2014年 07月 17日 ( 1 )

TVリポート7/16☆ "演技はいつ?"…ペ・ヨンジュン・ウォンビン・イ・ヨンエ、カムバックなぜ遅れるか



(自動翻訳機)

*TVリポート     2014-07-16 08:49:01
"演技はいつ?"…ペ・ヨンジュン・ウォンビン・イ・ヨンエ、カムバックなぜ遅れるか


a0087238_6142279.jpg



[TVリポート=キム・ジヒョン記者] ‘いったい次期作はいつ見ることができるのですか?’


ラブコールを送る製作者は列をつくったが習う黙殺無返答だ。 '出演だけすればテンキュ'のトップスターの空白期が長くなっている。 ペ・ヨンジュン、ウォンビン、イ・ヨンエが代表的なケース. 長くて9年、短く4年まで山川が変わるほど長く休息を取るところだ。 相変らず交渉0順位のキャスティング パワーを自慢するこれらだが、作品で見る機会が珍しい。 慎重だというより苦しいほど遅い歩みを見せている。


長い間の空白期にファンたちも疲れた。 KBS2 '冬のソナタ'(2002)で韓流の火ぶたを切ってドラマの歴史を再び書いたペ・ヨンジュンは去る2007年放送されたMBC '太王四神記‘後何と7年の間外出することなく在宅して姿を表わさなかった。 子会社であるキーイーストで製作したKBS2 ’ドリームハイ‘(2011)にカメオ水準で登場したのが全部。


7年前は日本国内ペ・ヨンジュンの人気が絶頂に達した時だ。 韓流スターヨン様でない演技者としてペ・ヨンジュンを見たいファンたちの動きも積極的な方だった。 だが、彼は‘太王四神記’後入ってくるすべての作品を固辞した。 後悔のない選択のために慎重を加えたわけだが、時間がとてもたくさん流れたとのことが問題だ。


次期作を選択できる良いタイミングを何度ものがしたこと。 ペ・ヨンジュンの隙をねらった第2の韓流スターは早目に国内外市場を占領するのに成功した。 同時間帯青春スターで注目されたイ・ビョンホンは現在の俳優として最高の位置に上がって常勝疾走中だ。 ペ・ヨンジュンのファンおまけが頂点をつけた時より積極的な歩みを見せたならばどうだったのだろうか。 少なくとも彼のフィルムグラフィは現在よりより一層豊かだっただろう。


a0087238_6142319.jpg




ウォンビンやはりとても慎重で残念なケースだ。 去る2010年開封された映画'おじさん'後5年余りの時間が流れたが、相変らず次期作の便りは聞こえない。 当時ウォンビンは観客数622万人を動員した'おじさん'を通じて興行俳優隊列に上った。 チームトップで出演して驚くべき成績をおさめたので皆が彼の次期作に集中した。


以後数多くのシナリオがあふれたがウォンビンは出演を固辞した。 関心を見せながらも結局断った。 ソン・ヘギョ、チョ・インソンがキャスティングされて症候群に近い人気を呼んだSBS 'その冬、風が吹く'という当初ウォンビンが出演しようとしていた作品だった。 除隊後足早く次期作を選んだチョ・インソンはこのドラマで完ぺきなカムバック申告式を払ったという評価を受けた。 俳優として再評価を受けたことはもちろんだ。 ウォンビンには惜しい作品に違いない。 行き過ぎた悩みはこれのように毒になって帰ってきた。


イ・ヨンエの歩みも消極的だ。 CFモデルとしてたまに活動しているだけ、演技をして久しい。 2005年開封された映画'親切なクンジャ氏'後何と9年の間空白期を持った。 最近'大長今(テジャングム)2'を肯定的に検討中としファンたちに期待を抱かれたが、結局出演が不発になった。 イ・ヨンエの拒絶で事実上続編製作が不可能な状態だ。 四六時中イ・ヨンエのカムバックだけ待ったファンたちにも気が抜ける便りだ。


だが、三人の演技を最初から見られないことではない。 ペ・ヨンジュン、ウォンビンは相変らず次期作を検討中だ。 時期が遅れただけ引退ではないということ。 ファンたちに期待に似合う作品を探すために努力していると。 結婚後育児に専念して大衆と距離をおいたイ・ヨンエも2年余り前から積極的な歩みを見せ始めた。


全部次期作の可能性は十分に開けている状態だ。 三人の俳優が熟慮終わりに持ってくる作品は何だろうか。 長い空白が疲れることもだが、まったく期待を破ることはできない。


キム・ジヒョン記者mooa@tvreport.co.kr /写真=TVリポートDBおよびスチール
[PR]
by joonkoala | 2014-07-17 06:17 | ぺ・ヨンジュン