<   2012年 03月 ( 148 )   > この月の画像一覧

Kstyle3/31☆「ラブレイン」チャン・グンソクがギターを弾く音楽喫茶セラヴィは実在する?



*Kstyle OhmyStar |2012年03月31日11時44分
「ラブレイン」チャン・グンソクがギターを弾く音楽喫茶セラヴィは実在する?




「冬のソナタ」(2002年放送)の成功は“ロケ地の観光地化”に大きな役割を果たした。“ヨン様”ことペ・ヨンジュンの日本のファンは春川(チュンチョン)と南怡島(ナミソム)を訪れ、ジュンサン(ペ・ヨンジュンの役名)の家はもちろん、劇中で彼がラーメンを食べた食堂まで、ファンが足を運ぶ場所となった。

あれから10年。そのバトンは“グンちゃん”ことチャン・グンソクと少女時代のユナに渡された。ユン・ソクホ監督の新作、KBS 2TV月火ドラマ「ラブレイン」にてドラマに復帰することとなるチャン・グンソク。彼らの人気のおかげで、すでに「ラブレイン」は日本に先行輸出された。これに伴い、「ラブレイン」で1970年代の背景となる大邱(テグ)が“第2の春川”に生まれ変わろうとしている。


#1.チャン・グンソクとユナが出会った韓国大学は、実は啓明大学
a0087238_18265160.jpg




劇中でチャン・グンソクとユナは韓国(ハングク)大学に通っている。チャン・グンソクが演じるソ・インハは美大生、ユナが演じるキム・ユニは家政大生、キム・シフが演じるイ・ドンウクは医大生。たった3秒で恋に落ちる出会いのシーンは、大邱の啓明(ケミョン)大学で撮影された。

ユン・ソクホ監督は「ラブレイン」の放送を控えて大邱で開かれた記者懇談会で「美しいキャンパスを探していたら啓明大学に辿り着いた」と話した。ドラマ「砂時計」(SBS)で良く知られた啓明大学は、映画「リメンバー・ミー」やドラマ「花より男子」(KBS)などの撮影にも使用され、既に有名な観光スポットになっている。


#2.劇中の春川駅、実は全羅道

「ラブレイン」には春川駅が登場するが、江原道(カンウォンド)にある本物ではなく、全羅北道(チョルラブクト)南原(ナムウォン)市にある旧南原駅で撮影されている。“春川行きの汽車”は過去のロマンチシズムの象徴だったが、広域鉄道に変わった後は70~80年代の郷愁のイメージとは程遠くなっているため、「ラブレイン」では南原を背景にしてこの場面を撮影した。

セラヴィ(C'est la vie)の3人衆(チャン・グンソク、キム・シフ、ソ・イングク)とユナ、 ソン・ウンソ、ファン・ボラなどがMT(1泊2日の親睦会)で行った川辺は、慶尚北道(キョンサンブクト)栄州(ヨンジュ)市にある村にあり、今なお伝統的な風景が形成・保存されている。ここの丸木橋はなんと350年余りの歴史を持っているという。


#3.音楽喫茶店のセラヴィ、大邱に実在?
a0087238_18265364.jpg



音楽喫茶セラヴィは「ラブレイン」の中で70年代の主人公のアジトのような場所。イ・ドンウク(キム・シフ)は、セラヴィの人気DJでもある。制作チームは、70年代の郷愁を演出するため、大邱桂山(ゲサン)聖堂の近くに「音楽喫茶セラヴィ」を本当に作ってしまった。

ある関係者は「劇中で頻繁に登場する場所なので、直接作ることになった」と話し「今は運営していないが、ドラマの放送が終わったら大邱市で運営する予定である」と伝えた。

“美しい映像で視聴者の感性に触れる”という抱負を語る「ラブレイン」は、26日午後に初回の放送を迎えた。

元記事配信日時 : 2012年03月26日17時24分 記者 : イ・オンヒョク
[PR]
by joonkoala | 2012-03-31 18:29 | チャン・グンソク

innolife3/31☆ やっぱりチャン・グンソク! 韓日両国で“SOLD OUT”




