タグ:韓国ドラマ ( 454 ) タグの人気記事

Kstyle8/29☆「2度目の二十歳」放送スタート、チェ・ジウのキャンパスライフが始まった!




*Kstyle OSEN |2015年08月29日13時29分
「2度目の二十歳」放送スタート、チェ・ジウのキャンパスライフが始まった!



※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。


a0087238_6124165.jpg

写真=「2度目の二十歳」スクリーンショット



「2度目の二十歳」が虐げられる主婦たちの痛快な反乱を描き、幕を開けた。

韓国で28日に放送されたtvN「2度目の二十歳」では、19歳でできちゃった結婚をしたハ・ノラ(チェ・ジウ)の姿が描かれた。ハ・ノラはウチョル(チェ・ウォニョン)と結婚するが、大学教授のウチョルはハ・ノラをバカだと罵り、結局離婚を決心する。

ハ・ノラは自分が大学に受かったら、夫のウチョルの気持ちが変わるかも知れないと思い、ウチョルには内緒で大学受験を準備する。補欠合格したハ・ノラはウチョルにその事実を知らせるが、ウチョルは「子供っぽい考え方はもうやめろ。どうしてそんなことで時間を無駄にするのか」と批判する。失望したハ・ノラは病院で人間ドックの結果を確認しに行って、病院のミスで自分が不治の病にかかったと誤解する。大学入学を諦めようとしたハ・ノラは、自分の余命があまり残っていないと勘違いし、大学に行くことを決めた。

ハ・ノラは何も知らずに、ウチョルが教える講義や初恋のヒョンソク(イ・サンユン)が教える講義を申し込んだ。初日の授業に出席したハ・ノラは、周りの学生たちの好奇心溢れる視線に緊張を隠せなかった。

その後、ハ・ノラはチームプレーでチーム員たちに無視され、一人で昼ご飯を食べるなど、ごたごたしたキャンパスライフをスタートした。また、授業で会ったヒョンソクは、ハ・ノラを知らないふりをして虐めて、彼女を戸惑わせた。

「2度目の二十歳」は、19歳で子供の母親となって生きてきたハ・ノラが、生まれて初めてキャンパスライフを経験するストーリーを描いたドラマだ。韓国で毎週金曜、土曜日8時30分に放送される。

元記事配信日時 : 2015年08月28日20時35分 記者 : イ・ジヨン
[PR]
by joonkoala | 2015-08-30 06:13 | その他

聯合ニュース6/30☆韓国観光業がMERSで危機 景況感も見通しも過去最低



*聯合ニュース    2015/06/30 09:26
韓国観光業がMERSで危機 景況感も見通しも過去最低




【ソウル聯合ニュース】韓国での中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染拡大が、観光業に深刻な打撃を与えている。

 韓国文化観光研究院が30日公表した観光業の4~6月期の景況判断指数(BSI)は14で、調査を始めた2007年4~6月期以降で最低となった。韓国旅客船セウォル号沈没事故が起きた昨年同期(53)を39ポイント、リーマン・ショック後の2009年1~3月期(50)を36ポイント、それぞれ下回る。

 調査は観光振興法上の観光事業者149社を対象に実施された。BSIは100を上回ると、景気を良いとみる企業が悪いとみる企業より多いことを意味し、100未満ならその逆となる。

◇韓国人の国内観光も不調

 MERSは韓国人の国内観光の意欲を大きくそいでいる。観光業のうち、韓国人向けの国内観光業のBSIは0だった。景気を良いとする事業者は1社もないことを意味する。

 また、中国人観光客が主に利用する低・中価格帯ホテルのBSIは5にとどまった。中国人をはじめとする外国人を誘致し観光させる一般旅行業のBSIも16と低調だ。

 BSIの詳細をみると、売上高(15)だけでなく、収益性(15)や資金繰り(17)もそろって調査開始後で最も低い数値を記録した。

◇7~9月期の見通しも暗く

 4~6月期の調査でMERSの影響が反映されたのは20日程度だったにもかかわらず、最悪の結果となった。観光業の被害は今後さらに膨らむ見通しだ。

 7~9月期の景況見通しは21と集計された。前年同期(73)から52ポイント低下し、過去最低となった。

 外国人向けの一般旅行業の景況見通しが16、低・中価格帯ホテルが17、国内旅行業が20で、先行きは不透明だ。

 売上高の見通しは21、収益性と資金繰りの見通しはそれぞれ25と いずれも前年同期から50ポイント前後落ちこんだ。 

 文化観光研究院の関係者は「7~9月期も観光業はMERSの影響を克服できず、大きな困難に直面する可能性が高い」と話す。業界は政府に対し納税猶予などの対策を要請しているという。

mgk1202@yna.co.kr
[PR]
by joonkoala | 2015-07-01 08:24 | 韓国

Kstyle5/20☆韓国ドラマ、最高の“胸キュン”告白BEST4を発表!




