2010年 12月 26日 ( 6 )

OSEN12/26☆「ドリームハイ」ペ・ヨンジュン-パク・チニョン前に出したポスター2種公開



(自動翻訳機)

*OSEN 2010-12-26 09:06:08
「ドリームハイ」ペ・ヨンジュン-パク・チニョン前に出したポスター2種公開



ペ・ヨンジュンとパク・チニョンが製作を引き受けて話題になっているKBS '進呈し'が'期待満開'ポスター2種を公開した。


a0087238_18551515.jpg



今回公開された最初ポスターにはその存在感だけでも威厳が感じられるペ・ヨンジュンとパク・チニョンが前面に出た。 ペ・ヨンジュン特有のカリスマとパク・チニョン特有の強烈な個性をクローズアップしたポスターは見る人の視線を引き寄せる。



また、彼らの顔のそばに並んで配置された'彼のよどみない挑戦'と'彼の熱い情熱が会った'というそれぞれのコピーはドラマの中で見せる彼らのキャラクターを暗示して気がかりなことを誘発する。



また、'クリエーティブ プロデューサー'で参加するペ・ヨンジュンのコピー'彼のよどみない挑戦'はペ・ヨンジュンの目と高さを共にして、'ミュージック&ダンス ディレクター'で参加するパク・チニョンのコピー'彼の熱い情熱が会った'というパク・チニョンの口に高さを共にすることで二人のプランナーが'ドリームハイ'に参加する位置を説明している。



a0087238_18561292.jpg




二番目に公開されたポスターはキリン予告学生たちと先生らまで、主演俳優らが総出動してポスターを飾った。



両側でオム・ギジュンとイ・ユンジが並んで立っている中で学生たちが明るく笑って腕を上げている姿は'ドリームハイ'題名のように夢に向かって走っていく学生たちの情熱と夢を表現する。



第2のチョ・スミを夢見たがお父さんの不渡りでこれ以上なごやになれないヘミ駅の排水紙、驚くべき歌唱力を持った素朴な田舎青年サムドン駅のキム・スヒョン、お父さんの陰に隠れて自身の夢を破って生きたまじめな人逆意オクテギョン、ヘミに光に分けて影で生きたが自身を無視するヘミに複数を夢見て変身に成功するペク・ヒ駅のハム・ウンジョンが各々出演する。



また、首席入学に光る海外派ダンサージェイスン駅のチャン・ウヨン、ぶさいくな容貌のためにまともに実力を認められることができない咲くスク駅のアイユまで出身と背景、処した状況が各々他の子供たちがスター士官学校のキリン予告に入学して世界的なスターで背伸びする過程を描いた'ドリームハイ'という1月3日初回放送される。

bonbon@osen.co.kr
[PR]
by joonkoala | 2010-12-26 18:57 | ぺ・ヨンジュン

joynews12/26☆「ドリームハイ」ペ・ヨンジュン-パク・チニョン登場ポスター公開'注目'



(自動翻訳機)

*joynews 2010/12/26 14:59
「ドリームハイ」ペ・ヨンジュン-パク・チニョン登場ポスター公開'注目'



ペ・ヨンジュン-パク・チニョンが一つになったKBS 2TVドラマ'ドリームハイ'のメイン ポスターが公開された。

公開された'ドリームハイ'一番のポスターには大韓民国芸能界を代表する二つの人物ペ・ヨンジュンとパク・チニョンが前面に出た。 名前だけでも存在感が感じられる重たいカリスマ ペ・ヨンジュンと歌うような表情で強烈な個性を表現したパク・チニョンが登場するポスターが視線を引き寄せる。


a0087238_18491588.jpg



二人の顔のそばに並んで配置された'彼のよどみない挑戦'と'彼の熱い情熱が会った'というコピーはドラマの中で見せるペ・ヨンジュン-パク・チニョンのキャラクターを暗示して気がかりなことを誘発する。

特に二人は俳優で出演するだけでなく'クリエーティブ プロデューサー'と'ミュージック&ダンス ディレクター'で製作全般(前半)に参加する予定だ。

普段ペ・ヨンジュンとパク・チニョンの共通した悩みであったという'才能ある後輩らの教育'に対する話を表わす'ドリームハイ'という最高スターに向かって挑戦する熱血青春らの話を描き出すという覚悟だ。

