<   2013年 09月 ( 50 )   > この月の画像一覧

Kpopstarz 9/30☆キム・ヒョンジュン、鳥肌を立たせてメンチンメンバーを大爆笑



*Kpopstarz 2013-09-30 13:57
キム・ヒョンジュン、鳥肌を立たせてメンチンメンバーを大爆笑


a0087238_2052235.png


9月29日放送されたSBS 『裸足の友達』(以下、メンチン)では、番組メンバーらが芸能界の代表的なおしどり夫婦であるチョ・ガプギョン-ホン・ソボム夫婦の家を訪れた。

チョ・ガプギョンが、餃子鍋などの料理を作っている際、メンチンのメンバーは、いつものように一口クイズを開始した。






一口クイズの最初の問題は、「コーヒー、飲料、ラーメンの共通点は?」というもので、キム・ヒョンジュンと歌手ウン・ジウォンは、同時に「インスタント」と答えた。

ウン・ジウォンとの息の合った回答に、キム・ヒョンジュンは、「怖い、怖い」と言い、メンチンメンバーの笑いを誘った。同じ所属事務所のリーダー出身という2人の共通点もあることから、2人は「鳥肌が立つ」と驚いた。

チョ・ガプギョンは、自分が作った青ポドチョ(ぶどう酒)を、「本当にさわやかで、健康にも良い」と言って番組メンバー達に差し出した。キム・ヒョンジュンが好奇心を示し、青ポドチョを少し飲んでみたが、期待していた味とは全く違い驚愕した表情をした。

a0087238_2052470.jpg



キム・ヒョンジュンは、「見た目はさわやかな青ボドチョだと思ったが、味は最悪だ」と言い、今回の放送で2回目の鳥肌が立ち、メンチンメンバーの笑いを誘った。

この他、キム・ヒョンジュンは、チョ・ガプギョンの指名を受けてブランコにも。

a0087238_2052610.jpg



美味しそうに食べ続ける場面もあり、笑いありと視聴者をも笑わせる美男子キム・ヒョンジュン。次回のメンチンも大いに期待だ。

a0087238_2052859.jpg


(写真:SBS)
[PR]
by joonkoala | 2013-09-30 20:07 | キム・ヒョンジュン

Kstyle9/30☆JYJ ジェジュン、初のフルアルバム発売と同時にアジアツアーに突入!




*Kstyle MYDAILY |2013年09月30日12時34分
JYJ ジェジュン、初のフルアルバム発売と同時にアジアツアーに突入!



a0087238_2012050.jpg

写真=C-JeSエンターテインメント


グループJYJのジェジュンが、10月末のアルバムの発表と同時にアジアツアーに突入する。

所属事務所のC-JeSエンターテインメントは30日、「ジェジュンが10月末に初のソロフルアルバムをリリースして、11月のソウル公演を皮切りに、アジアツアーに突入する予定だ」と明らかにした。ジェジュンは、11月2日と3日にソウル江南(カンナム)区三成洞(サンムソンドン)にあるCOEXにて開催されるソウル公演を皮切りに、アジアツアーを開始する予定だ。

さらに、関係者は「ジェジュンのアルバム作業は半分ほど進められており、様々なアーティストたちが作曲とフィーチャリングに参加するなど、レコーディングの雰囲気がとても良い。また、ジェジュンの自作曲も光を放ち、完成度の高いアルバムが期待される」と伝えた。

また、今回のジェジュンの公演を主管する関係者は、「ジェジュンのフルアルバムが様々なロックジャンルを盛り込んだだけに、ステージもまた、観客と共に呼吸するロックフェスティバルのような雰囲気を演出するようだ。今回開催されるソウル公演は、一つのロックフェスティバルのように、観客と共に呼吸する情熱あふれる幻想的なコンサートとなるだろう」と伝えた。

今年1月に発売されたジェジュンの1stソロミニアルバムは、先行公開曲「One Kiss」をはじめ、アルバム発売から5日目にしてHANTEOチャートのデイリー、リアルタイム、そしてウィークリーチャートで同時に1位にランクインして、韓国内はもちろん海外にまで熱い反響を呼んだ。

元記事配信日時 : 2013年09月30日11時44分 記者 : チェ・ジイェ
[PR]
by joonkoala | 2013-09-30 20:02 | K-POP

innolife9/28☆キム・スヒョン待望のファンミ『“always KIM SOO HYUN”2013 autumn in Japan』開催決定




*innolife 2013/09/28(Sat) 08:26
キム・スヒョン待望のファンミー『“always KIM SOO HYUN”2013 autumn in Japan』開催決定!



