Dispatch2/25☆ “子供は私が責任を負います…キム・ヒョンジュンと結婚はありません” (インタビュー)


(自動翻訳機)

*Dispatch 2015-02-25 04:44
[単独] “子供は私が責任を負います…キム・ヒョンジュンと結婚はありません” (インタビュー)


a0087238_22295791.jpg



[Dispatch=ソ・ポヒョン・キム・ジホ記者]

“私やはり私を理解することはできない”彼女も他の人の非難を分かっていると話した。 自身を暴行した男、それで自身が告訴した男、そのような男をまた会ったし、そのような男の子供を持った。

“誰が私を理解しましょうか? 及ぼしたというでしょう。 皆知ります。”

妊娠、世の中で最も偉大なことだ。 世の中で最も祝福受けることだ。 だが、今、その妊娠は世の中のまないたの上に上げられた。

“どのようにまた会ったかと?”

Aさんはかろうじて話し始めた。 理解と許し、和解と再結合、妊娠とその後一連の事件などを全部さらけ出した。

そして断固として一言付け加えた。

“子供は私が責任を負うでしょう。 キム・ヒョンジュンと結婚することは絶対無いでしょう。”

‘ディスパッチ’がキム・ヒョンジュンの前彼女Aさんを24日午後単独で会った。

a0087238_22295972.jpg



◆ “妊娠を証明しろといって?”

去る23日、キム・ヒョンジュンの所属会社である‘キーイースト’が口を開いた。

▲去る年末、合意下に決別した▲妊娠事実を確認できなかった▲結婚説は事実無根だ背中が彼らの主な解明だった。

①妊娠の有無が真実ゲームになったこの状況、彼女はどのように受け入れようか。

“ヒョンジュンはただ一度も妊娠を疑ったことがありません。 妊娠の有無に対しては本人が最もよく分かるでしょう。 本人が先に‘失敗’をしたようだと話したからです。”

‘ディスパッチ’は客観的な資料をお願いした。 それもそのはずインタビューは一方の主張でなければならない。 それでその話を裏付けることができる根拠が必要だった。


a0087238_22314375.jpg



二人が去る1月9日やり取りした文字だ。 キム・ヒョンジュンが日本ツアーを離れた日、Aさんは産婦人科検査を受けた。 二は超音波写真をやり取りして対話を継続した。

Aさんの話のように、キム・ヒョンジュンは絶対疑わない。 ②いったい二人の間にどんなことがあったのだろうか。

“2014年11月にまた会いました。 その後で大部分を一緒にいました。 11月13日から30日までは済州島(チェジュド)にありましたし。 12月にも、ほとんどもれなく会ったからです。”

二人の再結合、率直に当惑した。 キム・ヒョンジュンはAさんを暴行して傷つけた。 Aさんはそのようなキム・ヒョンジュンを刑事告訴した。 また会うことができる関係であろうか。

③二人、その中でもAさんの理由が気になった。 Aさんは2014年9月7日文字を見せて当時を説明した。 この時は警察調査がしばらく成り立つ時であった。


a0087238_22341044.jpg



2014年9月2日. キム・ヒョンジュンは被疑者身分で松坡(ソンパ)警察署に出頭した。 そして7日後、彼はペルー公演のために出国道に上がった。 その時飛行機で送った文字だ。

“この時まで私の心は確かでした。 ヒョンジュンとは終わりだと考えましたよ。 それが現実だと受け入れました。 だが、ヒョンジュンは….”

Aさんはまたした通義(トンウィ)文字を見せた。 2014年11月7日文字であった。


a0087238_22361453.jpg



“誕生日でした。 済州島(チェジュド)でプレゼントが来ました。 花とケーキでした。 その時私の心が再び溶けたようです。 ヒョンジュンを再び愛することができることという(のは)気がしました。”

Aさんは‘愛憎’という単語を使った。 そして去る9月と10月を思い出させてまた会った過程を説明した。

“9月からヒョンジュンが訪ねてきました。 酒にいっぱい取ったまま家の前に満身瘡痍で倒れていましたよ。 遊び場でとめどなく私を待ったし、また泣いたりもしました。”

