アジアトゥデイ11/05☆SMエンター・キーイースト、墜落することには翼がない?


(自動翻訳機)

*アジアトゥデイ        2014-11-05 11:14
SMエンター・キーイースト、墜落することには翼がない?

キム・スヒョン効果に上がった株価、所属芸能人リスクに円安まで悪材料として作用




a0087238_18573794.jpg

上半期‘キム・スヒョン効果’で上昇したキーイースト株価が下半期にはいって空しく墜落している。


アジアトゥデイ イ・キルサン記者

エンターテインメント業界先頭走者であるSMエンターテインメントとキーイーストの下落傾向が尋常でない。 それぞれ歌手、俳優企画会社を代表する二つの会社が下半期に入って一緒に墜落している。

5日韓国取引所によればSM株価は6月末3万6050ウォンから前日2万3900ウォンに33.70%下落した。 キーイースト株価もまた、同じ期間3440ウォンから2300ウォンに33.13%落ちた.

SMのこのような下落傾向は少女時代メンバージェシカ、エクソ メンバールハン等所属歌手の相次いだ離脱と訴訟が悪い材料になったと分析される。

実際のSMは去る9月末ジェシカが少女時代を離れるという事実が知らされて株価が4万ウォン台から3万ウォン台に落ちたがのに引き続き先月10日ルハンがソウル地方裁判所にSMを相手に専属契約効力既存再確認訴訟を起こした後次の取引日である13日2万ウォン台で座り込んだ。

今年前半期‘キム・スヒョン効果’で4000ウォン台まで沸き上がったキーイースト株価やはり所属俳優キム・ヒョンジュンがガールフレンド暴行疑惑で訴えられた去る8月22日3000ウォン台から2000ウォン台に落ちた後再び上がれずにいる。

円安も悪材料だ。 これら会社は芸能人が日本で儲ける収入(輸入)が相当部分を占めるのに円安は利益減少につながるほかはないからだ。

知人してLIG投資証券研究員は“SMとキーイーストは訴訟とメンバー脱退などスターイシューが悪影響を及ぼして売り上げ院が崩壊になる姿”としながら“ここに最近では円安が悪材料だ。 日本でこのような影響を受ければ中国売り上げが良くなるべきなのにそうでもない”と説明した。

彼は引き続き“結局好材料はなくて悪材料だけある状況だと当分下落傾向を避けにくいだろう”と付け加えた。

ただし一部では下半期実績改善にともなう株価反騰を期待する見解もある。

クォン・ユング東部証券研究員は“SMは下半期ラインなどモバイル メッセンジャーステッカー、モバイル ゲーム、グーグル・アマゾン音源売り上げなどで収益源が多角化されるなど上半期対比実績改善がなされるだろう”と話した。
[PR]
by joonkoala | 2014-11-05 19:01 | キーイースト
<< 聯合ニュース11/10☆日本が... KpopStarz11/05☆... >>