一方KBS 2T V間月火ドラマ'ドリームハイ'とは'結ぶだろうは外泊中'後続で来る1月3日初回放送される。
[PR]
by joonkoala | 2010-12-26 18:53 | ぺ・ヨンジュン

innolife12/26☆パク・チニョン、タンタラ復帰宣言...「俺にはダンスが麻薬」




*innolife 2010/12/26(Sun) 12:34
パク・チニョン、タンタラ復帰宣言...「俺にはダンスが麻薬」



a0087238_18461939.jpg



歌手パク・チニョンがタンタラ復帰を宣言した。パク・チニョンは、12月24日、オリンピック公園体操競技場で『2010年悪いパーティー- The Dancer』を盛況に開催した。 1万人規模で開かれたこの日の公演では、パク・チニョンは、さまざまなパフォーマンスで観客を魅了した。パク・チニョンが舞台に飛んでくる空中パフォーマンスを皮切りに、『No Love No More』、『Kiss』、『エレベーター』、『んんん』などを通じて、くらっとするセクシーなダンスを披露した。 『俺から離れるな』『君の後ろで』『プロポーズ歌』『君が住むその家』『俺は、女がいるのに』『ハニー』などのヒット曲のパレードが続き、パク・チニョンは、1万人の観客と一つになった。

この日パクチニョンの率直な話は観客の心に響いた。パク・チニョンは、コンサートのタイトルである『ダンサー(dancer)』と関連し、「ダンサーは、私が最も嫌っていた言葉だった。デビューした16年前に『踊りが上手』だとよく言われたがあまり誇らしく思わなかった。自分で褒めることもできず、なんとか踊りが上手だという言葉を聞かないように音楽をしてきて、これまで後輩たちを育ててきたがもう15年が過ぎた」と述べた。パク・チニョンは、続いて"これからは私が一番上手で好きなダンサー、タンタラに帰ろうと思う。16年前にダンスがこの世で一番好きで単純なダンサーになりたい」と話した

公演の終わりごろパク・チニョンは、ダンスに対する情熱を現わしてファンに、「還暦になるまで踊る姿を見せるつもり」と約束した。パク・チニョンは、「2011年には三十九になる。毎日朝8時に起きて、ビタミンや栄養剤を飲み、ストレッチ、ウエイト、有酸素運動をする。他の人々は、病気にならないで長く生きようとするために、私は1年でも長く踊りたい」と語った。

パク・チニョンは、「いくら作曲家、会社の社長がよくても、やっぱり私は踊る時が一番幸せだ。踊っている私に喝采してくれるファンたちを見ると、血管がふつふつとわく。私にはダンスが麻薬である。だから私はしつこくボディ管理をしている」と述べた。パク・チニョンは、ファンに向けて、「年老いても、ずっと(コンサートで)来てください。10人だけ来てくれてもする。私の目標は還暦でも素敵な公演をすることだ」と言って熱い拍手を受けた。
[PR]
by joonkoala | 2010-12-26 18:47 | 韓流スター

Korea Daily 12/24☆ペ・ヨンジュン…彼が体験した韓国の美しさ、滑らかに話す


(自動翻訳機)

*Korea Daily 12.24.10 15:08
[話を探して]ペ・ヨンジュン…彼が体験した韓国の美しさ、滑らかに話す[LA中央日報]


a0087238_7552911.jpg



a0087238_7553533.jpg



米国で韓国策を取り扱うことをしながらいつも惜しい点は1.5才や2才あるいは米国の人々が読むほどの韓国に対する英文書籍が絶対的に不足するという点だ。

事実全国民が寝てもさめても'英語英語'しながらも実際に英語でなった韓国に関する資料を作り出すことには皆自信がないようだ。 やっといくつかの意ある出版社で持続的に作業をしているがこれさえも70~80年代に成り立ったのを表紙だけ入れかえることがありふれている。