*innolife やっぱりチャン・グンソク! 韓日両国で“SOLD OUT”
2012/03/31(Sat) 08:10


a0087238_18213226.jpg


チャン・グンソクが韓国と日本で同時に「完売男」となった。

チャン・グンソクが最近あるファッション雑誌と写真撮影当時小物として使用したバックパックカバンと衣装が韓国と日本で同時に完売して、韓国と日本などアジアでのチャン・グンソクの威力を感じさせたもの。

チャン・グンソクは3月21日に発売されたファッションライフスタイルマガジン@スター1創刊号表紙モデル及びメインカットモデルとなり、ソウルヒョジャ洞一帯で写真撮影を行った。ソウルの過去と現在がそのまま残ったヒョジャ洞“広報人”となったチャン・グンソクが当時背負ったトゥーミーバックパックと衣装などが韓国と日本でどんどん完売となりチャン・グンソク効果を感じさせた。

@スター1の関係者は30日「韓国と日本でチャン・グンソクが背負った『トゥーミー』バックパックカバンが完売となり購買の問い合わせが殺到している。韓国はもちろん日本の売り場でも予約注文が殺到して嬉しい悲鳴を上げている」としながら「チャン・グンソクが写真撮影当時履いた靴と防止、衣装も日本と韓国で完売となるなどチャン・グンソク効果をしっかり知らせている」と語った。

この関係者は「チャン・グンソクカバン、衣装などに対する問い合わせが殺到して業務が麻痺するほど」としながら「@スター1創刊号10万部も売り切れとなりそうだ。キョウボ文庫ヨンプン文庫など一部大型書店では予約待機者が溢れて緊急地方で余ったものを回収するなど発行1週間で雑誌も完売しそうだ」と語った。
[PR]
by joonkoala | 2012-03-31 18:22 | チャン・グンソク

スポーツ報知3/31☆「スポーツ書籍の聖地」復活




*スポーツ報知    2012年3月31日06時03分
「スポーツ書籍の聖地」復活

a0087238_18181990.jpg

頼むぞ、巨人! 気合を入れる原沢店長(右)と岡野副店長


 球春到来―。プロ野球のセ・パ両リーグが30日、同時開幕した。巨人の本拠地・東京ドームシティ内には、“新名所”となりそうな「オークスブックセンター東京ドームシティ店」がオープン。スポーツ関連書籍の聖地として知られ、東日本大震災の影響を受けて1月に閉店した「山下書店東京ドーム店」の後継店だ。新スタッフは巨人軍の日本一を願いながら「たくさんの人にドームに遊びに来てほしい」と話している。

 ユニホーム姿のG党が行き交った、30日の東京ドームシティ。JR水道橋駅西口からドームに向かう途中にある「オークスブックセンター」は、入り口が大きくて明るい店だ。アレ? 以前は、もう少しディープな感じの店だった気が…。

 そこはかつて「山下書店」があった場所。野球や競馬などのスポーツ関連書籍で、コアなファンを獲得していた。加えてドームのイベントに合わせ、店先のラインアップを変えるのが特徴。格闘技やジャニーズなど、来場するファンの要望に応えてきた。

 この地で約50年。しかし「震災の影響が大きかったですね」と、当時の店長・岡野淳一さん(42)。昨年はプロ野球の開幕が延期され、遊園地(東京ドームシティアトラクションズ)も事故の影響で休園。書店の、3~5月の売り上げは、前年比50%減となり、今年1月29日、力尽きた。

 しかし、常連客の惜しむ声は強く、別会社の下での再スタートを模索。新店長には「巨人の原沢代表とは無関係です。たぶん…」と言う原沢康幸さん(48)を迎え、今月2日にオープン。岡野さんは副店長に就任した。「女性も入りやすいように」と店の雰囲気は変えたが、マニア心に応える品ぞろえはそのままだ。

 「山下―」時代の最高売り上げは、アントニオ猪木が引退した98年4月4日の1000万円。近年の“テッパン”は、ペ・ヨンジュンら韓流スターや嵐だという。それでも「頼れるのはやっぱり、巨人です」(原沢さん)。