*Kstyle OSEN |2015年05月20日17時57分
韓国ドラマ、最高の“胸キュン”告白BEST4を発表!



a0087238_67068.jpg

写真=KBS、SBS、tvN、SARAMエンターテインメント



ソ・ジソブが言った。「僕と暮らすか」。ヒョンビンが言った。「いつからこんなに可愛くなったんだ」。イ・ミンホは聞いた。「俺、君が好きなのか」。そしてクォン・ユルが言った。「優しくしてもらわないと。付き合っている間は」。この男たちの一言が胸に響いた瞬間、胸がときめいて眠れなくさせた、ドラマの中の男性主人公の最高の甘い告白の瞬間だった。

ドラマを見て胸がときめいたのは、どれくらいぶりだろう。最近、tvNドラマ「ゴハン行こうよ2」(演出:パク・ジュンヌァ、チェ・キュシク、脚本:イム・スミ)に登場する、現実世界に連れてきたくなるロマンチックな彼氏クォン・ユルが、リアルでさらにときめく“率直、淡白、胸キュン”告白で久しぶりに胸がキュンとする名告白シーンを作り出した。このシーンが女性の心を揺さぶり、女心を掴んでいる中、時間が経っても忘れられない歴代級の甘い告白の名シーンをまとめてみた。


ソ・ジソブ ― KBS「ごめん、愛してる」チャ・ムヒョク役、激情的で迫力のある告白!

「ご飯食べるか、僕と暮らすか?ご飯食べるか、僕と一緒に死ぬか!」

KBSドラマ「ごめん、愛してる」(演出:イ・ヒョンミン、脚本:イ・ギョンヒ)でソ・ジソブは、チョン・ウンチェ(イム・スジョン)に「ご飯食べるか、僕と暮らすか?ご飯食べるか、僕と一緒に死ぬか!」と泣き叫ぶように吐きだす激情的な告白で女性視聴者の胸をときめかせた。ソ・ジソブは男らしくてワイルドな告白で、心の深いところに痛みを持つ荒い男の拒否できない強い魅力をアピールした。荒い男にもかかわらず、“守ってあげたい”気持ちにさせる告白で“悪い男”ブームを巻き起こし、女性の胸をときめかせる名シーンを作りあげた。


ヒョンビン ― SBS「シークレット・ガーデン」キム・ジュウォン役、突然の“胸キュン”告白!

「キル・ライムさんはいつからこんなに可愛くなったんだ?」

SBSドラマ「シークレット・ガーデン」(演出:シン・ウチョル、クォン・ヒョクチャン、脚本:キム・ウンスク)のヒョンビンは、毎回予想できないタイミングにときめくしかない告白のセリフを残し、女性視聴者の心を掴んだ。劇中でキム・ジュウォン(ヒョンビン)は気難しい性格とは違い「キル・ライムさんはいつからこんなに可愛くなったんだ?」「僕にはこの人がキム・テヒであり、チョン・ドヨンです」など、予期せぬタイミングに自身の感情を表す“胸キュン”告白で女心を掴んだ。特に「シークレット・ガーデン」で見せたヒョンビンの心に響く率直かつ堂々とした告白は、ロマンチックな愛情表現を求めていた女心を揺さぶり、女性視聴者を魅了した。


イ・ミンホ ― SBS「相続者たち」キム・タン役、予想外のストレートな告白

「俺、君が好きなのか?」

SBS「相続者たち」(演出:カン・シニョ、プ・ソンチョル、脚本:キム・ウンスク)でイ・ミンホは「俺、君が好きなのか?」という疑問文のストレートな告白で女性ファンの心を掴んだ。10代の初々しさと率直さが感じられた告白であっただけに、視聴者に純粋なときめきと“核爆弾級”の感動を与えてくれた。質問に見えるが、質問でないストレートなイ・ミンホの堂々とした愛の告白は、視聴者がもう一度おとぎ話のように純粋な愛を夢見させた。


クォン・ユル ― tvN「ゴハン行こうよ2」イ・サンウ役、現実的でさらにときめくリアルな告白!

