2014年 07月 11日 ( 3 )

ファイナンシャルニュース7/10☆ペ・ヨンジュンなど芸能人‘パブリシティー権訴訟’相次いで敗訴



(自動翻訳機)

*ファイナンシャルニュース    2014-07-10 17:25
ペ・ヨンジュンなど芸能人‘パブリシティー権訴訟’相次いで敗訴



a0087238_644318.jpg



ポータルサイト‘Daum’に名前を検索すればショッピングモールなどが検索結果に出てくるのは肖像使用権(パブリシティー権)を侵害したことでペ・ヨンジュンなど有名芸能人55人が集団訴訟を起こしたが敗訴した。

これらは‘Daum’だけでなく‘ネイバー’を相手にも同じ内容の訴訟を提起したが去る1月敗訴したことがある。

済州(チェジュ)地方法院第2民事部(部長判事ユ・ソクトン)は俳優ペ・ヨンジュンさんなど芸能人55人が‘Daum’を相手に出した損害賠償請求を棄却したと10日明らかにした。

裁判所は“有名人の顔や名前を商業的に利用できる権利であるパブリシティー権を認める必要はあるが現行法上関連法的根拠がない”としながら“パブリシティー権の成立要件をはじめとしてこれを侵害する場合、救済(駆除)できる手段などを規定する法律的な根拠があってこそ原告が主張するパブリシティー権を認められる”と判示した。


また、裁判所は“原告と同じ芸能人は通常自分の名前が広く一般大衆に公開されるのを希望しているという点を照らしてみればキーワード広告検索が原告の評価、名声などをき損または、低下させたと見ることはできない”と判断した。

昨年5月ペ・ヨンジュンなど芸能人59人は国内ポータルサイトに名前を検索すれば‘ペ・ヨンジュン メガネ’と同じ自身の名前を含まれた商品販売促進キーワードが検索されるのを置いてパブリシティー権侵害したことで次にとネイバーを相手に原告1人当り1000万ウォンを賠償するとし損害賠償訴訟を提起した。

パブリシティー権というのは、個人の声明・肖像やその他写真・署名・音声・キャラクターなどを商業的に利用することをいう。

(済州(チェジュ)=ニュース1)イ・サンミン記者
[PR]
by joonkoala | 2014-07-11 06:49 | ぺ・ヨンジュン

Kstyle7/10☆少女時代&キム・スヒョンら59人、大手事務所らがポータルサイトに敗訴





*Kstyle TVREPORT |2014年07月10日17時43分
少女時代&キム・スヒョンら59人、大手事務所らがポータルサイトに敗訴「肖像権・姓名権を侵害したとは見なせない」



a0087238_6254096.jpg

写真=TVレポート DB


俳優キム・スヒョンやアイドルグループ少女時代など、韓国を代表するスターたちがポータルサイトDaumを相手に起こした民事訴訟で敗訴した。

済州地方裁判所の第2民事部は10日、少女時代など芸能人59人が株式会社Daum communicationsを相手取って起こした損害賠償請求訴訟で原告の請求を棄却した。

芸能人たちの検索を管理するポータルサイトがパブリシティ権侵害をきちんと管理せず、自分たちの名前が商業的に利用されているとして、訴訟が提起された。

訴訟を起こしたスターたちの顔ぶれを見ると、俳優ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、スエ、キム・ナムギル、キム・スヒョン、少女時代、miss A、Wonder Girls、SHINee、SUPER JUNIOR、BoAなど、国内トップクラスのスターばかりだ。

彼らはそれぞれ所属事務所は異なるものの、SMエンターテインメントやキーイーストなどの大手芸能事務所6社がUAMという国際機関を共同で立ち上げて対応しており、訴訟も共同で進めることになった。

裁判部は「韓国で実定法として確立された慣習法がない状況で、独占的な財産権であるパブリシティ権を認めることは難しい」とし、「被告が原告の肖像権と姓名権を侵害したと見なすことはできない」と明かした。