 試合に負けた日は「書籍も見たくない」というのがG党だとか。広島ファンから完全転向した岡野さんは「杉内に期待しています」。日本一のパレードを眺めて、2人で乾杯するのが夢だという。
[PR]
by joonkoala | 2012-03-31 18:19 | その他

msn3/29☆「KARAだけに席も“カラっぽ”」母国での不人気が浮き彫りにする日韓音楽ビジネスの歪み



*msn 2012年3月29日 08:10 (日刊サイゾー)
「KARAだけに席も“カラっぽ”」母国での不人気が浮き彫りにする日韓音楽ビジネスの歪み


a0087238_18241064.jpg



 韓国のガールズグループKARAの母国での不人気ぶりがネット上で話題になっている。一部週刊誌でも韓国におけるコンサートの不入りが伝えられたが、動画サイトにアップされたライブの模様を見てみると、確かに観客席はまばらでアンコール時には半分以上が空席状態。KARAだけに“カラっぽ”とは笑えない冗談なのだが……。

「このコンサートは日本を含めたアジアツアーのオープニングで、芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園の体操競技場で開催されたのですが、1万5,000人のキャパなのに対して半分程度しか埋まっていませんでした。メンバーのハラがライブの途中で、帰り支度を始めた客に『帰らないで』とステージ上から呼びかけていたぐらいですからね(苦笑)。チケットがさばけなくて招待券を乱発したというウワサもあります。それでも、この程度の動員。日本に比べて韓国ではそれほど人気がないとは聞いていましたが、ここまでとは……」(週刊誌記者)

 新曲「STEP」が23日発表の「レコチョク」着うたデイリーランキングで初登場1位を獲得するなど、相変わらずの人気のKARA。だが、日本では同じK-POPグループの少女時代に対して互角かそれ以上の人気を誇る彼女たちも、母国では大きく水をあけられているのが実情だ。

「韓国では“かわいいだけ”のアイドルと見られています。少女時代のように、歌やダンスがうまいメンバーがいるわけでもないですしね。もちろん“かわいいだけ”といっても、日本のアイドルに比べれば格段に歌もダンスもうまいのですが、韓国ではアイドルといえども優れた技量がないと支持されないのです。それに、例の分裂騒動やハラの男性スキャンダルも人気低下の一因だといえるでしょう。ヒット曲『LUPIN』をリリースした2010年あたりが韓国における人気のピークで、いまや完全に活動の軸足を日本に移しています。ただ、母国ではイマイチでも日本で大人気というのは珍しくもなんともなく、チャン・グンソクもそうだし、第一次韓流ブームで大人気だったリュ・シウォンやパク・ヨンハも韓国ではサッパリでしたからね。そもそも、ブームの立役者だったペ・ヨンジュンからしてそうだったじゃないですか(笑)」(韓国エンタメ誌編集者)

 だが、コンサートの不入りの原因をKARAの人気の凋落だけに求めるのは間違いだと、この編集者は指摘する。根底には韓国の音楽ビジネスの構造的な問題が横たわっている、というのだ。

「実は、今回はKARAの初単独コンサートだったのです。デビューして5年も経つのに初の単独ライブだったとは、日本では奇異に感じられるかもしれませんが、韓国では極めて普通のこと。そもそも、お金を払ってコンサートへ足を運ぶという習慣があまりないのです。コンサートというのは何かのイベントを通じて行われるもので、タダで見るものだというのが韓国では一般的な常識。コンサートでカネを稼ぐという発想すらないのが実情です。その一方で、音源にしてもネットからの違法ダウンロードが常態化していてCDが売れない。つまり、韓国では音楽ビジネスが真っ当な形で成立していないのです。だから、勢いよくカネを稼ぐのは日本で、ということになってしまう」(同)

 実は、今回のKARAのアジアツアーも“アジア”と銘打ちながら、韓国2公演・日本8公演というもの。結局、日本は体のいい金ヅルでしかないのか。
[PR]
by joonkoala | 2012-03-31 18:00 | 韓流スター

Kstyle3/30☆「太陽を抱いた月」キム・スヒョン “ペ・ヨンジュンがアドバイスしてくれたフォン”とは?