「優しくしてもらわないと。付き合っている間は」

現在放送中のtvNドラマ「ゴハン行こうよ2」でクォン・ユルは誰より現実的でさらにときめくリアルな告白で“現実的で夢見る理想の彼氏”と呼ばれ、女心をくすぐった。日常的な会話のように飾り気なく「僕たち付き合ってみよう」と淡々と吐き出すリアルな告白は、その中に込められた真心によってさらに女心をときめかせ、多くの女性を魅了した。ドラマではなく、実際に告白されたような勘違いを呼び起こすほどだったため、クォン・ユルのリアルな告白は実際に会いたいと夢見る理想のタイプと完璧に合致し、女性視聴者をときめかせて眠れなくさせるなど、連日大反響を呼んでいる。

このようにドラマに登場する胸ときめく告白シーンは、時間が過ぎてもドキドキする感情として記憶に残っている。忘れようとしても忘れられない歴代級の甘い告白を思いながらもう一度女心を揺さぶられる中、女性視聴者の心に響いた歴代級の甘いセリフリストに入ったクォン・ユルが「ゴハン行こうよ2」でまたどんな現実的な彼氏の愛情表現で胸をときめかせてくれるのか。その期待が女性視聴者をテレビの前に引き込んでいる。tvN「ゴハン行こうよ2」は韓国で毎週月曜日と火曜日の午後11時に放送される。


元記事配信日時 : 2015年05月11日05時36分 記者 : チョン・ソヨン
[PR]
by joonkoala | 2015-05-22 05:43 | 韓国ドラマ

聯合ニュース5/4☆<インタビュー>「冬ソナ」制作会社会長 韓国ドラマ発展に期待



*聯合ニュース     2015/05/04 13:46
<インタビュー>「冬ソナ」制作会社会長 韓国ドラマ発展に期待


【ソウル聯合ニュース】韓流ブームの先駆けとなったドラマ「冬のソナタ」を制作したパンエンターテインメントの朴永石(パク・ヨンソク)会長が、このほど聯合ニュースのインタビューに応じ、韓国の視聴者、さらには日本など海外の視聴者を魅了する韓国ドラマの登場に強い期待を示した。

 2002年に制作された「冬ソナ」は、韓国だけでなく日本列島もブームに巻き込んだ。韓日国交正常化50周年を迎え、日本との交流に大きな役割を果たした大衆文化を振り返る際、冬ソナの存在は欠かせない。

a0087238_6511059.jpg

朴永石会長=4日、ソウル(聯合ニュース)


 冬ソナ以前、大衆文化は日本から韓国への一方通行だった。韓国は日本の大衆文化の流入を閉ざしていたが、日本の歌謡曲やドラマ、アニメーションはひそかに韓国の若者の間で人気を得ていた。しかし、冬ソナが日本上陸を果たし大きな反響を呼んだことで、韓流ブームが始まった。冬ソナを基点に韓日間の大衆文化交流が変化したといっても差し支えない。

 冬ソナ制作から13年になるが、朴氏は当時を振り返るたび、特に日本で韓国ドラマがヒットしたことを思うたびに感動を新たにする。

 日本では2003年にNHKのBSチャンネル、翌年にNHKの地上波で放送され、爆発的な人気を集めた。オリジナルサウンドトラックCDは200万枚、ドラマDVDは45万セットを売り上げたという。ドラマは何度も再放送され、主要ロケ地の江原道・春川や南怡島には日本人観光客が押しかけた。ペ・ヨンジュンは「ヨン様」、チェ・ジウは「ジウ姫」として韓流スターの頂点に駆け上がった。

 韓国のシンクタンクは2004年の経済効果(推定)を、観光収入8400億ウォン(現在のレートで約930億円)、ペ・ヨンジュンの写真集200億ウォン、カレンダー100億ウォンなど、総額約3兆ウォンと分析する。

 日本でのヒットの秘訣(ひけつ)を問われることも多い朴氏だが、「日本で成功したノウハウなど、そんなものはない。ただ、国内で通用するドラマを作ろうしただけ」と話す。

 新ドラマは通常、放送局でだけ予告編を流す。しかし当時、他局が人気ドラマを放送中ということもあり、パンエンターテインメントは冬ソナのミュージックビデオを制作しケーブルチャンネルで流したり新聞やバスでドラマの宣伝をしたりと、異例のマーケティングを展開した。何よりも同ドラマは、俳優ペ・ヨンジュンと女優チェ・ジウ演じる主人公が織り成す純愛、美しく印象的な音楽と映像、個性的なファッションなどが視聴者を引き付けた。

