聯合ニュース6/15☆<光復(解放)70年>恨から興に…時代とともにした大衆文化


(自動翻訳機)

*聯合ニュース    2015/06/15 18:33
<光復(解放)70年>恨から興に…時代とともにした大衆文化


a0087238_17215678.jpg

<光復(解放)70年>大衆文化70年(ソウル=聯合ニュース) 1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせた。 70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。 4・19革命と5・16軍事政変と共に始まった1960年代は大衆文化が歌謡を中心に芽が萌え出た時期だ。 1961年ハン・ミョンスクの'黄色シャツの男'を始めチェ・ヒジュン、玄米、ぺティ・キムなど米8軍ショー出身歌手が一つの軸を担当して多彩なジャンルが出現した。 写真は元老歌手ハン・ミョンスクさんの軍慰問公演時期の姿. 2015.6.16 <<大衆音楽評論家パク聖書種提供.聯合ニュースDB >> photo@yna.co.kr


'旅人悲しみ'で'江南(カンナム)スタイル'まで


(ソウル=聯合ニュース)イ・ウンジョン記者=日帝強制占領期間私たちの民族は飛び交う旅人でありそれで佗びしかった。


'他官の土踏んで回って十年越えて半生/男胸の中には一が立ちこめる/黄昏がたずねれば故郷も懐かしくなって/涙で夢を呼んで探してもみるよ~'(百年説の'旅人悲しみ' 2節・1940年)

作詞が考慮性(実名チョ・ギョンファン)先生が当時日本警察に逮捕されて取り調べされて出てきて感じた心情をタバコの箱に少なくておりて行った歌詞だ。


国を奪われた悲痛なことはこのように切なる歌詞に出てきた。

'豆満江(トゥマンガン)青い水にノーぬれる船頭~'(キム・ジョングの'涙に濡れた豆満江(トゥマンガン)'・1936)を口ずさんで、'お金なければ家に行ってピンデトックでも送るだろう~'(韓服ボロ'ピンデトック神社(紳士)'・1943)と口ずさんで時代の圧迫を勝ち抜いた。

1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせて庶民の韓菓(ハングァ)ふんの情緒をものさびしく表わした。

朝鮮戦争と分断、近代化、民主化など大型の激動期を経て時には時代を照らす鏡であったし時には時代に対抗して撤退をむかえた。

韓民族の人生の中で70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。

1960・70年代を代表したトロイカ俳優、視聴率60~70%を記録したヒット ドラマ、時代を風靡した歌手がいたのでアジアを越えて世界へはばたく今の韓流シルクロードが開かれた。


a0087238_17252740.jpg

<光復(解放)70年>大衆文化70年(ソウル=聯合ニュース) 1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせた。 70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。 ラジオの大衆化とともにTV時代が開かれて大衆文化はTVとともに成長し始めた。 1961年KBS、1964年TBC、1969年MBC TVなどが相次いで開局した。 写真は1963年KBS TV放送局のど自慢演出光景. 2015.6.16 <<国家記録院提供.聯合ニュースDB >> photo@yna.co.kr


'江南(カンナム)スタイル'で世界の人を踊らせたサイ、日本韓流の種をばらまいたドラマ'冬のソナタ'とペ・ヨンジュン、中国を強打したドラマ'星から来たあなた'とキム・スヒョンがいる理由だ。

◇痛みを勝ち抜いて…解放空間と分断後(1945~1960年代)

解放空間では南人数の'家居と38度線'と賢人の'新羅の月夜'などが広く呼ばれた。

1950年朝鮮戦争が勃発するとすぐに歌手は軍芸大(預貸)に編成されて'軍番号ない勇士'で戦場(全長)を縫って慰問公演を広げた。

砲声と火薬の臭いいっぱいである韓半島には賢人の'戦友でよく育って'のような珍重歌謡が鳴り響いた。

戦争に疲れた人々は'1.4後退'時のエピソードが入れられた賢人の'強くなれクムスン',避難の記憶が漂った南人数の'別れの釜山(プサン)停留所',作詞が半夜月(パニャウォル)が戦争当時幼い娘を失った痛みで使った理解研の'団長のミアリ峠',故郷に帰れない民のための望郷歌であるハン政務の'夢に本我が郷土'等をラジオと蓄音機で聞いて哀歓をくれといった。

