innolife9/24☆ キム・ヒョンジュン VS 元カノ最後まで行く、実子でなければ法的措置する




*innolife キム・ヒョンジュン VS 元カノ最後まで行く、実子でなければ法的措置する
2015/09/24(Thu) 11:00



a0087238_9274860.jpg

[写真:SBS『真夜中のTV芸能』放送画面キャプチャー]

俳優キム・ヒョンジュンと元恋人のAさんの16億ウォン損害賠償訴訟が、4次弁論準備期日へと続く。
Aさんがキム・ヒョンジュンを相手に提起した16億ウォン損害賠償請求訴訟第3次弁論準備の期日が9月23日午後4時30分、ソウル中央地方法院第25民事部審理で非公開進行された。

先立ってキム・ヒョンジュンの元カノのAさんは、キム・ヒョンジュンを相手に16億ウォン台の損害賠償訴訟を提起した。キム・ヒョンジュンとAさんは昨年妊娠、流産、暴行事件をめぐって法的攻防を行っている状況だ。

6月3日1次弁論準備期日、7月22日進行された2次弁論準備期日でもAさん側の主張を裏付ける妊娠確定の証拠は提出されなかった。そのため3次弁論準備期日でAさん側がどんな証拠を出すのか、この証拠が裁判所で認定され準備期日手続きを終えて本格的な裁判で突入することになるのか関心が集められた。しかし同じ裁判にもかかわらず、裁判後両サイドの弁護士の解釈は克明に違った。

歌手兼俳優キム・ヒョンジュン側が元恋人のAさんが産んだ子供が彼の実子でなければ法的措置を取ると明らかにした。

23日夜放送されたSBSの芸能情報番組『真夜中のTV芸能』でリポーターのコ・ヒョンジュンは、キム・ヒョンジュンとAさんの16億ウォン損害賠償請求訴訟3次弁論準備期日を取材した。この日放送でAさん側の弁護人はキム・ヒョンジュン側がAさんと子供に出張DNA採取検査をするという提案をしたことに対して「私たちの前でしろ」と否定的な反応を見せた。

4次弁論準備期日は10月30日、非公開で進行される。
[PR]
by joonkoala | 2015-09-25 09:28 | キム・ヒョンジュン
<< 聯合ニュース9/22☆ペ・ヨン... Kstyle9/24☆キム・ヒ... >>