 朴氏は当初、ドラマそのものよりもサントラCDの売り上げに期待していた。本人は元歌手で、多数の歌手のCDを制作してきた。パンエンターテインメントには歌手PSY(サイ)も所属していた。ところが、ドラマは大ヒットし、20億ウォンの投資に対し10倍以上の収益を得た。同社はこれを機にドラマ制作を本格化、「夏の香り」や「華麗なる遺産」「太陽を抱く月」などヒットドラマを数多く送り出した。2006年には新興企業向け市場のコスダックへの上場を果たした。

 一方、朴氏は最近の韓国ドラマに苦言を呈する。韓流スターの人気に便乗し、内容的には不十分なドラマが少なくない。韓日関係がぎくしゃくするなど政治的な部分も確かに打撃にはなったが、ドラマ自体の競争力が低下したのも事実だという。「韓国を無視し日本だけを狙ったドラマは、絶対に成功できない。韓国で成功させてから海外を見据えなければ」「国内の視聴者に愛される作品をつくるよう努力すべきだ」と繰り返した。

 日本市場でもまだ勝算はあるとみている。朴氏は「政治と文化は根本的に異なる。政界が乗り出しても、文化の自然な流れを阻むことはできない」とし、良いコンテンツを作ることが重要だとした。

 また、朴氏は機が熟したと判断し、先ごろ冬ソナ続編の制作計画を明らかにした。「国内はもちろん、日本と中国の視聴者もつかむ『冬ソナ2』を作る」と意気込む。続編に限らず、冬ソナを超える作品が多数登場することにも期待を示した。

mgk1202@yna.co.kr
[PR]
by joonkoala | 2015-05-06 06:51 | ぺ・ヨンジュン

ソウル経済5/2☆冬のソナタ2製作、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウは?...



(自動翻訳機)

*ソウル経済     2015/05/02 17:24:56
冬のソナタ2製作、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウは?...'花よりおじいさん'チェ・ジウ、イ・ソジン実際の恋人のような姿話題


a0087238_862063.jpg

冬のソナタ2製作、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウは?...'花よりおじいさん'チェ・ジウ、イ・ソジン実際の恋人のような姿話題




‘冬のソナタ2’製作の便りが伝えられた。

‘冬のソナタ’製作会社パン・エンターテインメントは最近“‘冬のソナタ2’を製作する。 1編(便)の作家と監督など多くのスタッフが再び集まって2編(便)を作る”という立場を公式に明らかにした。

その間日本で本格的な韓流出口を開いて韓日両国関係改善など途方もない有形無形の政治、経済、文化的価値を創り出した‘冬のソナタ’シーズン2製作を望む声が国内だけでなく日本など海外でも出てきた。

パン・エンターテインメントの‘冬のソナタ2’発表を基点に製作が本格化する展望だ。

まず最も大きい関心事は演出者と作家、そして出演陣に対する部分だ。 焦眉の関心事に浮び上がった‘冬のソナタ’の演出者ユン・ソクホPDと作家ユン・ウンギョン、キム・ウニの製作参加の有無だ。 ユン・ウンギョン、キム・ウニ作家は脚本作業に参加が決定されてシノプシス作業を進めている。

ユン・ソクホPDは演出の代わりに自問と助言をする総括プロデューサー役割をする。 ユン・ソクホPDは“シーズン2に対する国内外ファンたちの要請が多かったがシーズン2に演出はしなくて自問をする予定だ”と話した。 パン・エンターテインメントはシノプシスが出てくれば作家とユン・ソクホPDなどと相談して演出者を決める計画という意見を提示した。

また‘冬のソナタ’の主演に出た主演の出演の有無だ。 ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、パク・ソルミの出演の有無が高い関心を引いている。

‘冬のソナタ’は去る2002年国内に放送されて30%台視聴率を記録して高い人気を呼んだのに続き2003年日本衛星放送にそして2004年日本NHKに放送されて20%台視聴率を記録して爆発的な反応を引き出した。 ‘冬のソナタ’は韓日両国で3兆ウォン台経済的価値を創り出しただけでなく日本での韓流の震源地役割をするなど韓国大衆文化社で最も大きい事件と評価されている。

一方イ・ソジン、チェ・ジウが'花よりおじいさん'で恋人のような雰囲気を漂って話題になっている。
[PR]
by joonkoala | 2015-05-03 08:11 | ぺ・ヨンジュン