10月にもそうしたんだ。

“10月ある日、ヒョンジュンが話しましたよ。 自身が持ちこたえられるように少しの間だけそばにあってくれといってよ。 少しずつ揺れ始めました。”

Aさんは去る2年、その誰よりキム・ヒョンジュンを愛したと伝えた。 それで彼の暴行が衝撃であったし、傷だったと話した。 だが苦しがる姿に徐々に心を開いた。

④下だがキム・ヒョンジュンの所属会社は12月に別れたというあきれる立場を発表した。

“キーイーストはどんな根拠にそのような立場を発表したでしょう? 戦いをあおりたてるようです。 私を‘足首’捕まえる‘美人局’で作ったのです。 誤解を作って不信を育てて。”

事実二人の文字を見れば出会いと別れを繰り返す。 一例として11月30日文字がそうした。 Aさんが済州島(チェジュド)で上がってきた以後決別のような決別でない対話が行き来する。


a0087238_22374091.jpg



二人はいつもこのような形だ。 “私たちの今終わりは”して“ところで朝は食べたか?”そのようにする. そんなに二人は12月にも会った。 キム・ヒョンジュンがソウルにある時は、ほとんどもれなく….

a0087238_2239961.jpg



◆“私は妊娠をしたが、彼は?”

Aさんが妊娠事実を知ることになったのは1月3日だ。 世の中で最もうれしい便り. だが、Aさんはその事実をキム・ヒョンジュンに正しく知らせられなかった。

⑤まず妊娠を知るようになった時点から尋ねた。

“1月2日にからだにおかしな兆候がありました。 次の日妊娠テスト器を買いました。 私もやはり驚きました。 だが、さらに驚くべきであることはキム・ヒョンジュンの行動でした。”

その時、キム・ヒョンジュンの友達から伝え聞いた便り、キム・ヒョンジュンが済州島(チェジュド)旅行中というもの。 それも他の女とともに。 妊娠したAさんには青天の霹靂のような便りだった。

⑥それならいつ妊娠の便りを知らせたのだろうか。 キム・ヒョンジュンの反応まで共に尋ねた。

“12月31日まで私と一緒にいました。 1月1日には新年機嫌伺の挨拶を伝えましたし。 ところで2日に友達カップルなどと共に旅行なんですか。”

Aさんは迷った。 妊娠便りを伝えようか、そのまま一人で耐えられようか、悩んだという。

“友達カップルなどと以前から約束された旅行といったのです。 それでまた、一度心を揺り動かしました。 私と別れた間彼女に会ったようだ、そんなに合理化しましたよ。”

キム・ヒョンジュンは済州島(チェジュド)で帰ってきた5日、Aさん家を探した。 そして妊娠を知るようになった。

“ヒョンジュンは慌てましたよ。 事実私も慌てたから十分に理解します。 私たちは続いてはいけない関係なのに…. 子供ができてしまうとどれくらい紛らわしいです。”

当時の紛らわしい感情は二つの対話でもよくあらわれた。

a0087238_22414542.jpg



そんなに二人は今後の仕事を真剣に悩んだ。 もちろんキム・ヒョンジュンの心は時々刻々変わった。 軍入隊、ご両親など解かなければならない宿題が山積みであったから….


a0087238_2242506.jpg



結婚問題に対してはかなり真剣だった。 そうするうちに検察調査結果が出る頃、不意にプロポーズ(?)をすることもした。 その程度で紛らわしい姿だった。


a0087238_22442037.jpg



⑦ご両親との葛藤はどうなのか. お父様との関係が不安(?)するとみられる。 不信、お互いに対する‘信じられないということ’がお互いに向かっている。

“1月6日にお父様に会いました。 その時お父様は子供を願わないという印象を受けました。 お父様のお言葉にヒョンジュンがの代わりに謝るほどでしたから。”

Aさんによれば二人の葛藤は病院問題で劇に駆け上がった。 その狭めることはできない間隙は二人の文字内容で察することができた。


a0087238_22451997.jpg



“ヒョンジュンがご両親は特定病院特定医師に固執しました。 通話途中なにげなく‘これ以上遅れてはいけない’という話もしましたし。 そのまま私の心が楽ではありませんでした。”