*Kstyle MYDAILY |2012年03月30日21時04分
「太陽を抱いた月」キム・スヒョン ― “ペ・ヨンジュンがアドバイスしてくれたフォン”とは…?


a0087238_6142648.jpg




「私のそばから離れるな!これは命令だ」

「太陽を抱いた月」(MBC)でのイ・フォンのこの命令に、多くの女性ファンは逆らうことができなかったことだろう。フォンに心を奪われた女性ファンは「スヒョンアリ」(スヒョンに夢中になっている現象)に陥り「君(王妃)のためにチマチョゴリの紐を解こう」というひと言で、まるで自身が王妃ボギョンになったように胸をときめかせた。多くの女心を揺さぶったキム・スヒョン。彼は映画「泥棒たち」で男性たちの憧れであるチョン・ジヒョンと共演したという。ハン・ガイン、missAのスジに続き、チョン・ジヒョンとの共演。韓国の男性と女性ファンの心を揺さぶる、まさにキム・スヒョンの時代が来たと言える。

―映画「泥棒たち」ではチョン・ジヒョンさんと共演しましたね。 missAのスジ、ハン・ガインさん、そしてチョン・ジヒョンさんとも共演するまでに至りましたが、これはキム・スヒョンさんの運が良かったからだと思いますか?それともチョン・ジヒョンさんの運が良かったと思いますか?

キム・スヒョン:ハハ。運ですか?(相手役は)チョン・ジヒョン先輩ですよ!あのチョン・ジヒョン先輩!(笑)

―映画「泥棒たち」の撮影はどうでしたか。

キム・スヒョン:まず超豪華キャストですよね。初めは大先輩の方々を目の前にしているという緊張感で息もできないくらいでした。デビュー作でもないのに、何をどうすればいいかも分からなくて、戸惑っていましたし。でも、ジヒョン姉さんやイ・ジョンジェ兄さん、キム・ユンソク先輩、キム・ヘス姉さんに気づかって頂いて、少しずつリラックスして撮影に臨むことができました。今は「撮影を楽しめた」という記憶しか残っていません。僕の演じたザンパノという人物は泥棒5人組の下っ端ですが、愛のためなら自分の物も与え、お金などもらえなくてもいいと思うなかなかのロマンチストです。そうえいば、僕の演じてきたドラマ「ドリームハイ」(KBS 2TV)のサムドン、「太陽を抱いた月」のフォン、映画「泥棒たち」のザンパノも、みんな一人の女性を一途に愛する人物たちでしたね。

a0087238_6142835.jpg


―劇中の人物だけではなく、実際のキム・スヒョンさんは一途に人を愛する方ですか?

キム・スヒョン:僕の演じてきた人物と似ているところもあれば、似ていないところもあります(笑)

―チョン・ジヒョンさんのご結婚のことについてはご存じでしたか?

キム・スヒョン:知らなかったんですよ。記事を見て初めて知りました。

―1年間ボクシングをしていたと聞きましたが……

キム・スヒョン:今はしていないんですが、時間に余裕ができればまたしてみたいです。

―休みの時は何をしていますか?

キム・スヒョン:寝ることが大好きなので、寝ます。僕はわりと平凡な毎日を過ごしていると思います。友達と一緒に映画を見に行ったりとか、カラオケに行ったりとか。飲みに行くのも好きです。特別にやっていることとかはありませんね。

a0087238_6142977.jpg


―喫煙本数と酒量は?
キム・スヒョン:煙草を吸うのが好きなので、多い時は一日で1箱程度吸う時もあります。でもお酒はあまり飲めない方です。焼酎3~4杯ぐらいですかね。

―結婚はいつぐらいにしたいですか?

キム・スヒョン:まだ結婚について考えたことはありません。

―軍への入隊は?

キム・スヒョン:行くべきだと思います。自分のことを振り返る余裕ができた時くらいに?でも、国が決めることなので、それはどうすることもできないことだと思いますね。

―ドラマ「太陽を抱いた月」でフォンは亡くなったヨヌのことが忘れられず、他の女性には見向きもしませんが、フォンではなく、キム・スヒョンならどうしますか。

キム・スヒョン:えっと…… しばらくはそうするかもしれませんが、フォンのように8年間はさすがに無理ではないかと思います(笑)

―ペ・ヨンジュンさんと同じ事務所キーイースト(KEY EAST)ですが、「太陽を抱いた月」に出演していた時、アドバイスしてもらったことはありますか?

