中央日報6/4☆歌手キム・ヒョンジュン側「妊娠・流産はなかった、出産後に特殊恐喝罪訴訟」




*中央日報    2015年06月04日13時16分
歌手キム・ヒョンジュン側「妊娠・流産はなかった、出産後に特殊恐喝罪訴訟」



a0087238_7525359.jpg



歌手キム・ヒョンジュン キム・ヒョンジュン側が、元恋人A氏との弁論準備期日後の対応計画を伝えた。

キム・ヒョンジュンの法廷代理人イ・ジェマン弁護士は「流産はもちろん妊娠自体がなかったと確信している」として「民事・刑事上で可能なすべての対応をしていく計画だ。刑事上では6億ウォン(約6700万円)を恐喝した特殊恐喝罪を成立させ、民事上では損害賠償を請求する」と伝えた。さらに「民事は今月内に反訴の形で進める計画だが、刑事は相手が現在妊娠中のため出産を考慮して時期を調整する」と伝えた。

A氏は3日、キム・ヒョンジュンを相手に起こした16億ウォン台の損害賠償請求訴訟の弁論準備期日で妊娠と流産に関する証拠提出をしなかった。A氏側はこの日、無月経4週の診断書だけを提出した。これに対してキム・ヒョンジュン側のイ・ジェマン弁護士は「訴状に妊娠と流産で診療を受けたと書けば、弁論準備期日にその証拠を提出しないわけがない。該当資料(診療記録・診断書など)は本人の場合10分あれば受けられる」としながら「妊娠・流産についての診療記録ではなく無月経4週の診断書を提出したが、法的に『無月経4週=妊娠』という証拠効力は全くない。したがって当然、流産についての証拠もないことと同じ」と話した。さらに「妊娠や流産はなかった」として「『無月経4週』という診断自体が、患者本人が『4週間無月経』と言ってこそ成り立つものであり、医師が直接これを発見して診断できる内容ではない」とつけ加えた。

2人の法廷攻防はA氏側が子供の妊娠によるキム・ヒョンジュンとの対立や精神的被害などを理由に16億ウォン台の訴訟を起こしたことから始まった。これに対しキム・ヒョンジュンの法廷代理人側は「暴行が起きたのは昨年5月30日で、相手女性が自然流産の事実を知らせてきたのは4日後の6月3日だ。当時、該当女性はキム・ヒョンジュンに『妊娠した女を殴って流産させたと公開する』と言って脅迫し、キム・ヒョンジュンは深刻な恐れで妊娠と流産の有無を確認しないまま6億ウォンを渡した」として「ところが相手女性が16億ウォンの損害賠償を請求して流産まで主張したのでキム・ヒョンジュンは弁護士を選任し、本当に流産したのか確認してみようという立場」と伝えた。

キム・ヒョンジュン側はA氏が通っていたという計5カ所の産婦人科に事実の照会を申請している状態だ。
[PR]
by joonkoala | 2015-06-05 07:54 | キム・ヒョンジュン
<< Kstyle6/4☆キム・ヒョ... Business Journa... >>