Kstyle4/14☆伝説の韓流ドラマ「冬のソナタ」続編が決定!ストーリー&キャスティングに関心集中




*Kstyle    TVREPORT |2015年04月14日11時56分
伝説の韓流ドラマ「冬のソナタ」続編が決定!ストーリー&キャスティングに関心集中



a0087238_1757513.jpg

写真=KBS



日本でも絶大な人気を誇ったドラマ「冬のソナタ」の続編が今冬の放送を目標に制作される。

14日、制作会社のPANエンターテインメントによると「冬のソナタ2」(仮題)は2002年「冬のソナタ」を手がけた脚本家のユン・ウンギョン、キム・ウニとプロデューサーのユン・ソクホが再び組み、この冬の放送を目指してあらすじの作成に入ったという。

「冬のソナタ」は結婚を控えた女性の前に死んだ初恋の人に似た男性が現れたことから繰り広げられるストーリーを描いたドラマ。2002年にペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、故パク・ヨンハ、パク・ソルミの4人が主人公としてキャスティングされ、韓国だけでなく海外でもブームを巻き起こした。

特にペ・ヨンジュンとチェ・ジウは「冬のソナタ」を通じて“ヨン様”“ジウ姫”と呼ばれ、日本での韓流ブームをリードした。3兆ウォン(約3280億円)に上る多大な経済波及効果をもたらしたと評価されている。日本で韓流ブームが去ったとも言われている状況で「冬のソナタ2」が制作されるというニュースに業界の関心が集まる理由でもある。

PANエンターテインメントの関係者は「現在のところ制作することが決まっただけで、具体的に決まったことはない。具体化されたら演出者、俳優などのキャスティングに拍車をかける計画だ」と話した。

元記事配信日時 : 2015年04月14日09時14分 記者 : イ・ウイン
[PR]
by joonkoala | 2015-04-14 17:57 | ぺ・ヨンジュン

聯合ニュース4/14☆「冬ソナ」続編制作へ 前作スタッフが多数参加




*聯合ニュース     2015/04/14 09:34
「冬ソナ」続編制作へ 前作スタッフが多数参加



【ソウル聯合ニュース】日本でも熱狂的な人気を集め、多大な経済波及効果をもたらした韓国の大ヒットドラマ「冬のソナタ」のパート2が制作される。同ドラマの制作会社パンエンターテインメントのパク・ヨンソク会長が14日、「『冬ソナ2』を制作する。前作の脚本家や監督ら多数のスタッフが集結する」と明らかにした。


a0087238_1758531.jpg

「冬のソナタ」の主演俳優=(聯合ニュース)



 2002年の「冬ソナ」を手掛けた脚本家のユン・ウンギョン、キム・ウンヒの両氏と、プロデューサーのユン・ソクホ氏が再び組む。演出と出演者は決まっていない。ドラマのあらすじは来月ごろまとまりそうだ。

 パク会長は聯合ニュースのインタビューに対し、「かなり前からパート2を構想してきた。ひとまずパート1の放送から10年くらいしてパート2に取り掛かるつもりだったが、その時期が来たようだ」と話した。「冬ソナ」がさまざまな面で意味のある作品となっただけに、続編でも前作のスタッフをできるだけ多く集めたいとした。

 「冬ソナ」は韓国で2002年1月から3月まで放映された。俳優ペ・ヨンジュンと女優チェ・ジウが演じる主人公2人が織り成す切ない純愛や際立つ映像美、耳に残る音楽、独特なファッションなどが大きな人気を集めた。

 日本でも「冬ソナ」ブームを巻き起こした。2003年にNHKの衛星チャンネル、翌年にNHKの地上波で放送されると、中高年女性を中心に熱烈な支持を得た。主演のペ・ヨンジュンは「ヨン様」と呼ばれ、韓流スターの頂点に駆け上がった。

 当時、オリジナルサウンドトラックは200万枚、ドラマのDVDは45万セットを売り上げたとされる。ドラマ人気は韓国旅行へとつながり、ドラマの主要ロケ地の江原道・春川や南怡島は日本人観光客にとって「冬ソナの聖地」となった。

 サムスン経済研究所や現代経済研究院など韓国のシンクタンクは2004年時点の推定で、「冬ソナ」が誘発した経済波及効果は3兆ウォン(約3280億円)に上ると分析した。8400億ウォンの観光収入のほかに、ペ・ヨンジュンの写真集やカレンダーなどが大きな売上高を記録した。

mgk1202@yna.co.kr
[PR]
by joonkoala | 2015-04-14 17:48 | ぺ・ヨンジュン

K-PLAZA4/14☆「冬のソナタ」続編の制作決まる!冬ソナ2のキャスティングは誰に?関心集まる




*K-PLAZA 2015.04.14
「冬のソナタ」続編の制作決まる!冬ソナ2のキャスティングは誰に?関心集まる




a0087238_184392.jpg



a0087238_184675.jpg







日本での本格的な韓流ブームを導いた作品といえばヨン様&ジウ姫こと、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウ主演ドラマ「冬のソナタ」。同作の続編が制作されることが明らかになり関心が集まっている。

