朝鮮日報12/17☆ ミュージカル・TV・モデルまで…大衆スターに浮かび上がったバレリーナ キム・ジュウォン


(自動翻訳機)

*朝鮮日報   2011.12.17 03:04
[Why] [キム・ユンドクの人人]ミュージカル・TV・モデルまで…大衆スターに浮かび上がったバレリーナ キム・ジュウォン

私の白鳥は湖にだけ留まらないみなよじれてただれた足の指族低筋膜炎という病気も得て踊る限り、苦痛続くが舞台で降りてこないことだ完ぺきな踊る前には…ハイヒール履いてミュージカルして上半身ヌードとって悪口も言われて私は、からだの言語で話しかける人新しい人、新しいジャンルが私の身振りをさらに深く一束最後に生きていく私に挑戦の終わりはない

踊る間苦痛は続くだろう。 トーシューズ中で傷はぶり返してただれるだろう。 醜くゆがんだ足を見た。 苦痛をこらえながらもなぜ踊るのかと尋ねた。 “オム・ホンギル隊長になぜ山に登るのか尋ねたことがある。 オム隊長が尋ねたよ。 君はなぜ踊るのかと….”

キム・ジュウォン(34)は2011年を‘バレーの年’で作った主役だ。 映画‘ブラックスワン’が150万観客を呼び入れて、フィギュア女王キム・ヨナが‘ジゼル’を持って帰還したが国立バレー団が起こしたバレー突風に比較すれば序幕に過ぎなかった。 今年一年の間国立バレー団が全国を縫って公演した回数が総150回. キム・ジュウォンの‘ジゼル’はすべて全席売り切れを記録した。 バレーだけではない。 ミュージカル、写真展、TVを行き来してキム・ジュウォンは大衆スターで背伸びした。 “地方公演行けば完全アイドルもてなしを受ける”として彼女がげらげら笑った。

a0087238_7193787.jpg

チョクチョグンマギョムを病んでいるキム・ジュウォンの足. つま先芸術の光栄と傷がそっくりはらんでいる。 練習の虫キム・ジュウォンが1ヶ月使うトーシューズは20余足. 漏れるのようにはいあがるために彼女は毎朝苛酷な訓練をする。 /イ・トクフン記者leedh@chosun.com2006年、シュツットガルトバレー団のカン・スジンに続き韓国人では二番目で'プヌア トゥとタンス'の最高女性舞踊家賞を受けた韓国バレーの自負心. 翌年上半身ヌード撮影で波乱を起こしたが、韓国舞踊界を導くパワーリーダーで健在を誇示している三十四才のバレリーナ.




8日昼間、練習を終えて歩き出すキム・ジュウォンに会った。 髪の毛あるオール乱れなく上げて縛った容貌ぐらい彼女の答は簡潔で直接的だった。


a0087238_7195463.jpg


◇今が国立バレー団最高の全盛期

―毎朝練習なのか。

"1年365日変わりない。 靭帯が増えたり骨が折れない以上必ず出てくる。 基礎工事は重要だから。"

―大変なのか、練習中に舌をみな内密だよ。

"ならないテクニックなるようにしようと、弱いことを強く、不足したことを上手にするようにさせようとすれば大変だろう。 限界値に至った姿見せなければならないから練習室に誰がくること嫌いだ。 疲れて舌も差し出して、'子供種'といいながら悪口もする。(笑い)"

―重力を拒否するように、ひらりとひらりとはいあがる動作がそのまま出てくるのではないようだ。

"水面上の白鳥がぴったり私たちだ。 舞台では衣装と照明、観客の喝采まで本当に派手だが水底は正反対だ。 公演よりリハーサルが大変でこそ舞台から自由だ。"

―バレー突風が吹いた。 人気を実感するのか。

"'ジゼル'定期公演は開幕2週間前売り切れたし当日オープンした視野障害席まで品切れになった。 地方公演行けば完全アイドルもてなしを受ける。 ストッキングするおじさんらのために苦しい。"

―キム・ジュウォンの'ロミオとジュリエット'公演にペ・ヨンジュンがきたよ。 舞台後から要人分ける姿が話題になった。

"よく分かるソムリエが12人の名士(名詞)とワインをマッチして本を書いた。 その中あるインタビュー人がペ・ヨンジュン氏と顔見知りだ。 その日公演会場にはチョン・ミョンファ先生、ペ・ビョンウ先生も来られたがペ・ヨンジュン氏だけ浮び上がって申し訳なかった。 芸術を楽しまれる方同じだったよ。"