a0087238_17521928.jpg




2013年6月、ファンクラブ発足と同時に日本初のファンミーティング“Kim Soo Hyun 1st Japan Fan Meeting 2013”を開催したキム・スヒョン。

多くのファンから第2弾開催の要望により、前回のファンミーティングからわずか3ヶ月で、キム・スヒョンのファンミーティング第2弾『“always KIM SOO HYUN”2013 autumn in Japan』の開催が決定した。

東京そして、神戸で開催される今回のファンミーティング。「太陽を抱く月」、「ドリームハイ」等の人気ドラマに出演し、日本でも多くの人気を得ている人気若手俳優であるだけに、どのような姿を見せてくれるのか注目が集められている。

チケットの一般発売は、28日より開始される。

【『“always KIM SOO HYUN”2013 autumn in Japan』概要】
■開催日時/会場: 
東京ドームシティホール:2013年10月5日(土) 開場17:00 / 開演18:00
神戸国際会館 :2013年10月6日(日) 開場16:00 / 開演17:00
■チケット料金:¥9,450(税込)全席指定 ※未就学児入場不可
■主催・企画:デジタルアドベンチャー

<<チケット販売概要>>
★一般発売日
2013年9月28日(土)10時〜

詳細は、キム・スヒョンJapan Official Fanclubまで(http://kimsoohyun.jp/)
[PR]
by joonkoala | 2013-09-28 17:54 | キム・スヒョン

9/27〜10/04☆「韓国ドラマ大賞」授賞式(10/19)・観覧チケット付きアクセスツアー(先着500名)


*2013/09/27〜10/04
「韓国ドラマ大賞」授賞式(10/19)・観覧チケット付きアクセスツアー(先着500名)



http://entame.knt.co.jp/2013/hanryu10makuhari/

a0087238_7352856.jpg

[PR]
by joonkoala | 2013-09-28 07:41 | その他

スポーツ韓国9/25☆キム・スヒョン、マセラティ新車 広報大使選定


(自動翻訳機)

*スポーツ韓国    2013.09.25 09:59:14
キム・スヒョン、マセラティ新車 広報大使選定


a0087238_635259.jpg




俳優キム・スヒョンがイタリアの高級車ブランド マセラティの新しいセグメント セダンジブリ(The New Maserati Ghibli)の広報大使に選ばれたと所属会社キーイーストが25日明らかにした。

マセラティ公式輸入会社である(株)FMKは来る30日キム・スヒョン広報大使委嘱式と共にジブリの国内公式ローンチ行事を進行する予定だ。

広報大使で委嘱されたキム・スヒョンは今後6ヶ月の間マセラティジブリの公式行事などに参加することになって、活動期間の間マセラティジブリを専用車両で提供されることになる。

マセラティ公式輸入会社(株)FMK関係者は“マセラティが新しくリリースするジブリとはマセラティ特有の感性とパフォーマンスはもちろん若いイメージと競争力があるかのように大衆によりなじむように近付くことができる伝統ラグジュアリーセダンだ。 史劇と現代劇を行き来して硬い演技力に老若男女に選んだ愛を受けている俳優キム・スヒョン氏はジブリのこのような魅力をより多くの大衆に伝達できる最適な俳優だと考える”と明らかにした。

キム・スヒョンはSBS新しいドラマ‘星から来た男(仮題)’を通じて今年の冬テレビ劇場でカムバックする予定だ。
[PR]
by joonkoala | 2013-09-26 06:39 | キム・スヒョン

Kstyle9/25☆ 韓国版「家政婦のミタ」チェ・ジウの演じるパク・ボクニョとは?




*Kstyle TVREPORT |2013年09月25日20時00分
韓国版「家政婦のミタ」チェ・ジウの演じるパク・ボクニョとは?



a0087238_62827.jpg

写真=SBS


女優チェ・ジウが演じるパク・ボクニョとは一体どんな人物なのだろうか。

チェ・ジウは現在、SBS新月火ドラマ「怪しい家政婦」(脚本:ペク・ウンチョル、演出:キム・ヒョンシク、原作:「家政婦のミタ」)で家政婦パク・ボクニョとして熱演を披露している。

パク・ボクニョは無口で表情がない。必要な言葉しか話さず、澄んだ瞳はいつも空を見つめている。表情がないので、当然笑うこともない。

パク・ボクニョには過去もない。どこで何をして生きてきたのかはベールに包まれており、就職先を紹介した幸福紹介所のホン所長(キム・ヘスク)だけが何かを知っている。

それにパク・ボクニョには柔軟性もない。命じられたことは何でも前後を考えずに行動する体質だ。母親の遺品を燃やしてほしいと言うウン・ハンギョル(キム・ソヒョン)の指示にためらいもなくライターで火をつけたり、「死んでママに会いたい」と末っ子がお願いすると一緒に川に飛び込んだ。