2002年に韓国で放送された「冬のソナタ」はペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、故パク・ヨンハ、パク・ソルミの4人がメインキャストとして活躍した日本でもすっかりお馴染みのドラマであり、韓国エンターテイメントに対する関心が一気に爆発した、いわゆる韓流ブームの起爆剤となった作品だ。

14日、「冬のソナタ」のドラマ制作会社であるパンエンターテインメントのパク・ヨンソク会長は、「冬のソナタ2を制作する。前作の脚本家や監督など多数のスタッフが集結する」と明らかにした。会長のコメントによると、脚本家のユン・ウンギョン、キム・ウンヒと、プロデューサーのユン・ソクホ監督が再びタッグを組む、ということだ。

放送時期は、今冬を目標に準備に入る予定で、ドラマのあらすじ(シノプシス)の作成に入った状態で、来月頃にはまとまりそうだという。演出と出演者はまだ未定。

パク・ヨンソク会長いわく、以前から「冬のソナタ」パート2の構想はあり、10年ほど経過してからパート2の制作に取りかかるつもりだったという。そして今、その時期が来たとの判断から、制作プロジェクトが具体的に動き出した。

10年以上の時を経て制作される「冬のソナタ」パート2のニュースに、主演キャストの配役はもちろんのことそのストーリーなど大きな関心が集まっている。

写真:KBS
[PR]
by joonkoala | 2015-04-14 17:48 | ぺ・ヨンジュン

Kstyle1/15☆「ハイド・ジキル、私」ヒョンビン&ハン・ジミン、「キルミーヒールミー」を押さえられるか




*Kstyle OSEN |2015年01月15日18時58分
「ハイド・ジキル、私」ヒョンビン&ハン・ジミン、似た題材の「キルミーヒールミー」を押さえられるか



a0087238_8103437.jpg



ラブコメディで信頼して見られる二人の俳優が出会った。視聴率を保障する俳優と言われるヒョンビンとハン・ジミンが「ハイド・ジキル、私」で共演することになった。ラブコメディで不敗神話を誇る二人が、似たような題材のライバルドラマとの視聴率競争で勝つことができるか、関心が集まっている。

ヒョンビン、ハン・ジミン、ソンジュン、Girl's Day ヘリは15日、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアルパレスホテルで開催されたSBS新水木ドラマ「ハイド・ジキル、私」の制作発表会に出席し、ドラマのスタートを告げた。

同ドラマは、世界で一番悪い男ジキルと世界に二人といない善良な男ハイド、一人の男性のまったく異なる二つの人格と恋に落ちた一人の女性の甘く溌剌とした三角関係のロマンスを描いたラブコメディだ。

ヒョンビンは劇中で二つの人格を持った冷たい男ク・ソジンと甘くて純情な男ロビンを演じる。一人の男性のようだが、実は一人でないロビンとク・ソジンを愛する女性であるチャン・ハナ役は、ハン・ジミンが演じる。

昨年、映画「王の涙-イ・サンの決断-」以来もう一度息を合わせることになった二人は、視聴率を保障する俳優という共通点を持っている。「私の名前はキム・サムスン」「シークレット・ガーデン」など、出演するラブコメディが全て成功したヒョンビンと“ケミ(共演俳優の相性を示すケミストリーの略)の女王”と呼ばれるハン・ジミンの共演だ。ハン・ジミンは「パダムパダム~彼と彼女の心拍音」「屋根部屋のプリンス」を成功させた。安定した演技と優れた魅力で彼女は“お茶の間のクイーン”になった。

a0087238_8103611.jpg


元々相手役の俳優と相性のよい俳優であるだけに、早くから二人の恋愛模様が期待を集めている。さらに、ヒョンビンの一人二役も観戦ポイントだ。ヒョンビンは一人二役をこなすため繊細な演技をしているという。

チョ・ヨングァンプロデューサーは「ヒョンビンさんの演技は本当にディテールまでこだわる。それでヒョンテールというあだ名を付けてあげた」と話した。続けて彼は「いつかキャラクターが運動をしない人だが、筋肉はどこまで減らせばいいかと聞いてきた。また、スキンシップしてはいけないけど、触っちゃ駄目かと聞いて困ったことがある」と賞賛した。チョプロデューサーは「本当にたくさん悩むし、情熱的でいい」と付け加えた。また、チョプロデューサーはハン・ジミンについて「現場で演技も上手いし、女神と呼ばれる。本当にスタッフたちに優しくしてくれる」と賞賛した。