―バレーが愛されることになったのに国立バレー団の役割が大きかった。

"来年が国立バレー団創立50周年なのに、今最高の全盛期を謳歌しているようだ。 世界的技量を整えた舞踊家が年齢帯別で布陣していて、私たちの創作バレーが国際舞台で光を見ている。 ムン・ビョンナム先生が振りつけされた'王子ホドン'はイタリア公演で全席売り切れに、起立拍手とカーテンコールを受けた。"

―地方公演に対するチェ・テジ国立バレー団長の意志が大きいと聞いた。

"国民の税金で運営されるバレー団とか地方(脂肪)の文化疎外階層を訪ねて行って公演しなければなければならないと考えられる。 来年には'ジゼル','白鳥の湖'等前膜公演でさらに多い地方公演を計画している。"

―団員(単元)は大変だ。

"バレリーナ、バレリーナの生命がそんなに長くないために舞踊家ならば一度でもさらに舞台に立つことを願う。 私やはり舞台に立たなければ不安だ。(笑い)隠れている舞踊家を発掘することになるのも大きい所得だ。 公演が1年に150回にもなって同じ作品を二ヶ所同時公演する時もあると幼い舞踊家が技量を発揮する機会が多くくれる。"




"地方公演行けば完全アイドル接待ストッキングおじさんらのために苦しいです"持って生まれた幻想の上体ライン?
長い首にぷつんとふくらんだ骨目立っているヒジ…私のからだはコンプレックスだらけバレーにからだをマッチュォッタムミョンの悲しみを分からない?
ボリショイ学校では劣等生4時間寝てきつく練習して最高という話より最善を尽くすという称賛が良くて2011年は'バレーの年'国立バレー団公演150回キム・ジュウォン'ジゼル'転回全席売り切れギャグ プロ'バレリーナ'人気に主婦・会社員もバレー教習ブーム

a0087238_7204163.jpg



"私が見ることとは違いホ当たり、ホットクトギエヨ"といいながらキム・ジュウォンが笑った。 引退後計画を尋ねるとすぐに来年1月にある公演'4色旅程'だけでも手にあまって引退以後は考えてみたことがないんだ。 生まれ変わればバレーはしないといった。 "新しいこと挑戦しなくてはね。" /イ・トクフン記者leedh@chosun.com―バレーブームを背負って作られたギャグコンサート‘バレリーナ’は男性ダンサーらを戯画化した面がある。

“おもしろかったのに? コメディだからそのまま笑いながら見た。 事実バレーは王室で始まった芸術だ。 王室男たちが着たタイツはからだの美しいラインを見せようとした宮廷衣装だ。 正しくなされたバレー公演見ればそのような先入観消える。 人のからだがそれ自体で芸術になることができるとのことをバレーが見せる。”

―文化センターバレー教室に中年女性ら、サラリーマンが押し寄せるそうだ。

“どんな運動をしても陥らない肉、バレーをすれば2~3㎏がフック陥るから。 指の間、足の指の間に隠れた肉がみな陥る。 からだに寝る筋肉が一つでもあればバレーをできない。”

―マラソン、アメリカンフットボール次に骨を折ったのがバレーだといっていたが。

“さらに大変だろう。 可愛いようにまでしなければならないから。 息があごにみなぎったがドラマをしなければならないから。”


a0087238_7204426.jpg

ロマンバレーの真髄を見せる'ジゼル'で踊るキム・ジュウォン. /国立バレー団提供◇トーシューズの代わりにハイヒールを履いて…

去る2月毒舌で有名な作曲家パン・シヒョクがキム・ジュウォンのジゼルを観覧した後ツイッターに使った。 ‘舞台を蹴ってはいあがるトーシューズの声が非現実的に聞こえる程、空気中に飛び回る妖精を見たような感じる。 普段高級芸術と低級芸術を区分することに反対してきたが明らかにさらに精巧で洗練された芸術はある。’

キム・ジュウォンは“バレー向こう側での多様な経験が私の踊りのインスピレーション”と話す。 クラシカルバレエだけでなくミュージカル、放送出演、CFと写真モデルでよどみなく活躍することが彼女には全部“からだの言語を深くて豊富にしようとする勉強”だ。 2007年写真作家キム・ヨンホの‘からだ’という展示のために断行した上半身ヌード撮影も挑戦を恐れないキム・ジュウォンだけが行うことができた‘事件’だった。 そのためかキム・ジュウォンの踊りにはドラマがある。 観客を圧倒するカリスマがある。