それだけでなく、ウン・サンチョル(イ・ソンジェ)が死んだ妻の父(パク・グンヒョン)を「コンデ(爺の隠語)」と呼んだことをパク・グンヒョンにそのまま伝えたりもした。生真面目そのものである。

つまり、パク・ボクニョを一言で定義すると、“5つのものがないミステリアスな女性”になるわけだ。しかし、何でもできるという点は長所として挙げられる。掃除、料理、洗濯など、家事の達人であるパク・ボクニョは、難しい数学の方程式もすらすらと解き、家族を驚かせた。マジックも上手いし、ジャグリングもプロ並みのレベルだ。末っ子の誕生日パーティーを備えてキャンドルとメッセージカードを用意する緻密な面もある。ウン・サンチョル家のすべてのことを処理してくれる万能ウルトラ・スーパー・ウーマンなのだ。

パク・ボクニョの挑発的で突飛すぎるキャラクターは、「怪しい家政婦」の第1話が放送された直後にポータルサイトのリアルタイム検索ワードにランクインするほど注目を浴びた。しかし、このようなキャラクターが視聴者の共感を得るためには、そうするしかなかった事情がなければならない。

これについて「怪しい家政婦」の制作陣は、「パク・ボクニョは胸の奥に痛みと秘密を隠している人物だ。ウン・サンチョルファミリーの傷がパク・ボクニョによって癒されるように、パク・ボクニョ自身も彼らによって心の扉を開けることになる」と説明した。

「怪しい家政婦」は母親を亡くし、父親と4兄弟が暮らす家庭に、ある日家政婦のパク・ボクニョがやってきたことから繰り広げられる物語を描いたドラマだ。

a0087238_62842.jpg


元記事配信日時 : 2013年09月25日10時15分 記者 : パク・グィイム
[PR]
by joonkoala | 2013-09-26 06:29 | 韓流スター

Kstyle9/24☆韓国版「家政婦のミタ」チェ・ジウ、恋愛ドラマの女王から家政婦へ変身し“合格点”




*Kstyle MYDAILY |2013年09月24日11時54分
韓国版「家政婦のミタ」チェ・ジウ、恋愛ドラマの女王から家政婦へ変身し“合格点”



a0087238_6262968.jpg

写真=SBS放送画面キャプチャー


女優チェ・ジウが新しいキャラクターにイメージチェンジした。

チェ・ジウは、23日に韓国で放送されたSBS新月火ドラマ「怪しい家政婦」(脚本:ペク・ウンチョル、演出:キム・ヒョンシク)で、何の表情も感情もなく、絶対笑わないミステリアスな家政婦パク・ボクニョ役で登場した。

以前チェ・ジウがパク・ボクニョ役にキャスティングされた時、放送関係者らの反応は肯定的ではなかった。これまでラブコメディに主に出演しながら“恋愛ドラマの女王”と呼ばれてきたチェ・ジウが、まったく違うキャラクターであるパク・ボクニョを演じきることができるか疑問だったからだ。

実際チェ・ジウは、最新作の「負けたくない!」を始め、ドラマでは主に清純可憐なラブストーリーのヒロインや能力のあるキャリアウーマン役を演じてきた。そんな彼女からロボットのような固い喋り方や冷たく、不気味なパク・ボクニョの姿を思い浮かべることは容易ではない。

さらに、「怪しい家政婦」は日本の原作を韓国でリメイクしたKBS 2TVドラマ「オフィスの女王」やMBCドラマ「女王の教室」のようにヒロインのキャラクターを中心にすべてのストーリーが展開される。そのため、ヒロインの演技力と魅力が上手く発揮できてこそ、ドラマが成功できるのだ。

「オフィスの女王」ではミス・キムを演じたキム・ヘスが、「女王の教室」では教師マ・ヨジンを演じたコ・ヒョンジョンが中心となり、カリスマ性溢れる演技で好評を博した。しかし、彼女らと違い、恋愛ドラマで強みを見せてきたチェ・ジウに、キム・ヘスやコ・ヒョンジョンほどの魅力的なキャラクターを期待できるか疑問であった。

しかしチェ・ジウは、初回からこのような懸念を払拭させた。彼女は、清純でつんと澄ましたイメージを捨て、パク・ボクニョになりきったのだ。ロボットのように固く切れる喋り方やひやりとするほど冷たくて冷静なチェ・ジウの表情は、キャラクターへの期待を高めるのに十分だった。