4・19革命、5・16軍事政変と共に始まった1960年代は大衆文化が歌謡を中心に芽が萌え出た時期だ。


1961年ハン・ミョンスクの'黄色シャツの男'を始めチェ・ヒジュン、玄米、ぺティ・キムなど米8グンショ出身歌手が一つの軸を担当して多彩なジャンルが出現した。

1964年イ・ミジャの'椿お嬢さん'が演歌の流れを繋いだし、キーボイス・エドゥポなどグループ サウンドが登場したし、翻案行きますブームと共に1960年代末音楽鑑賞室セシボンを中心にトゥウィンポルリオなどフォーク ミュージシャンが流れを形成した。

a0087238_17273319.jpg

<光復(解放)70年>大衆文化70年(ソウル=聯合ニュース) 1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせた。 70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。 1970~80年代は大衆文化界の光と影が明確だった。 1981年カラーTV放送が始まって本格的にTV全盛時代が開かれた。 1983年KBS '離散家族検索'がテレビ劇場を涙で海で作った。 写真はKBS本館の前で家族の人的事項を少ない表紙をからだに付けて座っている離散家族. 2015.6.16 <<聯合ニュースDB >> photo@yna.co.kr


特にラジオの大衆化とともにTV時代が開かれて大衆文化はTVとともに成長し始めた。 1961年KBS、1964年TBC、1969年MBC TVなどが相次いで開局した。

TVドラマ時代が幕が上がって単幕劇と日々連続ドラマが放送されたし旧封書・ペ・サムニョン・ソ・ヨンチュンなどのコメディアンがブラウン管でプログラムの一つの軸を担当して困窮した庶民に笑いをプレゼントした。


映画界ではムンヒ・ユン・ジョンヒ・南征であることが女優'トロイカ'と呼ばれたし、これらと呼吸を合わせたシン・ソンイルが(夫人)オム・エンナンともコンビを成し遂げて青春映画のブームを導いた。

◇光と影…軍事政権時代、青年文化ロマン共存(1970~1980年代)

1970~80年代は大衆文化界の光と影が明確だった。

軍事政権がセックス・スポーツ・スクリーンを意味する'3S'政策を広げる中で大衆文化はメディアの発展と共に大きくて出て行った。 反面権威主義政権と衝突して規制を受けることもした。 まぶしい経済発展の中で青年文化のロマンも共存した。

ベトナム戦に参戦した南進が1971年復帰するとすぐにナ・フンアとともに全羅道(チョルラド)と慶尚道(キョンサンド)を代表する'ビッグ ライバル'で演歌ブームを再現した。

また、ジーンズ・ギター・生ビールを意味する'チョン筒脈'青年文化が花が咲いてユン・ヒョンジュ、ソン・チャンシク、オニオンス、ヤン・ヒウンなどフォーク歌手の全盛時代が繰り広げられた。 キーボイス、ヒシクス、テブルスなどグループサウンド活動も活発になった。

しかし自由奔放な青年文化は大麻草波動に巻きこまれた歌手の放送・レコード活動禁止、公演倫理委員会の大衆歌謡大量禁止などの規制につながった。

a0087238_173022100.jpg

<光復(解放)70年>大衆文化70年(ソウル=聯合ニュース) 1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせた。 70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。 1990年代に越えてきて大衆文化のルネサンスが繰り広げられる。 歌謡界は7080と違った胎動が起きて黄金期をむかえた。 1992年'私は分かります'を呼んだソテジワアイドゥルの登場は音楽革命と呼ばれたしソテジは'文化大統領'で格上げされた。 2015.6.16 <<聯合ニュースDB >> photo@yna.co.kr


