タグ:ソ・ジソブ ( 14 ) タグの人気記事

朝鮮日報10/23☆パク・ヨンハさん父の死乗り越え、ソ・ジソブ日本へ




*朝鮮日報   2010/10/23 13:20:43
パク・ヨンハさん父の死乗り越え、ソ・ジソブ日本へ



a0087238_75632.jpg



 俳優ソ・ジソブは涙をぬぐい飛行機に乗り、日本へ向かう。

 ソ・ジソブは23日午後に日本へ向け出発、24日にドラマ『ロードナンバーワン』の日本初放送を記念するプレミア試写会&舞台あいさつのため、「WOWOW FES!2010」に出席する予定だ。

 実は、この前日の22日、故パク・ヨンハさんの父パク・スンインさんが胃がんで死去。ソ・ジソブは同日夜11時ごろ、祭壇が設けられた聖母病院(ソウル市江南区)の斎場を弔問している。

 今年6月30日に親友パク・ヨンハさんが自殺した際、ソ・ジソブは斎場で弔問客に応対したほか、遺影を持ち、埋葬、三虞祭(埋葬日から三日目の祭祀〈さいし〉)、四十九日などにすべて参列するなど、生前の親交の深さをうかがわせた。このたびパク・スンインさんが死去したことにより、ソ・ジソブは悲しみを新たにしている。パク・スンインさんの出棺は24日の予定。

ムン・ワンシク記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版
[PR]
by joonkoala | 2010-10-24 07:05 | 韓流スター

ニューデイリ−10/23☆'義理男'ソ・ジソプ、故パク・ヨンハ父親喪屋弔問22日夜、遺族慰労




(自動翻訳機)

*ニューデイリー   2010.10.23 14:46:15
'義理男'ソ・ジソプ、故パク・ヨンハ父親喪屋弔問22日夜、言葉なしに葬儀室探して遺族慰労


a0087238_7172566.jpg

▲故パク・ヨンハの告別式当時故人の霊前写真をふところに抱いて嗚咽するソ・ジソプ. (c)聯合ニュース


故パク・ヨンハの父親パク・スンの(62)氏が息子を空に送って4ヶ月ぶりの22日死亡した。
その間胃癌末期判定を受けて闘病生活をしてきた朴氏は22日午後ソウル、瑞草区(ソチョグ)所在江南(カンナム)聖母病院で死亡した。

葬儀室はソウル聖母病院葬儀場21号室に用意された。 出棺は24日.
パク・ヨンハが死亡前普段病気で苦労したお父さんによって手に負えなかったという話を知人らにしてきたことが分かって朴氏の死亡の便りはより一層遺憾をかもし出している。

一方朴氏の葬儀室には故パク・ヨンハと懇意な四だった芸能人同僚らが多数訪ねてきて哀悼を表わしたがパク・クァンヒョン、パク・ヒスン、シム・ジホなどが遅れた見解にも葬儀室を訪問、故人の魂をくれといった。

特に故パク・ヨンハと最も格別だったと分かった俳優ソ・ジソプは22日夜11時頃朴氏の葬儀室を訪問、格別な話なしで故人の冥福を祈る姿を見せた。

ソ・ジソプはパク・ヨンハの告別式の時にも終始席を守って何回も嗚咽する姿を見せて周囲を残念にした場合がある。 また、ソ・ジソプは当時パク・ヨンハの遺族たちこっそりと葬儀費用数千万ウォン一切を計算したと分かって話題を集めることもした。

この日他界したパク・スンイン氏は70~80年代ソン・チャンシクをはじめ、ユン・ヒョンジュ、ヤン・ヒウン、情修羅のマネジャーを過ごした1世代マネジャーで知られている。
[PR]
by joonkoala | 2010-10-24 07:00 | 韓流スター

innolife9/29☆江原道に「ソ・ジソプの道」ができる



*innolife 2010/09/29(Wed) 09:50
江原道に「ソ・ジソプの道」ができる



a0087238_5253269.jpg



俳優ソ・ジソプの名前をつけた「ソ・ジソプの道」が造成される。

「ソ・ジソプの道」は全長51kmで江原道(カンウォンド)楊口郡(ヤンググン)に作られる。2012年の夏完工を目標に着工に入る予定だ。済州道(チェジュド)のオルレキル、智異山(チリサン)のトルレキル(周り道)のように「ソ・ジソプの道」を通じて江原道が持つ天恵の自然を思う存分鑑賞することができるようにするという趣旨だ。
「ソ・ジソプの道」には5.1k mずつ散歩できるウォーキングコースを始めとして、現在空いているペクソク山戦闘記念館の旧警戒所跡地をリノベーションした「ソ・ジソプギャラリー」なども造成される計画。「ソ・ジソプの道」を訪れる人々に様々な見どころと休息の場を提供することになる。