キム・スヒョン:ペ・ヨンジュン先輩には「太陽を抱いた月」の最後まで、演技の確認をして頂きました。初めはとにかく良い演技を見せたい気持ちでいっぱいだったので、感情や眼差し、演じる時に使うすべての筋肉などを過度に使って大げさな演技になってしまいました。そのことをペ・ヨンジュン先輩が指摘して下さいました。「確かに君の演じるフォンというキャラクターは利口で賢く、魅力溢れた人物だが、彼のそういう魅力にだけとらわれて演じているのでは?」とアドバイスして下さったんです。アドバイスをして頂いて、考えてみれば、僕の演じるフォンには純粋さがなかったんです。そのせいでフォンらしく見えていなかったかも知れません。ペ・ヨンジュン先輩にアドバイスして頂きそれを直した後は、褒めて下さったり、応援して頂いたので、少し自信を持って演じることができました。

a0087238_6143226.jpg


元記事配信日時 : 2012年03月26日08時03分 記者 : イ・スンノク、写真:ユン・ジニョン、翻訳:チョン・ジュヨン
[PR]
by joonkoala | 2012-03-31 06:16 | キム・スヒョン

インフォシーク3/30☆キム・ヒョンジュン、5月にアジアファンミーティング




*インフォシーク    3/30 14:53
キム・ヒョンジュン、5月にアジアファンミーティング


a0087238_1817237.jpg




キム・ヒョンジュンが今年春、アジアファンミーティングを通じてアジア各国のファンと交流する。

30日所属事務所キーイーストによれば、キム・ヒョンジュンが自身を応援しれくれる各国のファンの声援に応えるため、「2012アジアファンミーティング」を企画、今年5月にアジアの主要国家でプロモーションを行なう。昨年アジアツアーで舞台を圧倒するパフォーマンスを披露し、ファンを魅了したキム・ヒョンジュンは、「2011 Yahoo! Asia Buzz Awards」で4冠王に輝き、アジア圏最高の韓流スターであることを証明した。キム・ヒョンジュンのアジアファンミーティングの知らせにファンたちは喜びを隠すことができないでいる。

所属事務所キーイーストのシン・ジェグァン副部長は、「キム・ヒョンジュンのアジアファンミーティングの知らせを聞き、すでにファンの問い合わせが殺到している」と伝えた。キム・ヒョンジュンはファンに良い姿を見せるため、ファンミーティングに関連し、自らアイデアを出す等、企画段階から参加する熱意を見せているという。

彼はシンガポールのファンミーティングを皮切りに、香港、台湾、中国、タイ等にわたってアジア各国のファンと交流する。

一方キム・ヒョンジュン一ヶ月にわたって行なわれるアジアファンミーティングを終え帰国、短い休息をとった後、次の作品を準備する予定だ。

提供:〔KSTAR NEWS&Moneytoday Starnews〕
[PR]
by joonkoala | 2012-03-30 18:18 | キム・ヒョンジュン

朝鮮日報3/30☆キム・スヒョン、コーヒー専門店のCMを撮影



*朝鮮日報     2012/03/30 08:17
キム・スヒョン、コーヒー専門店のCMを撮影


a0087238_1692248.jpg


a0087238_1694475.jpg


a0087238_1694927.jpg

▲写真提供=Angel-in-us Coffee


 コーヒー専門ブランド「Angel-in-us Coffee」のモデルに抜てきされたキム・スヒョンが今月24日、ソウル市中区武橋洞でCM撮影を行った。

 今回のCMは、穏やかでリラックスできるショップの雰囲気を強調した内容。キム・スヒョンのソフトな声や表情を通じて、「Angel-in-us Coffee」ならではの感性的なストーリーを映像で温かく描いた。

 キム・スヒョンのCMは、4月1日から公開される予定だ。

キム・ピョヒャン記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版
[PR]
by joonkoala | 2012-03-30 16:10 | キム・スヒョン