また、Daumとは別に、59人の芸能人はG MARKETとAUCTION、11番街などのオンラインショッピングモール仲介サイトを運営するイーベイコリアとSKプラネットを相手に損害賠償請求訴訟を提起した。

元記事配信日時 : 2014年07月10日15時57分 記者 : ホン・ウィソク
[PR]
by joonkoala | 2014-07-11 06:28 | キム・スヒョン

直訴の鐘ニュース7/10☆ 'ペ・ヨンジュン',高麗人参製品日販売置いて陳情されて'(株)古制および被害者集い'


(自動翻訳機)

*直訴の鐘ニュース   2014/07/10
'ペ・ヨンジュン',高麗人参製品日販売置いて陳情されて'(株)古制および被害者集い'大統領府-大法院の前記者会見開いてくやしい呼び掛け



[直訴の鐘ニュース]チュ・グァンギュ記者

韓流スターペ・ヨンジュンの事実上私企業が去る2009年ある高麗人参専門業者と結んだ契約を履行しないのに100億台の損害をこうむったと主張する被害者が、ペ・ヨンジュンを背任などの疑惑で調査してほしいという趣旨にする陳情書を大統領府に提出した。

'(株)古制および被害者集い'(以下被害者会)は9日午前大統領府の前と大法院の前で記者会見を行ってペ・ヨンジュンとからまった契約の件に対して問題を提起した。 被害者会は記者会見を終えた後大統領府と大法院にペ・ヨンジュンの背任疑惑などに対して調査をしてほしいという趣旨で陳情書を受け付けたこと。 大統領府と大法院はこの日陳情書が受け取られるにつれ内容を検討した後検察庁での移行の有無を決めたと見られて注目される。


a0087238_6575729.jpg

▲ 9日午前被害者会が大統領府近隣で記者会見を行ってペ・ヨンジュンと関連した問題を提起した。 (c)チュ・グァンギュ


事実上ペ・ヨンジュン私企業'コリルラライプウェイ'告発記者会見....

被害者会は9日(水)午前9時30分大統領府そば青雲(チョンウン)孝子洞(ヒョジャドン)住民センターの前で記者会見を行ったのに続き午前11時30分には大法院正門の前で記者会見を行って問題を提起した。

被害者会の主張によれば"‘古制’は2009年10月韓流スターペ・ヨンジュンが95%持分を有している‘コリルラライプウェイ’と‘古制’が生産する紅参製品を‘コシレ紅参ビューティー’というブランドで日本で販売することにする契約を締結したし、'ゴリラ'に'コシレホンサムビュティ'販売のための市場調査および広報費など名目で25億ウォンを支給した。"と主張した。

引き続き"'古制'は2009年12月‘コシレ紅参ビューティー’ 96,768セットを2番にかけて日本に輸出したが、この中1次分31,104セットに対する関税とその他費用など18億ウォンを全部納付して通関して保管倉庫に保管していつでも'ゴリラ'に供給することができるように準備を完了した。","しかし'ゴリラ'とは'コシレ紅参ビューティー'を独占的に販売する代わりに年間100億ウォン以上販売することにした義務を破ってただ1セットも販売しなかった"と主張した。

被害者会は引き続き"'ゴリラ'が販売を全くしなくて賞味期限の満了日がますます近づくとすぐに'古制'は日本に輸出された'コシレホンサムビュティ'を'古制'が直接販売することができるように同意して'ゴリラ'が'コシレホンサムビュティ'の広報のために約束したペ・ヨンジュンの写真などに対して使用範囲などを定めることを要請したが、'ゴリラ'はあらゆる言い訳でこの日あの日時間だけ引っ張って応じなかったし、結局日本を輸出された'コシレホンサムビュティ'全量は賞味期限到来で全量廃棄された。"と主張した。

