インフォシーク5/25☆【コラム】ペ・ヨンジュン結婚発表から見る元祖韓流スターの結婚とファンの反応!



*インフォシーク    2015/05/25 10:28
【コラム】ペ・ヨンジュン結婚発表から見る元祖韓流スターの結婚とファンの反応!


a0087238_6571983.jpg

ついに「ヨン様」が女優パク・スジン(右)と結婚する、と公式に発表した。



ついに「ヨン様」が女優パク・スジンと結婚する、と公式に発表した。まずはおめでとうございます。最近の情勢を考えると、テレビニュースや一般紙でも報道されたのは、やはりヨン様のネームバリューは格別ということだろう。男性スターにとって、結婚は兵役やスキャンダル以上のダメージがある。多忙、または独身を謳歌したい、という理由以上に、結婚が遅くなるのはファンの失望=人気下降を恐れるからだ。国内だけでなく海外でも人気の韓流スターにとって、活動選択よりも最大限の勇気と決断力を必要とするのが結婚なのだ。

韓流初期からの人気スターといえばイ・ビョンホン、ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、リュ・シウォンら70年~72年生まれの年長組俳優と、76年~77年生まれのクォン・サンウ、ソン・スンホン、ウォンビンらの年少組俳優がいる。その中で結婚の先陣を切ったのは、年少組で、人気も高水準を保っていたにもかかわらず、2008年、32歳という若さで女優ソン・テヨンと電撃結婚したクォン・サンウだった。その勇気に男らしさを感じたものの、予想通り、急速なファン離れが伝えられた。その後は、2010年にはチャン・ドンゴンが女優コ・ソヨンと結婚。同年リュ・シウォンも一般人女性と結婚(後に離婚)。映画俳優として独自の地位を築いていたチャン・ドンゴンはそれほど影響はなかったが、アイドル的人気を誇っていたリュ・シウォンには相当な痛手となった。さらにここまでの3人は、いずれもでき婚だったことが後日明らかになり、ファンの失望感、裏切られた感は大きかった。そしてイ・ビョンホンもついに2013年に女優イ・ミンジョンと結婚。ハリウッド進出などで俳優としての格を上げていた彼は、でき婚でもなく、すでに四十路に入っていたことからファンは寛大な気持ちを示し、ダメージは最小限で食い止められた。

そして2015年、年長組最後に残されたヨン様がついに結婚することになった。ファンの失望は少ないとは言えないが、さすがに40代の男性にいつまでも独身を望むのもファンのワガママ、と結婚を許容できる地盤は整っていた。しかし相手に関しては一言言いたい、といった雰囲気があったのは事実。

ほかの元祖韓流スターは、リュ・シウォンを除きすべて女優と結婚しているが、ヨン様も最後に落ち着いたところは女優だった。一般人よりファンの嫉妬を買い、また過去の噂などがとかく語られることになるわけだが、今回も御多分に漏れずで、ファンの風当たりはある。しかし最終的には、俳優というよりレジェンドになっているペ・ヨンジュンの選択ということで、すでに落ち着いた水準にある彼への評価や人気にさほど影響はなさそうだ。

すでにファンの関心は結婚後に向いている。ほとんどの電撃結婚発表は、後にでき婚だったことが発覚しているため、その疑惑に不安を感じている。さらに、これまでのところクォン・サンウ、チャン・ドンゴンは円満さを見せている一方、リュ・シウォンはドロドロ離婚、イ・ビョンホンは不穏材料いっぱいながら子供ができて修復か?といった幸せ・平和度としては微妙な確率となっている。

これ以上の失望を味わいたくないファンは、こうなったからには、カップルが幸せでいてほしいと願っているのだが、気になるところだ。さらに、ファンのライバル意識や関心の材料が「妻」にも及ぶのがおもしろい。妻である女優の評価が公私にわたって高いと喜ぶし、時には妻同士を比較したりもする。結婚してしまうと、ファンはスターへの感情をそれまでの彼氏的存在から、息子や兄弟のような存在に変化させる。そのため姑・小姑のような気持ちになるのだ。これまでのスターの配偶者女優としては格下のパク・スジンだが、今後女優として進化できるのか、内助のほうで認められるか、興味が募るところだ。

そして、韓流ファンは今、残された彼氏、ウォンビン、ソン・スンホンの「その日」に戦々恐々とし始めている。彼らを息子や兄弟として見ることができる人はまだそう多くなさそうなので、その日が当分訪れないことを願う。THE FACT JAPAN|野﨑友子
[PR]
by joonkoala | 2015-05-27 23:00 | ぺ・ヨンジュン
<< Kstyle5/27☆“結婚発... innolife5/27☆ペ・... >>