKiss』も再放送で高い視聴率を記録した。第1、2話の本放送では3.5%と3.7%を記録、「キム・ヒョンジュンの屈辱」とまで言われた『イタズラなKiss』は、再放送でかろうじてプライドを回復した。

『イタズラなKiss』は、4日に再放送された第1、2話で各々4.2%、6.6%を記録した。

特に2つ共、第1話より第2話が高い視聴率を記録し、今後の視聴率上昇に対する期待感も持たせた。

SBSの『僕の彼女は九尾狐(クミホ)』が、先立って本放送より再放送の方が高い視聴率を記録して、視聴率上昇のきっかけとなった前例があるためだ。『製パン王キム・タック』の力に押されて序盤は1ケタ台の視聴率だった『僕の彼女は九尾狐(クミホ)』は、再放送で着実に視聴者の関心を集めて10%台に進入する快挙を成した。

ハツラツとしたストーリーと個性の強いキャラクターの類似ドラマ『イタズラなKiss』と『成均館スキャンダル』が不運を乗り越えて、現在の視聴率構図を変える力を発揮することができるか注目される。
by joonkoala | 2010-09-07 05:07 | 韓国ドラマ
<< innolife9/6☆ワン・... innolife9/6☆イ・ス... >>