朝鮮日報3/30☆チャン・グンソク、7月からアジアツアー




*朝鮮日報     2012/03/30 10:55
チャン・グンソク、7月からアジアツアー

a0087238_1672676.jpg




 昨年シンガポール、香港、タイ、マレーシア、台湾、上海などでアジアツアーを開催した「アジアのプリンス」チャン・グンソクが、今年下半期に再びアジアツアーを開催する。

 今回のアジアツアーは、7月に行われるソウル公演を皮切りに、日本5都市(横浜、大阪、名古屋、福岡、埼玉)、上海、シンセン、台湾、タイなどで行われる。

 現在ドラマ『ラブレイン』で熱演中のチャン・グンソクは、5月30日に日本で1stアルバム『Just Crazy』をリリースする予定だ。

朝鮮日報日本語版
[PR]
by joonkoala | 2012-03-30 16:08 | チャン・グンソク

innolife3/30☆ チャン・グンソク、7月亜ツアー2弾へ突入“グンちゃんワールドさらにパワーアップ”




*innolife 2012/03/30(Fri) 11:18
チャン・グンソク、7月亜ツアー2弾へ突入“グンちゃんワールドさらにパワーアップ”



a0087238_1643251.jpg


チャン・グンソクが、7月のソウル公演を皮切りにアジアツアーに突入する。

チャン・グンソクは7月のソウル公演を皮切りに、日本・横浜、大阪、名古屋、福岡、埼玉と中国・上海と深川、台湾、タイなど中華圏を回って「2012チャン・グンソク・アジアツアー」を行なう。

4月にシンガポール、香港、タイ、マレーシア、台湾、上海などを回ってアジアツアーを行なったチャン・グンソクは、7月に再びアジアツアーを行なってよりパワフルになったチャン・グンソクだけの公演を見せる予定だ。所属事務所側は「チャン・グンソクのアジアツアーは既存歌手の公演形式とは差別化された歌と物語がマッチしたミュージカルショーの形でファンと歌以外でも疎通できる窓口を用意してチャン・グンソクだけが見せることができる魅力を見せるだろう」と話した。

一方チャン・グンソクは現在、少女時代のユナとドラマ『ラブレイン』の撮影の真っ最中で、ドラマ放映終了後には日本でファーストフルアルバム「Just Crazy」の活動に拍車をかける。
[PR]
by joonkoala | 2012-03-30 16:05 | チャン・グンソク

innolife3/30☆ チソン、チャン・グンソクの応援のため…100人分の食事を差し入れ




*innolife チソン、チャン・グンソクの応援のため…100人分の食事を差し入れ
2012/03/30(Fri) 13:00


a0087238_1625560.jpg


俳優チソンが、KBSの新月火ドラマ『ラブレイン』の撮影現場をサプライズ訪問した。

チソンは100人分の食事の差し入れを持って29日、京畿道広州で行なわれた『ラブレイン』の撮影現場に突然登場して俳優はもちろん製作スタッフを驚かせた。彼の訪問は普段から親しい後輩チャン・グンソクを応援するためのもので、昨年SBSドラマ『ボスを守れ』に出演していたチソンの応援のためにフライドチキンを持って撮影現場を訪問したチャン・グンソクに対するチソンのお返しでもある。

チソンはチャン・グンソクにもあらかじめ知らせないでサプライズ訪問してチャン・グンソクを驚かせたという。二人は忙しい撮影時間の合間をぬって一緒に食事をしながらとても仲むつまじい姿を見せスタッフの注目を集めた。

『ラブレイン』の関係者は「チソンの訪問に皆びっくりした。特に、今回の食事の差し入れのために京畿道の撮影現場まで訪ねてきてくれたチソンの姿に、俳優はもちろんスタッフ皆がとても有り難く思ったし撮影現場の雰囲気が和気あいあいとなった」と伝えた。

一方、チャン・グンソク、ユナ、イ・ミスク、チョン・ジニョン、キム・シフなどが出演して70年代の青春の純粋な愛と2012年のトレンディーでスピード感のある愛を通じて時代と歳月を超越した愛の物語を描き出すKBS月火ドラマ『ラブレイン』は、4月2日第3話が放送される。 [写真=ワイトゥリーメディア]
[PR]
by joonkoala | 2012-03-30 16:03 | チャン・グンソク