世の中は変わって韓国の出版デザイン水準は世界的に高まって行くのに韓国を知らせる本を見ればため息だけ出てくる実情だ。

何日前韓流スターペ・ヨンジュンの著書'韓国の美しさを探して離れた旅行'が英文版に出てきた。 事実この頃あまりにも有名人らが名前を売って本を出すブームが起きて見たらこの本もペ・ヨンジュンの名前を売ってペ・ヨンジュンの人気も上げてお金も儲けてみようという多少不順(不純)な(?) 意図が隠れているだろうとしてハングル版が出てくる時は別に神経も使わなかった。

ところで英文勝負が決まるのでこういう分野に英文版が珍しいので覗いて見なければならなかった。 読んだ後私は初めに持った先入観を修正しないわけにはいかなかった。

著者自身の言葉どおり韓国を代表する習えといいながらも韓国の代表的な旅行地や名所を推薦してくれという外国記者の質問に返事できなかったという小さい反省から出発したこの作業は完ぺき主義を追求する著者の性分のとおり非常に忠実ですっきりしていながらも美しい結実を結んだ。

それでこの本を'ペ・ヨンジュンが書いた本'というよりは韓国の伝統文化と美しさを紹介する代表的な本で紹介した方が良いようだ。

この本には私たちさえよく分からなかった韓国と韓国の伝統文化の美しさが写真と付け加えて説明されていて著者が探して行く所ごとに各分野の名人というほどの分科の出会いが成り立つ。

彼らを通じて韓国の伝統文化と伝統美がどのように綿々と受け継がれるかを目撃できたし著者とともに食べ物から陶磁器建築まで多様な文化体験をすることになる。

著者は普段関心を持っていた13種類主題を選別してこれをまた六パートで縛って各旅行地で体験したのと一緒に旅行地で会った人々そして伝統文化に対する考えを特有のやわらかい口調で読者らに伝達する。

この本は韓国伝統文化を知りたいが近付きにくいと感じた外国人にはもちろん我ら自らにも固有の文化を新しい視覚で見られるようにしてくれる。 この本はハングル版と英文版が各々あるので英語が不便な1才はハングルで1.5才や2才は英文で読んで互いに共感することができると良いという希望を持ってみる。

異形列アラジン書店代表www.aladinus.com
[PR]
by joonkoala | 2010-12-26 07:54 | ぺ・ヨンジュン

朝鮮日報12/25☆【フォト】「ソ・ジソブ列車で江原道へどうぞ」



*朝鮮日報   2010/12/25 13:49:10
【フォト】「ソ・ジソブ列車で江原道へどうぞ」


a0087238_7381831.jpg




 韓流スターのソ・ジソブが25日午前10時、江原道の春川駅で行われた韓流観光列車開通式に出席した。

 ソ・ジソブの大きな写真が張られたラッピング・トレイン「韓流観光列車」(264席)は、ソウルから南春川まで毎週土曜日と日曜日に1日2本運行される。

 列車の写真は、ソ・ジソブが江原道を旅しながらつづったフォト・エッセー『ソ・ジソブの道』に収録されているものなどで、韓国の列車が芸能人の写真でラッピングされるのは今回が初めてだ。

イ・デドク記者
[PR]
by joonkoala | 2010-12-26 07:39 | 韓流スター

朝鮮日報12/24☆ソ・ジソブがサンタに!



*朝鮮日報   2010/12/24 12:11:44
ソ・ジソブがサンタに!


a0087238_7443144.jpg




 俳優ソ・ジソブがクリスマスにちなみサンタクロースに変身した。

 ソ・ジソブは25日のクリスマスを前に、ファンのための小さなイベントを公開した。

 サンタクロースを思わせる赤のカウボーイハットと、顔の半分以上を覆う白いひげという姿で「メリー・クリスマス!」と声をかける写真を公開したもの。

 これまでのソ・ジソブのイメージとは全く違う姿が新鮮なカットだ。

 ソ・ジソブはクリスマスに当たり、ファンとの出会いの場も企画している。現在、江原道観光PR大使を務めていることから、韓流観光列車の歓迎イベントに参加し、ファンと対面する。

 これは「京春線複線鉄道開通・2011年韓国訪問の年記念」というイベントで、「江原ヌリロ号」試乗列車4両のうち、1両に韓国と日本のファンが乗車するとのことだ。


パク・ヨンウン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版
[PR]
by joonkoala | 2010-12-26 07:32 | 韓流スター