代わりにMBCが1977年始めた'大学歌謡祭'を上(胃)時で'川辺歌謡祭','浜辺歌謡祭'などがまた他の形態の青年文化ブームを導いた。

スクリーンでも'星の故郷','バカの行進','高校ヤルゲ'シリーズ、'英字の全盛時代'などが青春の姿を描き出した。 これら作品には産業化時のままに入り込んで人口が都市に流入して色々な社会問題を産んだ社会像が入り込んだ。

また'憎くてももう一度'のような催涙性新派映画が人気を呼んだしチャン・ミヒ・チョン・ユンヒ・ユージーンは1970年代女優トロイカと呼ばれた。

スター映画関係者夫婦であるシン・サンオク監督と俳優チェ・ウンヒが1978年香港で北へ拉致されて南北関係に大きい波紋を起こすこともした。

テレビ劇場では'お嬢さん','旅路','新しいママ'などのドラマがヒット作だった。 これらドラマが放送されるときは距離が閑散としていたし、市庁(視聴)全(前)'戸締まり上手にして水道蛇口かけた後視聴しなさい'という案内文面が出てくることもした。

1981年カラーTV放送が始まっては本格的にTV全盛時代が開かれた。 1986年アジア競技大会と1988年ソウルオリンピックなどを経て映像技術の発展も一役買った。

ドラマ'貧民街'は67%、'愛と野望'は76%(以上放送会社記録)で驚異的な視聴率を記録した。 青春物である'愛の花咲く木'と'高校生日記',ホームドラマである'一つの屋根三家族'等ジャンルも多彩だった。

1983年KBS '離散家族検索'がテレビ劇場を涙の海で作ったし主題曲であるぺティ・キムの'誰がこの人をご存知ですか'と当時新人歌手雪雲道義'なくした30年'が痛恨な心を慰めた。

歌謡界ではチョ・ヨンピルという(のは)国民的なスターが誕生したしキム・ワンソン、消防車、パク・ナムジョン、イ・ムンセ、イ・スンチョル、ビョン・ジンソプ、チュ・ヒョンミなどが活動してダンス、バラード、ロック、演歌などのジャンルが等しく人気を呼んだ。

a0087238_17322962.jpg

<光復(解放)70年>大衆文化70年(ソウル=聯合ニュース) 1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせた。 70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。 200年代に入る大衆文化が'韓流'という名前で世界的な競争力を持つようになる。 'ヨン様'ペ・ヨンジュンの'冬のソナタ'とイ・ヨンエの'大長今(テジャングム)'等のドラマが日本市場を強打した。 写真は春川(チュンチョン)明洞(ミョンドン)地域に設置された冬のソナタ撮影地中.日案内文. 2015.6.16 <<聯合ニュースDB >> photo@yna.co.kr


スクリーンではイ・ジャンホ監督の'風が吹いて良い日',ペ・チャンホ監督の'鯨狩猟'と'深くて青い夜',イム・グォンテク監督の'道所浮かび上がる'と'シバジ'などが愛された。 'シバジ'の女優カン・スヨンが1987年ベニス映画祭主演女優賞を受けて話題であった。

◇ルネサンス…世界的なブランド、韓流(1990~2000年代)

1990年代に越えてきては大衆文化のルネサンスが繰り広げられる。 演芸産業の成長と共に今の韓流スターを排出した直接的な土台になった時期でもある。

当時新世代という用語が登場して個性強いX世代をはじめとして派手な消費生活をするオレンジ族、ヤタ族などが生じて青少年文化が台頭した。

歌謡界はこれと脈を同じにして黄金期を享受した。 1992年'私は分かりますこの夜が流れて流れれば~'('私は分かります')を呼んだソテジワアイドゥルの登場は音楽革命と呼ばれたしソテジは'文化大統領'で格上げされた。

シン・スンフン、キム・ゴンモ、イ・スンファン、シン・ヘチョル、カン・スジ、ジュース、ルーラなどが大人気を呼んでバラード、ロック、ダンス、ラボ、テクノなどジャンルが大幅拡張された。