江原道楊口郡に造成される「ソ・ジソプの道」は、芸能人で初めて名前をつけられた道ができるという点と51Kmがソ・ジソプが所属している所属事務所「51K」と関連した長さで決定されたという点でより大きな意味がある。

ソ・ジソプの所属事務所の名前「51K」は、ソ・ジソプが自身の好きな数字51に着眼してつけたからだ。

このように江原道に「ソ・ジソプの道」ができるようになったのはソ・ジソプが2010年夏の間、鉄原(チョルウォン)、華川(ファチョン)、楊口(ヤング)、高城(コソン)など、DMZ(非武装地帯)を始めとした江原道一帯を旅行しながら感じた感性を綴った初のフォトエッセイ集『ソ・ジソプの道』を出版し、江原道と縁を結んだためだ。

ソ・ジソプは初めての著書である『ソ・ジソプの道』で、江原道の様々な姿を細かく知らせた功労を認められて江原道観光広報大使第1号に任命された。

江原道側は「率直な俳優ソ・ジソプさんのおかげで江原道のイメージがより高まっています。何より初めての著書を通じて江原道に対する愛情を見せてくれたソ・ジソプさんを広報大使に任命しながら江原道観光のグローバル化にもとても役立っています」とし「ソ・ジソプの道を通じて江原道が持つ天恵の自然環境を韓国内だけでなく海外にも広く知らしめる機会になるでしょう」と期待感を表わした。

一方フォトエッセイ『ソ・ジソプの道』は、出版されて10日で教保文庫の集計9月第一週の週間エッセイ部門1位、総合ベストセラー3位に登板する勢いを見せたし、現在11刷まで印刷が進行された程、旋風的な人気を集めている。
[PR]
by joonkoala | 2010-09-30 05:26 | 韓流スター

innolife9/23☆ソ・ジソブ、最高の旅行の友人は「dusic&ddilddil」




*innolife 2010/09/23(Thu) 16:05
ソ・ジソブ、最高の旅行の友人は「dusic&ddilddil」


a0087238_794545.jpg



フォトエッセイ集『ソ・ジソブの道』を出版した俳優ソ・ジソブが、旅行中最も記憶に残った人に、「dusic&ddilddil」を挙げた。

dusic&ddilddilは2003年からイラストレーションを土台にグラフィックデザイン、編集デザイン、写真、映像、アニメーション、インテリアなど美術関連の多様な分野で活動しているイ・ゴウン、イ・ジョンホン氏の芸名だ。

ソ・ジソブは、フォトエッセイ企画に先立ち、dusic&ddilddilのイラストレーションを見た後、この作品を作った主人公との出会いを求めた。彼らはDMZとドタヨンを旅行して、互いに写真を撮って岩に座って絵を描いて対話をするなど、異色な作業を行った。 三人がグレーの壁に並んで立って、正面を見つめて、それぞれ違った表情で撮った写真は、ソ・ジソブが提案して演出した写真だ。

ソ・ジソブは「dusic&ddilddil、妙な友人たち」としながら「自身がしたいことを一緒にしたい人と一生できることは、うらやましい」と伝えた。『ソ・ジソブの道』は、ソ・ジソブが純粋な青年の姿に帰って江原道一帯を旅行して、自身の内面の話と感想を率直に綴った本で、作家イ・ウェス、漫画家パク・ジェドン、歌手タイガーJK、写真作家イ・ウンジョン、デザイナーチェ・ミョンウク、鳥類研究者チョン・タミ氏ら有名人と共に旅行して交わした話を収めた。
[PR]
by joonkoala | 2010-09-24 07:10 | 韓流スター

スポーツ朝鮮9/16☆不確かな韓流? ヨン様は本で常勝疾走



(自動翻訳機)

*スポーツ朝鮮  2010-09-16 16:03
不確かな韓流? ヨン様は本で常勝疾走



a0087238_19102152.jpg



 少しは弱まった韓流熱風が本によみがえっている。

 ペ・ヨンジュン(38)ソ・ジソプ(33)等韓流スターらの本が韓国と日本、中国、台湾などアジア圏市場で爆発的な人気を得ていることだ。

 最近国内で発刊したソ・ジソプのエッセイ'ソ・ジソプの道'は日本と中国、台湾出版社らと版権契約を控えている。 ペ・ヨンジュンの旅行エッセイ'韓国の美をたどる旅'は日本で約15万部が売れた。

