Kstyle6/3☆キム・ヒョンジュン側「妊娠・暴行も信じがたい」…弁論準備でも元恋人側と主張が対立




*Kstyle OSEN |2015年06月03日19時03分
キム・ヒョンジュン側「妊娠・暴行も信じがたい」…弁論準備でも元恋人側と主張が対立



a0087238_23351216.jpg



妊娠を巡って対立しているSS501のリーダーキム・ヒョンジュン側と元恋人Aさん側が交錯した主張を見せた。

3日午後4時30分、ソウル中央地方裁判所では、第25民事部の審理でAさんがキム・ヒョンジュンを相手に提起した損害賠償請求訴訟の弁論準備が約40分以上にわたって非公開で行われた。

弁論準備期日とは、当該事件の主な争点と今後の実証計画を整理する時間で、この日の弁論準備は通常の時間よりもかなりの時間がかかった。

Aさん側は「客観的な証拠として、反論する材料が用意されている。証人申請も準備している。十分に立証することができる」とし「真実の前に目を隠すことができないだろう」と述べた。

キム・ヒョンジュン側の弁護人は、「相手は妊娠診断書、流産の際の治療履歴を出せなかった。相手が提出したのは、無月経4週間という、妊娠ではない診断書のみ提出した」とし「昨年提出した傷害の診断書には、腹部に関連する内容が全くない。本人の陳述による肩や腕、臀部だけだ。腹部の暴行により流産したと主張しているが、それだと腹部が含まれてなければならない」と指摘した。

続いて「昨年、妊娠ではないことを本人が知って、嘘をついたんじゃないかと思う。妊娠はもちろん、暴行の事実も信じ難い」と付け加えた。

続いて「今回の訴訟のためにキム・ヒョンジュンの名誉がひどく毀損されたし、妊娠中の女性を暴行したという濡れ衣を着せられている」とし「名誉毀損で反訴を準備している」と明らかにした。

次回の弁論準備期日は7月22日に進行される。

キム・ヒョンジュンは2012年から約2年間ほど交際したAさんと、妊娠と流産をめぐって真実攻防を繰り広げている。この過程でAさんは精神的被害を理由にキム・ヒョンジュンを相手に今年4月、16億ウォン(約1億8000万円)相当の損害賠償請求訴訟を提起した。

元記事配信日時 : 2015年06月03日17時27分 記者 : キム・ユンジ
[PR]
by joonkoala | 2015-06-03 23:36 | キム・ヒョンジュン
<< Kstyle6/2☆ 東方神起... WoW!Korea 6/3☆キ... >>