―‘浮気’が多かった。

“好奇心が多い。 ニックネームが‘好奇心天国’だ。(笑い)私はからだの言語を持った人だ。 足で涙を表現しなければならなくて、肩で歓喜を、指一つで死を暗示しなければならない。 踊りは他の芸術よりはるかに感情的に充満しなければならない。 身振り一つ一つに話を表わさなければならないから。”


a0087238_7204618.jpg

ミュージカル'コンタクト'に'黄色いドレスの女性'で出演したキム・ジュウォンはハイヒールを履いてタップダンスを踊った。 /朝鮮日報DB―

ミュージカル‘コンタクト’でトーシューズの代わりにハイヒールを履いて踊るキム・ジュウォンを置いて‘飛びたい’当てこする人もいた。

“私は淘汰されたりマンネリズムに陥る瞬間を嫌うだけだ。 ほとんど毎年クルミ割り人形と白鳥の湖、ジゼルを公演するが毎年内踊りが変わって深くなると信じる。 新しい人との出会い、新しいジャンルの経験で得た滋養分が私のからだに、舞台にそっくりにじみ出る。 35年の人生がまもなく私の踊りだ。”

―結局はバレーのためだという意なのか。

“私は誰より早くバレー団に出てきてからだをほぐして練習する。 テクニック、演技力が一段階一段階良くなるその過程を本当に愛する。 文あるいは絵の筆タッチだけ見ても作家の年輪が分かるように私もまた手ぶりするか、目つき一つ、肩の動作一つ一つに私の世界観と哲学が入る本物私が入れられた踊ることを見せたい。”

―上半身ヌード撮影で波紋があった。

“その事件に対しては話す言葉が多いが、しない。 国立バレー団の一員でこれ以上組織に累を及ぼしたくない。”

―ヌードはもちろんバレー自体を性の商品化と批判するフェミニストがある。

“そうした方々に本当に良いバレー作品お見せしたい。 2時間の間客席に伝達するエネルギーと感動がどんな芸術より強烈だ。”

―‘ダンシング ウイードさらにスター’というTVオーディション プログラムで‘名品審査評’で人気を享受した。

“そのプロは一度も踊ってみたことないマラソンランナーイ・ボンジュ氏のような方々が出てきてヨチヨチ歩きから習う過程だった。 それがどれくらい難しくて如何に多い勇気を必要とするのか分かるから、感動した。 踊るために明け方まで練習する出演者ら見て私がより大きい刺激された。”

◇私のからだはコンプレックスだらけ

―ナタリー・ポートマン主演のバレー映画‘ブラックスワン’は激しい配役争い、完ぺきな踊りに対する渇望で精神分裂症に陥るバレリーナの話だ。

“誇張された面が相当多い。 自害はちょっと激しかったよ。(笑い)もちろん共感行く部分もある。 感情的に望まない、あるいは表現するのが難しい延期(煙、演技)をしなければならない時ストレスが多いだろう。 誰でも主人公をしたいのも合って。 それで私も泣いてみたし、バレーをあきらめたい時があったから。”

―15年目キム・ジュウォンと共に国立バレー団首席舞踊家でツートップを成し遂げたキム・ジヨンとは運命のライバルという(のは)声を聞く。

“ジヨン氏は本当に良い同僚であり立派な芸術家だ。 幼い時一瞬は互いに意識して鋭敏がったこともあるが、今は存在だけで強固な同時代の舞踊家だ。 私が大変な時その心最もよく認められるのがジヨン氏だ。 一度微笑を浮かべてくれることだけでも力になったよ。”

―‘キム・ジヨンの足、キム・ジュウォンの手’という話がある程二人の舞踊家の体形が違って踊りの特長が違うと話す。

“個性があるという意だろう。 だが、舞台で演技する時身体のどちらか一つの部位が浮び上がりはしない。 全体の身振りが交わって感動を与えることだね。 ジヨン氏のソン・ヨンギもだいぶ美しいのみならず、私の足も多くの話をしている。 私の足が美しくないことは合う。 私は弾力あるようにジャンプしたり橋(脚)を高く上げるバレリーナではない。 それを私だけの演技力、表現力でカバーしようと努力する。”

―首で肩、八につながる幻想の上体ラインを持っている。

“上体ラインは私のからだ最高のコンプレックスであった。 ヒジはパートナーが武器という程ひどく目立っていたし、とりわけ長い首に骨はぷつんとふくらんでみたくなかった。 水が流れるように美しいラインを作るために他の人々よりはるかにヒジを回して肩を抜く。 苦痛だがやり遂げることができる。 ものすごく努力すれば長短所は紙一枚差に過ぎなくなる。(笑い)”

―舞踊家らの間に誰がオープニングをして誰がクルロジン舞台に立つかを置いて競争が激しかったというが。

“そんなことにストレス受ければ作品にどのように没頭するか。 私に与えられたキャラクターをどのように解釈して踊るかために悩む時間も足りない。 誰が初日初舞台に立つのかは本当に無意味な悩みだ。”