 特にペ・ヨンジュンの'韓国の美をたどる旅'の場合、各種統計を土台と推算してみればアジア地域で約24万部販売を記録して50億ウォン以上の収益を実現した。

 ペ・ヨンジュンは勢いに乗って16日中国語版も出版する。 日本で初版だけ5万部を刷ったのでこの本に対する中国出版社の期待値を分かる価値はある。 中国語版出版関係者は"中国最大出版社の三年の流通網とマーケティングを土台に現地ベストセラー基準の10万冊販売達成を目標にしている"と話した。

 韓流スター単行本がアジア市場に本格的に進出し始めたのは2000年序盤から。 '韓流熱風'を土台にペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビン、クォン・サンウなど韓国スター5人の写真集'さらに一番(The Man)'が日本文芸春秋社を通じて初版5万部を発行するほど人気を呼んだ。

 最近では韓流スターらの単行本がより一層進化しているという評価だ。 ある出版関係者は"韓流スターらの本はその間繰り広げたキャラクター事業の応用段階と見ることができる"として"ペ・ヨンジュンとソ・ジソプは芸能人という(のは)身近なイメージに韓国文化を紹介する作家イメージを加えてアジア ファンを攻略している"と分析した。

 <ビジネスアンドTVイ・スンウ記者press011@chosun.com>

 
[PR]
by joonkoala | 2010-09-16 19:13 | ぺ・ヨンジュン

innolife9/16☆ソ・ジソプのフォトエッセイ、海外から版権問い合わせが殺到



*innolife 2010/09/16(Thu) 09:50
ソ・ジソプのフォトエッセイ、海外から版権問い合わせが殺到



a0087238_1855178.jpg



ソ・ジソプのフォトエッセイ『ソ・ジソプの道』が、韓国国内だけでなく海外でも熱い反応を得ている。

『ソ・ジソプの道』は、ソ・ジソプが普通の青年の姿に戻って江原道(カンウォンド)一帯を旅しながら自分自身の内面の話と感想を率直に書いた本で、韓国内でも旋風的な人気を集めている。

8月31日に出版されて10日目の9月9日、教保文庫だけで9月第1週「週間集計エッセイ部門1位、総合ベストセラー3位」に登板する勢いを見せた。また、『ソ・ジソプの道』は出版前から韓流スターソ・ジソプの人気と共に日本と中国、台湾などからの熱い関心を受けて版権に対する問い合わせが殺到した。現在、2011年に日本での出版を目標に出版社らの版権契約条件などを検討しており、今月中に現地の出版社を決める計画だ。

出版社関係者は「現在、具体的に出版社名を取り上げて論じる訳には行かないが出版社と所属事務所など、様々な経路を通じて問い合わせが殺到している状況」とし「良い条件での著作権輸出を期待している」と話した。


a0087238_18553943.jpg



特にソ・ジソプがこのエッセイで紹介したDMZ(非武装地帯)や江原道一帯は、韓流スターソ・ジソプの人気を証明するように海外の観光客らに観光の名所として注目されそうな兆しだ。そのためソ・ジソプは初めて江原道の広報大使に任命され、3日に江原道庁で委嘱式を行った。

一方ソ・ジソプは最近本の表紙写真の背景になった江原道楊口(ヤング)と光化門(クァンファムン)と永登浦(ヨンドンポ)の教保文庫でサイン会を行った。この日、韓国のファンはもちろん、台湾、日本のファンたちは「韓流スター」ソ・ジソプを見るために前日午後から列をつくって待ったという。 [写真=3HW COM]
[PR]
by joonkoala | 2010-09-16 18:56 | 韓流スター

朝鮮日報9/14☆ソ・ジソブがグラビアで旅人に




*朝鮮日報    2010/09/14 15:09:03
ソ・ジソブがグラビアで旅人に


a0087238_7371577.jpg



 このほどフォトエッセーを出版し話題を呼んだ俳優ソ・ジソブ。その中から、ときめきを胸に旅立つ「秋の旅人」をイメージした写真が公開された。

 14日に公開された写真のソ・ジソブは、ジーンズにリュックという飾らない姿。明け方の静かな南春川駅で、一緒に旅をするパートナーを待ちながら、胸躍らせる様子を写しだしている。

 気になるその旅の相手は、韓国最年少の鳥類研究者チョン・ダミさん。一緒に歩きながら笑顔を見せる様子からは、旅を楽しんでいる二人の気持ちが伝わってくる。

 ソ・ジソブはこの日、PR会社を通じ「学生のころはスポーツに明け暮れていたので、遠足や旅の思い出があまりありませんが、遠足に行く前の気持ちというのはこんな感じなのかな」と、旅行前のドキドキ感を語った。