もちろん、越えなければならない山はある。視聴率を保障するこのカップルには双子のようなドラマであるMBC「キルミーヒールミー」が待ち構えている。「キルミーヒールミー」も多重人格を題材にするラブコメディだ。二つのドラマは題材とドラマチックな装置などが似ており、俳優たちの演技の競争力によって成否が分かれると見られる。

ヒョンビンは一人二役について「ソジンは節制された人生を生きる人物であるだけに、一生笑わったことのない人のように演技している。ソジンとロビンの目つきを違うように見せるため努力している。眉間を活用している」と伝えた。ハン・ジミンも「ソジンになった時は鋭くてロビンになった時は優しい。二人の男性と一緒に演技する気分だ」と賞賛した。

お茶の間で信頼して見られる俳優と言われる二人が既に定着した「キルミーヒールミー」との差別性を確保するとともに、視聴者を奪ってくることができるかがカギになる。二人の俳優がどれほど優れた組み合わせと興味深いシーンを見せてくれるか、期待を集める。

「ハイド・ジキル、私」はヒョンビン、ハン・ジミン、ソンジュン、Girl's Day ヘリなどが出演し、15日に放送を終了する「ピノキオ」の後番組として韓国で21日に放送がスタートする。

元記事配信日時 : 2015年01月15日16時04分 記者 : ピョ・ジェミン、写真 : チョン・ソンイ
[PR]
by joonkoala | 2015-01-16 08:12 | 韓流スター

Kstyle1/1☆「SBS演技大賞」チョン・ジヒョンが大賞に輝く!「星から来たあなた」チームが独走…




*Kstyle TVREPORT |2015年01月01日12時28分
「SBS演技大賞」チョン・ジヒョンが大賞に輝く!「星から来たあなた」チームが独走…番狂わせはなかった(総合)



a0087238_19151392.jpg

写真=「SBS演技大賞」放送画面キャプチャー


2014年の「SBS演技大賞」は「星から来たあなた」チームの祝祭と言っても過言ではなかった。

31日午後、ソウル江南(カンナム)区三成洞(サムソンドン)COEX Dホールでは、MCイ・フィジェ、パク・シネ、パク・ソジュンの進行のもと「2014 SBS Awards Festival」の一環として「SBS演技大賞」の受賞式が開催された。

同日の受賞式は予想通り、年初に大きな人気を博した「星から来たあなた」チームの独走と言っても過言ではなかった。

栄光の大賞は共同受賞ではなく、チョン・ジヒョンに与えられた。キム・スヒョンは中編ドラマ部門の最優秀演技賞を受賞した。他にも「星から来たあなた」チームからアン・ジェヒョンがニュースター賞を受賞し、キム・チャンワンが特別演技賞を、シン・ソンロクが中編ドラマ部門の優秀演技賞を受賞した。キム・スヒョンとチョン・ジヒョンの受賞も続いた。キム・スヒョンはネットユーザー人気賞を受賞し、チョン・ジヒョンとともにベストカップル賞も受賞した。チョン・ジヒョンはプロデューサー賞も手にし、「星から来たあなた」は大賞や最優秀演技賞を含む9つの部門で賞を獲得した。「演技大賞」でも「星から来たあなた」の底力は確認された。

現在水木ドラマで放送されている「ピノキオ」からもイ・ジョンソクとパク・シネが受賞の栄光を手にした。「ドクター異邦人」「ピノキオ」に出演したイ・ジョンソク、パク・シネが10大スター賞を受賞した。イ・ジョンソクは昨年のチョ・インソンに続き特別賞も受賞した。パク・シネな中編ドラマ部門の女子最優秀演技賞を受賞し、イ・ジョンソクとともにベストカップル賞も手にした。イ・ユビ、キム・ヨングァンはニュースター賞を受賞した。

秀作として評価された「大丈夫、愛だ」も6冠に輝き、その名声を証明した。コン・ヒョジンがミニシリーズ部門女子最優秀演技賞を受賞し、チョ・インソンが10大スター賞にその名を連ねた。イ・グァンス、チン・ギョンが特別演技賞を受賞し、チョ・インソンとコン・ヒョジンがベストカップル賞を受賞した。他にもソン・ドンイルが優秀演技賞を手にした。