被害者会は引き続き"'古制'とは'ゴリラ'が'コシレホンサムビュティ'を全く販売しないので、自らでも販売するために独占的販売権を有している'ゴリラ'に対して'古制'も販売することができるように同意すること、広報に活用することができるように約束したペ・ヨンジュンの写真などを提供して、イメージに対する活用指針を与えることなどを要請したが'ゴリラ'はこの日あの日返事を先送りするばかりだった。 万一'ゴリラ'で'古制'が直接販売するのに協力だけしたならば'古制'は損害でも最小限に減らすことができただろう"と主張した。

被害者会は最後に"韓流スターペ・ヨンジュンが95%持分を所有した'ゴリラ'とは'古制'から支給された25億ウォンを目的のとおり使わないでモール取り下げだっただけでなく、責任をとり'コシレホンサムビュティ'を販売するという約束を破ってただ1セットで販売しないとして73億ウォン相当の'コシレホンサムビュティ'を廃棄処分されるように放置するなど'ゴリラ'の放置行為によって'古制'と協力業者がこうむった被害は100億ウォンに達する。 それにもかかわらず、被害補償をしない'ゴリラ'とペ・ヨンジュンは非難受けて当然だ"と声を高めた。

被害者会はこのような主張を広げた後▲'ゴリラ'95%持分を有しているペ・ヨンジュンは'古制'からモール酔漢25億ウォン返還▲'ゴリラ'は市場調査失敗および広報活動専務などで73億ウォン紅参製品ただ1セットも販売できなくて日本の土で廃棄させたところこれに対して補償▲政府は、韓流スターという覆いの下中小企業の生存権を抹殺して財産をモール酔漢ペ・ヨンジュンの行為徹底調査などを促した。


a0087238_657587.jpg

▲被害者会の代表などが大法院の前記者会見で声明書を朗読している。 (c)チュ・グァンギュ記者


ペ・ヨンジュン側の立場"裁判で不利な状況に置かれるとすぐに悪意の行動を展開している"

被害者会のこのような主張に対して所属会社である'キーイースト'は自分たちと関係がないこととし'コリルラライプウェイ'に立場を聞けと答えた。 だが、キーイースト建物に入居したと分かった'コリルラライプウェイ'の電話番号などをついに確認でなくて立場を聞くことはできなかった。

ただし'キーイースト'の立場に対して毎日経済<スタートゥデイ>は去る6月26日付記事を通じて"'過去ペ・ヨンジュンが肖像を提供して広報活動を助けることに契約したことは合うが古制側前経営陣の誤りで事業が中断された。 ペ・ヨンジュンは十分に義務を果たした'で解明した。"と立場を伝えた。

<スタートゥデイ>は引き続き"現古制経営陣はペ・ヨンジュンが大株主であるライプウェイスタイルを相手に3億ウォンの損害賠償請求訴訟を水原地裁に提起して昨年7月進行された1審で敗訴した。 2審はまもなくある予定だ。"としながら、"キーイースト高位関係者は'自分たち(古制側)が裁判で不利な状況に置かれるとすぐに悪意の行動を展開している'で、'彼らの主張は事実無根であるだけに名誉毀損に近い。 裁判所にデモ仮処分申請を出す計画'と話した。"と報道した。

<スタートゥデイ>は引き続きこの関係者の話を伝えながら"'被害者だと主張する彼ら一人一人に対しても虚偽事実流布による名誉毀損疑惑で訴訟を提起する方針だ','単純にこのような論議を作ること自体を悪用している。 対応する価値がないが他のビルディング入居者にさえ申し訳ない状況になって残念だ'で抗弁した。"と伝えた。

一方コリルラライプウェイはチキン、レストラン、カフェなど飲食業チェーン店を運営して中断して今は法人だけ維持されているペーパーカンパニーで知られている。 (株)古制は去る2010年4月監査意見拒絶で上場廃止された会社だ。
[PR]
by joonkoala | 2014-07-11 06:17 | ぺ・ヨンジュン