BYJ韓国公式5/11☆[ファーム]ペ・ヨンジュン氏寄贈車、福島を走る


(自動翻訳機)

*BYJ韓国公式   2011/05/11


 67707 [ファーム]ペ・ヨンジュン氏寄贈車、福島を走る [2]秋女2011.05.11 212

ペ・ヨンジュン氏寄贈車、福島を走るy ume3 2011.05.11.17:54

(3代車が東京を出発しました)


http://cfile249.uf.daum.net/image/200447374DCA4E4B36A0F2
a0087238_6402468.jpg



私の大学院で論文地図教官が、福島県出身であることは以前使いましたが、その教授からある日、「どんな外国の俳優が医療支援車を3代NPOに寄贈して下さる」と話して、その人が韓流スターのペ・ヨンジュン氏だったことが、暫くして分かりました。

内閣府に義援金7500万円を寄付されて、寝具類の以外に車を3代寄贈すると、ペ・ヨンジュン氏が提案されたことは、地震災害が発生してわずかばかりなことでした。

その後で、教授が理事長を引き受けるNPOに車が寄贈されることが正式に決定、内蔵や車の外装に聖路加看護大学をピルテ、このボランティア活動関係者の名前と、プロジェクト名「希望ときずな」が書かれた車が完成される時まで少し時間がかかりましたが、5月8日、NPO本部に3代そろえて車がきました。

 彼の1代を私が運転して福島県相馬市の保健センターまで行って、心のケオティムの保健社に任せてきました。

その故障で記者会見をして、この車を使って来年の3月まで「希望ときずな 」プロジェクトはセイロ聖路加看護大学の事業の一貫として、引き続き福島県の心のケアをサポート年行くと発表しました。

場所は、いわき市、相馬市,郡山市です。 各々1代ずつ同じ車が走ります。 現地の行政指導を受けて必要ならば、どんな医療支援モクチョグロエソもこの車を利用して下さいます。

振り返ってみれば、「長期的医療支援するためにはどのようにすれば良いものか、車を使った支援の内容を考えて下さい」と話した時悩んで母校聖路加看護大学を訪問したのを思い出します。 3月末のある日でした。

 デザインされた紙の上の車でなくて、本当に車が3代並んで立った時は長官なので、胸が熱くなってしまいました。

出発の日にペ・ヨンジュンのファンの皆さんが送別にきて下さったことには驚きました。 果たして、ものすごい人気です。

 「希望ときずな」というホームページも立ち上がりました。 寄付金を集めることを始めなければなりません。 車が走っている動画ものせる予定であるからぜひ見て下さい。



「希望ときずな」ホームページ



http://kiboutokizuna. jp/index. html



*私はbyjfanポムです..^^
[PR]
by joonkoala | 2011-05-13 06:40 | ぺ・ヨンジュン
<< innolife5/13☆日本... テレビドガッチ5/11☆『イタ... >>