―評壇はキム・ジュウォンの集中力、演技力をほめる。 清純なジゼルから官能的なカルメンまで完ぺきに自身のキャラクターで誕生させる舞踊家といったよ。

“私はどんな色も吸収する寒地になりたい。 妖精になってこそ妖精延期(煙、演技)ができるのではない。 売春婦になってこそカルメンを演技できるのではない。 作品と作品の背景、その時代歴史まで隅々まで調べて滞貨する。 音楽も私のからだに完全に入ってくる時まで聞いてまた聞く。”

―演技すること本当に大変だった配役があったのか。

“2006年公演したマツエクのモダン バレエ‘カルメン’. 私が前に一度もしてみなかった、それこそ醜い(ugly)ある延期(煙、演技)をしろと言って及ぼすものと思った。 煙たい市価煙を吹き出して、誰かのほおを殴って、わかることはできない大声を出さなければならなくて。 とうてい出来なくて振付け師を訪ねて行ったところ壁を見て日、この、三、四大声を張り上げることから練習するとし追い出したよ。 没頭してまた没頭した。 美しさがボーイだよ。 歓喜が感じられたよ。 その作品が私のバレー人生の転換点になったようだ。 表現の領域が広くなって自由だった。”

◇ボリショイバレー学校の嫌いなカモ子

キム・ジュウォンは釜山(プサン)で生まれた。 ピアノ、ヴァイオリン、テコンドー、陸上まで習って小学校5学年になって‘これだ!’といいながら受け入れたのがバレーだ。 先花蕊中2学年の時離れたロシア ボリショイバレー学校留学はキム・ジュウォンが世界的な舞踊家に成長するのに踏み台になった。 ボリショイを優等卒業した後1998年国立バレー団に入団したキム・ジュウォンは‘海賊’の担いで導師役を担って派手にデビュー、2006年には舞踊界のアカデミー賞という‘プヌア トゥとタンス’最高女性舞踊家賞を受ける。

―夢のボリショイバレー学校に入学した初めての韓国学生だった。

“92年に行ったので開放されてからいくらも経たなくて旧ソ連の残滓がたくさん残っていた。 更衣室、シャワー室に開閉装置がなくて、電話機一台を寄宿舎何百名学生が一緒に使ったから。 パンを切って寝なければならない程劣悪な環境だったがそれでも後悔できなかった。 ご両親反対を押し切って我を張って行った留学とか。(笑い)”

―ボリショイ時期は楽しかったか。

“ボリショイはバレーだけ教える所でない。 プロフェッショナル舞踊家を育てるために文学、歴史、音楽、数学、フランス語、英語まで人文的、芸術的素養を育てる理論授業があまりにも多くてロシア話にならない私としては普通大変なことでなかった。 ロシア子供と無条件部屋を一緒に使いながら話を習った。 踊りも基本がたくさん付いたよ。 担任が出る省みることもなかった。 できない子供たちはグループの一番端にたてるのに私はいつも終わりにあっただろう。 そうするうちにますます中心に移動した。 優等卒業した。(笑い)”

―ものすごく努力してみる。

“一日4時間寝ながら練習した。 その時習慣が今でも残っている。 電気を惜しまなければならないから夜明けにこっそりとホールに入って仏道つけないで練習した。 初めには目(雪)もあわなかった先生が私を認め始めたよ。 後日にはママのように見てあげられた。 今その方が今ボリショイ学校校長になった。”

―ボリショイ時期抜いてはいつも他の人々より先立って走った。 無名時代が殆どなかったといっても過言ではない。

“私は競争を嫌う。 コンクールが一番嫌う。 記録を更新すること、競争して1等すること、本当に嫌いだ。 1月1日誰もバレー団に出てこない休日に一人で出てきて音楽かけておいて踊る時一番幸せだ。 最高という話より、最善の努力をするという称賛がより良い。”

―それでも入団直後の二十一才からプリマドンナで活躍して群舞を踊るバレリーナらの心情を理解することは大変なようだ。

“分別がない時は私だけよく踊れば良いのではないか、考えた。 さらに謙虚でなければならなかったのに、心より私の周囲の舞踊家らを愛して配慮しなければ作品にならないというのをその時は分からなかった。 私のこと上手にすることにだけ汲々とした。”

―キム・ジュウォンのメントは誰か.