特に、単語の辞書的な意味を説明する時の口調や、視線を移す時のチェ・ジウの動きは、機械的なパク・ボクニョの魅力をうまく活かした。もちろん、正確ではない発音は残念だったが、速射砲のように話すパク・ボクニョの台詞自体は問題なく消化した。新しいキャラクターへ演技変身したチェ・ジウが今後どんな姿を見せるのか注目される。

元記事配信日時 : 2013年09月24日06時21分 記者 : チョン・ヒョンジン
[PR]
by joonkoala | 2013-09-26 06:28 | 韓流スター

Kstyle9/24☆チュ・ジフン「MBCドラマ復帰ができて嬉しい」…新ドラマ「メディカルトップチーム」への決意




*Kstyle MYDAILY |2013年09月24日17時52分
チュ・ジフン「『宮』から7年ぶりのMBCドラマ復帰ができて嬉しい」…新ドラマ「メディカルトップチーム」への決意


a0087238_721356.jpg



俳優チュ・ジフンが7年ぶりにMBCドラマに復帰した感想を語った。

本日(24日)午後ソウル西大門(ソデムン)区新村洞(シンチョンドン)にある新村セブランス病院で、MBC新水木ドラマ「メディカルトップチーム」(脚本:ユン・ギョンア、演出:キム・ドフン、オ・ヒョンジョン)の制作発表会が開かれ、キム・ドフンPD、俳優クォン・サンウ、チョン・リョウォン、チュ・ジフン、オ・ヨンソ、アイドルグループSHINeeのミンホが出席した。

2006年MBCドラマ「宮 -Love in Palace-」で人気を博したチュ・ジフンは「久しぶりにMBCに復帰できて嬉しい」と語り、「僕は俳優なので、MBCだからより頑張ったりしちゃいけないですよね」と冗談めかして話し笑いを誘った。

2009年大麻の吸引により懲役6ヶ月、執行猶予1年、120時間の社会奉仕命令を言い渡され、MBCから出演禁止措置を受けたチュ・ジフンは「メディカルトップチーム」の出演をきっかけに出演禁止を解除された。

MBCドラマ「太陽を抱く月」を手がけたキム・ドフンPD、KBS 2TVドラマ「ドラゴン桜<韓国版>」のユン・ギョンア脚本家がタッグを組んだ「メディカルトップチーム」は、各分野で最高の実力を誇る医師たちが“トップチーム”を作り、限界を乗り越えて奇跡を作る過程を描いていくドラマである。

クォン・サンウが無料で診療するパラン病院で働く天才外科医のパク・テシンを、チョン・リョウォンは野望に満ちたクァンヘ大学病院の胸部外科医ソ・ジュヨンを演じる。チュ・ジフンはクァンヘ大学病院の内科課長ハン・スンジェ、オ・ヨンソは胸部外科の2年目の医師チェ・アジン、ミンホは胸部外科3年目の医師キム・ソンウを演じる。

「メディカルトップチーム」は10月9日夜10時に韓国で初回放送される。

元記事配信日時 : 2013年09月24日14時53分 記者 : イ・スンロク、写真 : ソン・イルソブ
[PR]
by joonkoala | 2013-09-25 07:23 | 韓流スター

innolife9/24☆韓国版『家政婦のミタ』スタート、チェ・ジウ完壁演技




*innolife 2013/09/24(Tue) 08:48
韓国版『家政婦のミタ』スタート、チェ・ジウ完壁演技


a0087238_7111721.jpg



{チェ・ジウ}がミステリーな家政婦パク・ボンニョを完壁に演じた。

23日にスタートしたSBSの新しい月火ドラマ『怪しい家政婦』では、4児の母ウ・ソニョン({キム・ヒジョン})の死によって危機に陥ったウン・サンチョル({イ・ソンジェ})の家にやってきたパク・ボンニョ(チェ・ジウ)の姿が描かれた。

この世を去った母ウ・ソニョンの代わりに家事をするためにやって来た家政婦パク・ボンニョは、初登場から正体不明のミステリーな雰囲気を漂わせた。顔が見えないある女性が「できる仕事なら何でもやるか」と質問すると、パク・ボンニョは「はい」と短く答えた。続けて「人を殺すこともできるのか」という質問に再び「はい」と無味乾燥に答え、薄気味悪い雰囲気を漂わせた。

