Kstyle7/10☆少女時代&キム・スヒョンら59人、大手事務所らがポータルサイトに敗訴





*Kstyle TVREPORT |2014年07月10日17時43分
少女時代&キム・スヒョンら59人、大手事務所らがポータルサイトに敗訴「肖像権・姓名権を侵害したとは見なせない」



a0087238_6254096.jpg

写真=TVレポート DB


俳優キム・スヒョンやアイドルグループ少女時代など、韓国を代表するスターたちがポータルサイトDaumを相手に起こした民事訴訟で敗訴した。

済州地方裁判所の第2民事部は10日、少女時代など芸能人59人が株式会社Daum communicationsを相手取って起こした損害賠償請求訴訟で原告の請求を棄却した。

芸能人たちの検索を管理するポータルサイトがパブリシティ権侵害をきちんと管理せず、自分たちの名前が商業的に利用されているとして、訴訟が提起された。

訴訟を起こしたスターたちの顔ぶれを見ると、俳優ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、スエ、キム・ナムギル、キム・スヒョン、少女時代、miss A、Wonder Girls、SHINee、SUPER JUNIOR、BoAなど、国内トップクラスのスターばかりだ。

彼らはそれぞれ所属事務所は異なるものの、SMエンターテインメントやキーイーストなどの大手芸能事務所6社がUAMという国際機関を共同で立ち上げて対応しており、訴訟も共同で進めることになった。

裁判部は「韓国で実定法として確立された慣習法がない状況で、独占的な財産権であるパブリシティ権を認めることは難しい」とし、「被告が原告の肖像権と姓名権を侵害したと見なすことはできない」と明かした。

また、Daumとは別に、59人の芸能人はG MARKETとAUCTION、11番街などのオンラインショッピングモール仲介サイトを運営するイーベイコリアとSKプラネットを相手に損害賠償請求訴訟を提起した。

元記事配信日時 : 2014年07月10日15時57分 記者 : ホン・ウィソク
[PR]
by joonkoala | 2014-07-11 06:28 | キム・スヒョン
<< ファイナンシャルニュース7/1... 直訴の鐘ニュース7/10☆ &... >>