これら歌は1990年代初めカラオケ文化誕生と共に広く呼ばれたしシン・スンフン、キム・ゴンモなどアルバム販売量100万枚を突破するミリオンセラー歌手が相次いで登場した。

またH.O.Tとジェクスキス、S.E.Sとピンクル、ベビーVOXなど1世代アイドル グループが登場したし10~20台主軸のファンクラブは積極的で組織的なファン文化を作り出した。

1991年民放であるSBS TVが開局して1995年ケーブルTVがスタートしてショープログラムとドラマなど視聴者をひきつけたヒット商品があふれた。

a0087238_17344088.jpg

<光復(解放)70年>大衆文化70年(ソウル=聯合ニュース) 1945年光復(解放)と共に私たちの言葉と歌も解放されるや大衆文化は浅はかな土地で花を咲かせた。 70年を焼き入れある大衆文化は今世界の人をひきつける韓流の尖兵でK-ウェーブを導いている。 2000年に入ってからは大衆文化が'韓流'という名前で世界的な競争力を持つようになったし、そのバトンをKポップが継続した。 東方神起、ビッグバン、JYJ、スーパージュニア、少女時代、シャイニー、エクソなどアイドル グループが海外市場を回ったし、サイは'江南(カンナム)スタイル'でアメリカ ビルボードの壁を越えてワールドスターで誕生した。 写真は2012年ソウル広場で開かれた無料公演で公演するサイ. 2015.6.16 <<聯合ニュースDB >> photo@yna.co.kr


ドラマ'野望の歳月'と'黎明の瞳','砂時計'などの時代劇と'愛が何だって'と'娘金持ちの家'などの家族ドラマ、'嫉妬','最後の勝負','初恋'などの青春メロードラマ、'龍の涙'等の史劇まで愛された。

劇場では香港ヌアル映画の強い勢力の中でも'将軍の息子','南部軍(郡)','競馬場行く道','ハヤン戦争','西便制(ソピョンジェ)','接続','緑色の魚','美術館そば動物園','ペパーミントキャンデー'などが相次いで興行した。

特に1999年カン・チェギュ監督が演出した'シュリ'の成功で韓国型ブロックバスターの胎動が始まった。

2000年に入ってからは大衆文化が'韓流'というブランドで世界的な競争力を持つようになった。

ペ・ヨンジュンの'冬のソナタ'とイ・ヨンエの'大長今(テジャングム)'等のドラマが日本市場を強打したし、その流れは昨年キム・スヒョンとチョン・ジヒョンの'星から来たあなた'の中国熱風につながった。

ドラマ韓流のバトンを受けたのはKポップだった。

H.O.Tで点火されたアイドル グループのダンス音楽はアジアを越えてヨーロッパ、北米、南米、中東などの地で三を拡張した。

東方神起、ビッグバン、JYJ、スーパージュニア、少女時代、シャイニー、エクソなどアイドル グループが海外市場を回ったし、サイは'江南(カンナム)スタイル'でアメリカ ビルボードの壁を越えてワールドスターで誕生した。

映画界も海外市場で名前をより高めた。

イム・グォンテクが作っておいた世界映画祭でパク・チャンウク、イチャンドン、キム・ギドク、ホン・サンスなどの監督が世界3台映画祭をさらったし、俳優チョン・ドヨンは'カンヌの女王'になったしイ・ビョンホンはハリウッドに無事に到着した。

大衆文化を研究してきた評論家パク聖書氏は"アジアを越えて全世界で拡散した韓流ブームはただ昨日今日の成果でなく去る70年歳月にかけて受け継いできた私たちの大衆文化の底力であり大きい流れといえる"として"同時に逆境の中で育ってきた私たちの大衆文化歴史が未来の希望を話す実証的事例でもある"と評した。

mimi@yna.co.kr
[PR]
by joonkoala | 2015-06-18 17:38 | ぺ・ヨンジュン
<< innolife6/18☆水木... innolife6/18☆『真... >>