ウン・サンチョルの家にやってきたパク・ボンニョは到底正体がわからない行動で家族を驚かせた。寒くもないのに厚いジャンバーを着て黒い帽子を深くかぶり、大きな鞄を手に持て姿を現わしたパク・ボンニョは、ウン・セギョル(ナム・タルム)の数学オリンピアードの問題を塾の先生よりも早く解き、冷蔵庫に貼ってある母親のレシピを見ただけでまったく同じ手作りの味を再現した。しかも整理を終えた家はホテルよりも清潔だった。

特に、幸福紹介所のホン所長({キム・ヘスク})はパク・ボンニョに対して警告し、ミステリーなパク・ボンニョの正体に関心が集められた。[写真=SBS]
[PR]
by joonkoala | 2013-09-25 07:12 | 韓流スター

Kstyle9/23☆韓国版「家政婦のミタ」スタート!チェ・ジウは“恋愛ドラマの女王”のイメージ超えられる?




*Kstyle OSEN |2013年09月23日20時00分
韓国版「家政婦のミタ」本日放送スタート!チェ・ジウは“恋愛ドラマの女王”のイメージを超えられるのか


a0087238_846373.jpg




女優チェ・ジウが“恋愛ドラマの女王”のイメージを超えることができるのか、注目を浴びている。

チェ・ジウが主演を務めるSBS新月火ドラマ「怪しい家政婦」(脚本:ペク・ウンチョル、演出:キム・ヒョンシク)が本日(23日)ベールを脱ぐ。

一番の視聴ポイントはやはりチェ・ジウだ。チェ・ジウは今回、初めて異色のキャラクターに挑戦することになる。これまで“恋愛ドラマの女王”と呼ばれてきたチェ・ジウは、このドラマで怪しい家政婦のパク・ボクニョへの大変身を図る。

彼女のすべては謎に包まれている。父親と4姉弟が住む家に、ある日エイリアンのように登場したパク・ボクニョは、まったく正体の分からない女性で、いつも帽子を深くかぶり厚いダウンジャケットを着ている。無表情を貫き、絶対に笑わない女性だ。

整った顔立ちのパク・ボクニョは、なぜそこまで大変な生き方をしているのか、彼女の過去に隠された疑問とともにチェ・ジウのイメージチェンジに対する期待が高まっている。

二番目の視聴ポイントは、このドラマが癒やしとヒーリングのヒューマンドラマという点だ。これは最近の文化トレンドと一致するもので、どのような斬新な繊細さで視聴者たちを惹きつけられるかがカギとなる。

妻を失い、一人で4姉弟の面倒を見なければいけない父ウン・サンチョル(イ・ソンジェ)と4兄弟ハンギョル(キム・ソヒョン)、ドゥギョル(チェ・サンウ)、セギョル(ナム・ダルム)、ヘギョル(カン・ジウ)が、チェ・ジウとともにストーリーを展開していくが、父の不倫から始まった家庭の危機は、葛藤と対立を超え、崩壊寸前に至る。信頼していた父親に裏切られた子どもたちは家出を決心するが、優柔不断な父は家長としての責任感と不倫相手の女性に対する未練のため、迷い続けるばかりだ。

たくさんのものを失い、傷を負ったまま生きていく彼らが、和解と癒やしの結合を通じて家族として再誕生することができるのか、このドラマは韓国社会の共通の情緒であり、必須の徳目である家族愛の意味を“ヒューマンとヒーリング”を通じて語ろうとしている。

もう一つ注目すべき点は、このドラマも先日放送されたドラマ「オフィスの女王」や「女王の教室」のように、日本の原作をリメイクした作品であることだ。キム・ヘスがオフィスで神様のような存在で、コ・ヒョンジョンが学校で女王のような権威を持っていたとすれば、チェ・ジウは家庭を守る守護神だ。

この作品は、日本のドラマ「家政婦のミタ」を原作としている。2011年に日本テレビ系列で放送され、日本で一大ブームを巻き起こした「家政婦のミタ」は、最高視聴率40.0%と日本のテレビドラマの歴代3位を記録するほどの人気を集めた。視聴率が15%を超えてもヒット作とされる日本での40%は、驚くべき記録と言える。

「怪しい家政婦」の制作陣は、このように検証済みのコンテンツをもとに韓国的な情緒を加え、さらに興味深いストーリーを作りあげたいとしている。これによって原作では全11話のストーリーを20話にして放送し、原作にない人物やストーリーを追加し、密度の高い作品として再創造した。

元記事配信日時 : 2013年09月23日08時50分 記者 : チェ・ナヨン
[PR]
by joonkoala | 2013-09-24 08:51 | 韓流スター