Aさんとお父様の対話はトドリピョのように繰り返された。 お父様はA病院B医師に固執したし、Aさんは一般病院女医師を望んだ。

“結局私が通う病院に先に行って、その次にA病院B医師に行こうと譲歩(?)しました。 私が一方的に約束を破ったのでなく、確答を差し上げることができませんでした。”


a0087238_2248255.jpg



◆ “私の子供は私が責任を負う”

何より、Aさんはこれ以上妊娠を検証する理由がないと伝えた。 もうこの愛と戦争から抜け出したいと付け加えた。

⑧キム・ヒョンジュンお父様のためであろうか。 Aさんの決心が気になった。

“先立って申し上げたが、ヒョンジュンが最もよく分かります。 私が妊娠をした時期、そしてその子供が自身の生命というもの、最後に私がこの関係を終わらせようとする理由までです。“

Aさんはキム・ヒョンジュンと旅行に行った彼女の話を再び取り出した。

“子供ができれば私が略字になったのです。 済州島(チェジュド)旅行で帰ってきた日、ヒョンジュンが旅行カバンでその女の物を発見したが、そのまま静かに取りまとめて出ました。”

Aさんはその女が着た服、美容道具、さらに女性用品まで持ち出した。 その物を自分の車トランクにのせた。 その物を捨ててみな忘れようと決心した。

⑨自ら容赦を決心した。 ところで今こうする理由は何だろうか。

Aさんは文字1通を見せて話を繋いだ。


a0087238_22525962.jpg



“ある日、車を整理して彼女の物を再び発見しました。 突然怒りが込み上げましたよ。 それらをそのまま包装して彼女に送りました。”

だが、これが問題の発端だった。 キム・ヒョンジュンはAさんを非難した。 ‘人間にふさわしくない’という話も吐き出した。 Aさんが心を決めた決定的契機であった。

“事実ある程度怒ることとは予想しました。 自分の方法がクールでないのも分かります。 ところで佗びしかったんですよ。 そのまま佗びしかったです。”

Aさんはキム・ヒョンジュンの混乱、お父様の反対、理解できるといった。 彼女やはり明快なことではないためだ。 ただ、キム・ヒョンジュンが自身の方でないという考えはこらえることができないんだ。

⑩それでもこれは極端な方法ではないか。 子供が大きくて二つの戦いを見ることもできる。

“はい。 私の子供のための決定です。 キム・ヒョンジュン所属会社が私をおかしな女で作るからです。 <別れたのにかかわらず、確実でない妊娠で足首をつかむ女>と.”

“昨日は私の妊娠に秘密があることのように報道したのです。 何か隠すために約束を破ったし、隠れましたって。 全(前)‘隠すこと’でない‘守り’ためにこうするものです。”

Aさんは今後生まれる子供のためにインタビューに応じたと強調した。 足首をつかむママでもなくて、隠すママでもなくて、逃げるママでもない….

⑪Aさんは引き続き超音波声を聞いてみたことがあるかと問い直した。

“私も極端な考え、なぜしなかったです。 ところでひょっとして超音波声を聞いてみたことがありますか? 腹で子供の心臓がどきどきしています。 もう私が耐えられて責任を負うでしょう。”

もちろん、今でもキム・ヒョンジュンは文字を送る。 ‘Aさんは連絡途絶’という所属会社の報道資料をあざ笑うことでもするように、子供の便りを尋ねる。


a0087238_22582870.jpg



Aさんはキム・ヒョンジュンに責任を負わせないと話した。 彼との結婚計画はないと釘を刺した。 それでも(キム・ヒョンジュンの)子供に対する関心までは止めない予定だ。

“私がおろかだったし、私が選択しました。 私の決定に対する責任は私が負けます。 全(前)、もうママですからね.”

最後にキム・ヒョンジュン側と‘キーイースト’に一言付け加えた。

“会社で何を守りたいのか分かりました。 それでも私の存在を否定することはやめてください。 強要することもやめてよ。 私のためにでなく子供のためにです。”

<写真=イ・ホジュン記者、整理=パク・インヨン・ソン・スミン記者>
[PR]
by joonkoala | 2015-02-25 23:01 | キム・ヒョンジュン
<< innolife2/25☆ キ... WoW!Korea 2/24☆... >>