Kstyle4/13☆キム・ヒョンジュン「感激時代」終了後の予定?“ペ・ヨンジュンと済州島旅行&アルバム準備”




*Kstyle MYDAILY |2014年04月13日18時46分
キム・ヒョンジュン「感激時代」終了後の予定は?“ペ・ヨンジュンと済州島旅行&ニューアルバムの準備”



a0087238_7101179.jpg



SS501のリーダーキム・ヒョンジュンが「花より男子~Boys Over Flowers」(以下「花より男子」)の“ジフ先輩”というレッテルを剥がした。

キム・ヒョンジュンは3日午後、ソウル某所で行われたKBS 2TV「感激時代:闘神の誕生」(脚本:パク・ゲオク、演出:キム・ジョンギュ、アン・ジュンヨン、以下「感激時代」)の放送終了のインタビューで「終わったという気がしない。どうもまだ僕はシン・ジョンテみたい。実感が沸かなくてちょっと辛い」と話した。

キム・ヒョンジュンはシラソニという伝説的な人物をモチーフに、シン・ジョンテというキャラクターをリアルに表現した。1930年代の上海を背景に、華やかな闘神になる過程を感動的かつ大胆に表現したとの評価を得ている。また、キム・ヒョンジュンは今回の機会を通じて自身の代表作を「花より男子」から「感激時代」へと変えることができた。

これに対してキム・ヒョンジュンは「シン・ジョンテという人物と別れるのは簡単なことではない。長い間シン・ジョンテとして生きてきて、急に芸能人キム・ヒョンジュンに戻って何か憂鬱になった。今後どう生きていけばいいか分からない。それほど愛情を持っていたし、心からシン・ジョンテのことが好きだった。彼に執着していたみたいだ。シン・ジョンテが命を懸けて自身の大切な人たちを守る心が本当に温かかった。現実的には不可能なことであっても、彼の献身的な姿がとても好きだった」と明かした。

a0087238_710135.jpg


キム・ヒョンジュンは「感激時代」の放送前に行われた記者懇談会で、制作費150億ウォン(約14億円)について言及しながら「最善を尽くす。僕が150億ウォンに合う演技をお見せする」と抱負を語った。そしてドラマが幕を下ろした今、彼はその約束を守った。キム・ヒョンジュンは「僕にやれることは全てやった。第24話のエンディングシーンまで全ての力を注いだ。1話延長したら、もう撮影できないほどだった」と話した。

キム・ヒョンジュンはもし「感激時代」の出演前に時間を戻せるとしても、迷わずこの作品を選び、最善を尽くして演じると話した。彼は「20代に、僕にできる全てを惜しみなく見せることのできた作品だった。これまで何も考えずにひたすらドラマにだけ夢中になっていた」と強調した。

また、次回作としてまたアクションドラマの出演オファーを受けたら、丁寧に断ると告白した。キム・ヒョンジュンは「もう見せたものをまた見せたくない。既に僕の体がアクションに慣れてしまって撮影が楽に感じられるかもしれないが、似たようなジャンルのドラマには出演したくない。若いときにもっと多彩な魅力をお見せしたい。アクションはあとで考えてみる」と説明した。

「感激時代」の撮影を無事終了したキム・ヒョンジュンは、ひたすらドラマのために走ってきただけに、まずは休息をとる予定だ。所属事務所の代表であるペ・ヨンジュンと済州島(チェジュド)に旅行に行き、歌手としての活動を本格的に準備するという計画だ。5月頃にはニューアルバムも発売する予定で、ワールドツアーも議論中だ。

元記事配信日時 : 2014年04月08日07時38分 記者 : チョン・ウォン、写真 : クァク・ギョンフン
[PR]
by joonkoala | 2014-04-14 07:15 | キム・ヒョンジュン
<< スポーツソウル4/13☆ペ・ヨ... Kstyle4/13☆キム・ヒ... >>