キム・ジヨン記者


STARNEWS/朝鮮日報日本語版
[PR]
by joonkoala | 2010-09-15 07:38 | 韓流スター

innolife9/10☆ソ・ジソプ、ベストセラー作家に…エッセイが大ヒット




*innolife 2010/09/10(Fri) 10:49
ソ・ジソプ、ベストセラー作家に…エッセイが大ヒット


a0087238_6394673.jpg




俳優ソ・ジソプが自身の初めてのフォトエッセイ『ソ・ジソプの道』の爆発的な人気でベストセラー作家の仲間入りした。

先月31日に出版された『ソ・ジソプの道』は出版10日目になる9日、教保文庫だけで9月第1週「週間集計エッセイ部門1位、総合ベストセラー3位」になる勢いを見せた。

特に販売前の予約注文だけで5万部を突破したのに続き、10日で3版目の印刷に入るなど突風を起こしており、書店街では「台風の目」として注目されている。
Sallim Books(サルリム出版社)側は10日「文字通り“突風”だ。出版して一週間でこんな記録を出したのはとても異例的でまれなこと」とし「『ソ・ジソプの道』は出版されて10日ですでに3版目の印刷に突入した。現在も注文が殺到していて供給が困難なくらい」と話した。

『ソ・ジソプの道』は、普段大衆には寡黙な姿でなじんでいるソ・ジソプが初めて自身の内面をオープンにし淡々と表わしたという点で関心を増幅させている。

ソ・ジソプが作家イ・ウェス、漫画家パク・ジェドン、歌手タイガーJK、写真作家イ・ウンジョン、デザイナーチェ・ミョンウク、アーティスト dusicnddilddi、鳥類研究者チョン・タミなど各界の有名人と共に旅行して交わした、些細だけれど率直な話が関心を集めている。

ソ・ジソプは「今回の江原道(カンウォンド)旅行と本の出版は私にとって特別な意味を持つ。 美しいところを旅行して良い人々に会ってその経験を本として出すことができて本当にうれしい」とし「ファンたちに、読者たちに感謝しています。私の最も自然で人間的な姿、私が直接書いた文等を入れたのがより良い結果として出たように思います」と所感を語った。
[写真=Sallim Books]
[PR]
by joonkoala | 2010-09-11 06:40 | 韓流スター

朝鮮日報9/6☆【フォト】ソ・ジソブ、フォトエッセーサイン会で笑顔




*朝鮮日報   2010/09/06 09:48:22
【フォト】ソ・ジソブ、フォトエッセーサイン会で笑顔


a0087238_5522374.jpg



 5日午後1時、ソウル市光化門のハッチ広場で、ソ・ジソブのフォトエッセー「ソ・ジソブの道」の出版記念サイン会が行われた。写真は、ファンと楽しそうに会話を交わしているソ・ジソブ。

 同書はソ・ジソブが2010年の美しい夏、江原道一帯を旅した記録を写真とともにつづったエッセー。

 「ソ・ジソブの道」は8月23日、主要オンライン書店で予約販売が始まったとたん、注文が殺到。3日で、教保文庫のデイリー総合ベスト3位にランクインした。

イ・デドク記者
[PR]
by joonkoala | 2010-09-07 05:53 | 韓流スター

innolife9/3☆ソ・ジソブ、「江原道のため熱心に頑張ります」



*innolife 2010/09/03(Fri) 17:10
ソ・ジソブ、「江原道のため熱心に頑張ります」


a0087238_636056.jpg



江原道は3日道庁会議室で、カン・ギチャン行政副知事らが参加した中で、俳優{ソ・ジソブ}を江原観光広報大使に任命する任命式を行った。今年初め中国とタイのアイドルスターを広報大使に任命したことはあるが、国内韓流スターが江原観光広報大使に任命されたことは、今回が初めてだ。

道はDMZを背景に撮影したフォトエッセイ集『ソ・ジソブの道』が、DMZ観光庁側の全面的な支援で仕上げられたことを契機に、ソ・ジソブとの縁を続けるという方針だ。また、今回の韓流スターソ・ジソブの写真集を契機に、日本と中国などアジア観光客のDMZ訪問が増加すると期待した。

この日任命式でソ・ジソブは「今回の写真集撮影を契機に、江原道を見て回ったが本当に美しかった。江原道が第2の故郷と感じられる」と話した。一方今回出版された写真集『ソ・ジソブの道』は、オンライン書店で人気に販売されていて、最初のファンサイン会が、3日午後4時楊口ターミナルで1時間開かれる。
[PR]
by joonkoala | 2010-09-04 06:37 | 韓流スター