“チェ・テジ団長様. バレーだけでなく、先後輩関係が上手になっていくことができなくてたくさんひどい目にあった。 私が他のジャンルを探険する時、ヌード写真のために苦しがる時心取り除いて話をきいて励まして下さった方だ。 世の中で私が最も似ていたくて尊敬する人は私たちのご両親だ。”

◇三十四才? 私はまだ夢見るバレリーナ

―2005年族低筋膜炎(かかと痛み症候群)を病んだ。

“死刑宣告を受けたようだ。 トーシューズを履くことさえ手にあまったよ。 どうにか勝ち抜かなければならないという考えに毎日十二時間ずつリハビリ運動と治療にぶらさがった。”

―数多くの舞踊家と運動選手たちの夢をあきらめるようにさせる病症に勝って2006年世界最高女性舞踊家賞を受けた。

“私にはスランプはない。 延期(煙、演技)によって挫折すればさらに熱心に踊って勝ち抜いた。 その過程が楽しくて楽しくなった。 だが、痛みは違った。 練習することがさえないから。 希望を置かなかったこと、それで小さい奇跡を作り出した自身が感心なだけだ。”

―完治したことなのか。

“そうではない。 踊る限り、トーシューズを履く限り苦痛は続くだろう。”

―キム・ジュウォン程度なら世界的なバレー団で舞踊家で活躍できなかったのだろうか。

“プヌア トゥとタンス受けて何箇所提案がきたが出て行かなかった。 どこで踊るかよりどんな踊るかがさらに重要だから。 最高女性舞踊家上も100%メード・イン・コリアの‘海賊’で受けた。 私は大韓民国バレリーナだ。”

―若い世代とかバレーだけでなく政治、社会帰ることにも関心多いようだ。

“投票はきちんとする。 市民の、国民の義務と責任を全うしようと。 ところで舞台の上のほかはホ当たりだ。 今まで運転免許がない。 道路走行で6度でも落ちた。 政治もよく分からない。 見ることとは違い意識を持った青年でない。(笑い)”

―キム・ジュウォンに愛とは?

“芸術家はいつも誰かを愛していなければならない。 ただし私は結婚を前提に愛しはしない。 いつで愛が先だ.”

―呼吸がよく合う男性ダンサーと愛に陥りやすいようだ。

“呼吸が合わないパートナーとも愛に陥る。(笑い)出てきて主にパートナーを成し遂げた友人はキム・ヒョンウンという(のは)後輩なのに、私を‘兄’と呼んだ。”

―一時恋人だった国立舞踊団首席舞踊家イ・ジョンユンと来年1月‘4色旅程’という公演を共にする。 クール(cool)したことなのか?

“別れたが芸術に関する限りお互いの良い支持者で批評家だ。 お互いの作品を常に見て歩いて助言してくれる。”

―最近キム・ジュウォンを感動させた人は誰か.

“私のおい(めい). 私の妹が産んだ生後1ヶ月なったおい(めい). 8ヶ月早産児と集中治療室インキュベーターにあったが、あいつを見る瞬間泣いた。 痛くて神秘で美しかった。 不思議にも私の耳に似て、諸父に私の娘を生んでくれて有難いといった。(笑い)”

―最近では写真を取るのに趣味を付けたといったよ。

“団員(単元)ら練習して休んでいる時首首筋で流れる汗の雫をとる。 すりへってすりへって乱雑に広く散らかしたトーシューズもとって疲れた舞踊家の曲がった肩もとる。”

―今年‘クルミ割り人形’公演には出演しないと聞いた。

“クルミ割り人形は新人らを登用するので(に)最も良い作品だ。 13年の間主人公マリを演技したので今は後輩らに譲り渡すのが合う。”

―クリスマスには特別な計画あるか。

“国立バレー団のクルミ割り人形を見ているだろう。 私はまだクリスマスになれば胸が浮き立つやぼったい人だ。 ツリー作ってキャロルねじっておいて一人で夜を明かす。 姉さんが舌打ちする。(笑い)”

―尊敬するバレリーナは誰か.

“私より先立って踊ったすべての方らを尊敬する。”

―良い踊りはどんな踊りなのか。

“真心が入れられた踊る。 悲しいようにでなく本当にジゼルになって右は踊る。”

―本当に乾いた。 つゆだけ暮らすのか?

“バレーは体力消耗が大きい踊りだ。 男ぐらいたくさん食べる。 大昌(テチャン)が好きだ。”

―来年ならばすでに三十五だ。

“完ぺきな踊る瞬間舞台から降りることだ。 私はまだ夢見るバレリーナだ。”
[PR]
by joonkoala | 2011-12-18 07:24 | ぺ・ヨンジュン
<< BYJ韓国公式12/18☆ [... Oricon STYLE ... >>