Kstyle4/6☆キム・ヒョンジュン「来年は兵役…自分を見つけ直す時間にしたい」




*Kstyle YONHAP |2014年04月06日17時50分
キム・ヒョンジュン「来年は兵役…自分を見つけ直す時間にしたい」


a0087238_6462171.jpg



「一日でシン・ジョンテからキム・ヒョンジュンに戻ったのでどうすれば良いのか分かりません。実感がなく、はまり役だったので簡単に手放すことは難しいです」――。

KBSテレビのドラマ「感激時代:闘神の誕生」の最終回を終えた俳優キム・ヒョンジュン(SS501リーダー)は「終わったという気がしない」と感想を語った。

歌手としてステージでは男らしさも披露したが、俳優としては主演を務めた「花より男子~Boys Over Flowers」「イタズラなKiss~Playful Kiss」の漫画キャラクターのイメージが強かった。今回は1930年代の韓国、日本、中国の若者が繰り広げるアクションドラマ。伝説のファイター「シラソニ」をモチーフにしたシン・ジョンテ役を見事に演じ切り、好評を得た。「僕にできることはやり尽くしました。最後のシーンまで力を出し切りました」と語った。

さまざまな紆余曲折もあった。途中でドラマの脚本家が交代し、スタッフとエキストラに給料が支給されず、一時撮影が中断した。キム・ヒョンジュンは「誰もが動揺する状況でしたが、皆(ドラマに)愛着があったので、うまくできてきたと思います」と振り返った。

同じ時間帯に放映されたキム・スヒョンとチョン・ジヒョン共演の「星から来たあなた」が旋風を起こし、同作品が終わってからはJYJのユチョン主演の「Three Days」と視聴率を競った。「正直、『星から来たあなた』には勝てませんね。意識せず、役だけを考えました」と話す。

最終回(第24話)の平均視聴率は12.3%となり、同時間帯で首位を獲得。中高年層にお馴染みの人物を演じ、アイドル歌手、イケメンスターのイメージから脱却することもできた。

来年は数え年で30歳になり、兵役に就く計画だ。ほかの人と同じ生活を送り、自分を見つけ直す時間にしたいという。

元記事配信日時 : 2014年04月06日17時15分 記者 : 聯合ニュース
[PR]
by joonkoala | 2014-04-07 06:47 | キム・ヒョンジュン
<< 朝鮮日報4/6☆韓流アイドルフ... 聯合ニュース4/6☆<インタビ... >>