他にも「温かい一言」、朝ドラマとして人気を博している「清潭洞(チョンダムドン)スキャンダル」からも受賞者が出た。「清潭洞スキャンダル」で悪役を演じ、注目を浴びたキム・ヘソンが長編ドラマ部門の特別演技賞を受賞し、ヒロインのチェ・ジョンユンが長編ドラマ部門の優秀演技賞を手にした。「温かい一言」からはパク・ソジュンとハン・グルがニュースター賞を受賞し、コ・ドゥシムが特別演技賞を手にした。今回の受賞式では「星から来たあなた」の独走が印象的で、「ピノキオ」「大丈夫、愛だ」が健闘した。しかし、ベストカップル賞の場合は4組も受賞するなど、賞を乱用するような印象を与えたのは残念であった。

以下は受賞者リストである。

◆大賞:チョン・ジヒョン(「星から来たあなた」)

◆最優秀演技賞 ミニシリーズ部門:JYJ ユチョン(「スリーデイズ~愛と正義~」)、コン・ヒョジン(「大丈夫、愛だ」)

◆最優秀演技賞 中編ドラマ部門:キム・スヒョン(「星から来たあなた」)、パク・シネ(「ピノキオ」)

◆最優秀演技賞 長編ドラマ部門:イ・ジェフン(「秘密の扉」)、ファン・ジョンウム (「果てしない愛」)

◆ベストカップル賞:チョ・インソン&コン・ヒョジン(「大丈夫、愛だ」)、キム・スヒョン&チョン・ジヒョン(「星から来たあなた」)、イ・ジョンソク&パク・シネ(「ピノキオ」)、チュ・サンウク&ハン・イェスル(「美女の誕生」)

◆優秀演技賞 ミニシリーズ部門:ソン・ドンイル(「大丈夫、愛だ」)、ソ・イヒョン(「スリーデイズ~愛と正義~」)

◆優秀演技賞 中編ドラマ部門:シン・ソンロク(「星から来たあなた」)、ハン・イェスル(「美女の誕生」)

◆優秀演技賞 長編ドラマ部門:ソン・チャンウィ(「3度結婚する女」)、チェ・ジョンユン(「清潭洞スキャンダル」)

◆ネットユーザー人気賞:キム・スヒョン(「星から来たあなた」)

◆10大スター賞:JYJ ユチョン(「スリーデイズ~愛と正義~」)、チョン・ジヒョン(「星から来たあなた」)、チュ・サンウク(「美女の誕生」)、パク・シネ(「ピノキオ」)、キム・スヒョン(「星から来たあなた」)、ハン・イェスル(「美女の誕生」)、イ・ジェフン(「秘密の扉」)、イ・ジョンソク(「ドクター異邦人」「ピノキオ」)、ファン・ジョンウム(「果てしない愛」)、チョ・インソン(「大丈夫、愛だ」)

◆功労賞:故キム・ジャオク(「3度結婚する女」)

◆プロデューサー賞:チョン・ジヒョン(「星から来たあなた」)

◆特別演技賞 ミニシリーズ部門:イ・グァンス(「大丈夫、愛だ」)、チン・ギョン(「大丈夫、愛だ」)

◆特別演技賞 中編ドラマ部門:キム・チャンワン(「星から来たあなた」)、コ・ドゥシム(「温かい一言」)

◆特別演技賞 長編ドラマ部門:チョン・ウンイン(「果てしない愛」) 、キム・ヘソン(「清潭洞スキャンダル」)

◆特別演技賞 単幕特集劇部門:イ・ドクファ(「10月のある素敵な日に」) 、オ・ヒョンギョン(「母の選択」)

◆ニュースター賞:アン・ジェヒョン(「星から来たあなた」「君たちは包囲された」)、イ・ユビ (「ピノキオ」)、ソ・ハジュン(「ずっと恋したい」)、Secret ソナ(「神の贈り物-14日」)、カン・ハヌル(「エンジェルアイズ」)、ナム・ボラ(「ずっと恋したい」)、キム・ヨングァン(「ピノキオ」)、ハン・グル (「温かい一言」)、パク・ソジュン(「温かい一言」)、キム・ユジョン(「秘密の扉」)

「2014 SBS演技大賞」LaLaTV 独占放送!
2015/1/12(月・祝) 14:00~START 【2ヶ国語放送(同時通訳)】
詳細はこちら:http://www.lala.tv/2014sbs/drama/index.html

2014年韓国SBSドラマの頂点に立つのは!?人気韓流スターが続々登場!
「2014 SBS演技大賞」はCS放送女性チャンネル♪LaLa TVでお楽しみください!

元記事配信日時 : 2015年01月01日01時33分 記者 : ハ・スナ
[PR]
by joonkoala | 2015-01-05 19:16 | キム・スヒョン