スポーツソウル12/20☆ヨン様は韓流だが、ペ・ヨンジュンの夢はアジア流



(自動翻訳機)

*スポーツソウル  2010.12.20 10:14
ヨン様は韓流だが、ペ・ヨンジュンの夢はアジア流


a0087238_8541027.jpg



[スポーツソウルドットコム|ソ・ポヒョン記者]

超特急新人でヨン様になったし、すなわちアイコンになった。 その間演技者で享受することができるのはすでに満たしたし、スターが受けることができる歓呼も十分に受けた。 不足したのがないように見えるほど多くのことを成し遂げた。

デビュー16年目、韓流スター6年目ペ・ヨンジュン. 最近日本で会った彼は相変わらずだった。 温和な微笑と親切な手者. ジェントルあるマナーと正しい身なり. ドラマ'冬のソナタ'ジュンサンの姿そのままであった。

8年間同じ姿だった。 これに対してある者は終始一貫しているといったし、ある者は変化がないといった。 ペ・ヨンジュンも分からなくなかった。 自身の現住所にのどの渇きを感じたし苦しさを訴えることもした。


a0087238_854662.jpg




だからだろうか。 今ペ・ヨンジュンは挑戦の道に一歩近寄った。 ドラマ製作に飛び込んだしアジア スターらと手を握って慈善活動も始めた。 悩みは深く見えた。 しかし恐れは見られなかった。 なろうと変化にからだを任せる姿だった。 ペ・ヨンジュンが夢見る今日と明日はどんな姿であろうか。


◆ "今日は製作者ペ・ヨンジュン"

昨日は俳優であった。 今日は企画会社の首長だ。 また、作家ながらドラマ製作者にも呼ばれてもある。 このようにペ・ヨンジュンの肩書は日々変わっている。 派手になることはあった。 しかし私たちになじむ昨日のペ・ヨンジュンの姿は探し難かった。 その時が懐かしくはないだろうか。

"何か無理に作りたいつもりはないです。 単に時間の流れに私を任せるだけでしょう。 ポジション変化に対する悩みはしています。 率直に話せばしばらくさまよった瞬間もありましたよ。 ある瞬間心が虚弱になりましたよ。 そのように少しはぼうっとした状態でありました。"

ペ・ヨンジュンの彷徨を寝かしたのはアイロニーにもことだった。 ドラマ'ドリームハイ'を製作しながら彼はまた起きた。 後輩演技者等を見て刺激を受けて、現場の活力もまた感じることになってからだ。

"前俳優として専門的な教育を受けられませんでした。 エンターテイナーを作る芸術学校があったら良いと夢見てきましたよ。 それで始めたのが'ドリームハイ′. 久しぶりに現場に行くと本当に良かったんですよ。 また新人になった気持ちでした。"


a0087238_8532691.jpg



◆ "明日は俳優ペ・ヨンジュン"

換言すれば、ペ・ヨンジュンの昨日は俳優であった。 それならペ・ヨンジュンが考える明日はどんな姿であろうか。 この質問にペ・ヨンジュンは少しも迷うことがなかった。 ただバンに演技を口にした。 演技をしたくて、人々に演技する姿を見せてあげたいといった。

"私は俳優です。 文も書いたし、事業もして、ドラマ製作もしているがそれより先には俳優でしょう。 そうするからでしょうか。 早く俳優ペ・ヨンジュンの姿を見せてあげたい心が大きいです。 ファンたちもその姿を待つようだしですね。"

3年目続いた風だった。 ドラマ'太王四神記'以後次期作はなかったし演技する姿をいつ見るかも知れないことだ。 演技はしたいというのに本来出演を念頭しておいた作品はない状態. 何が問題だったのだろうか。

"完ぺき主義者? 目が高い? そのどうであることはありません。 今まで軟餌ついた作品がなかっただけです。 前ジャンルを問い詰めません。 映画も良くてドラマも良いですね。 特定のキャラクターに固執することもありません。 乱れた姿を見たいのですか? それもおもしろいと思います。 全部どんなものでも良いです。"


a0087238_8541327.jpg



◆ "彼の夢はアジア流"

ペ・ヨンジュンのまた他の夢. すぐに韓流をアジア類で作る仕事だ。 韓国スターで留まるのではなくアジア スターになって、各国のスターらと自由に疎通すること。 韓流スター1世代ペ・ヨンジュンが準備するまた他の韓流の開始だ。

"私は韓流でなくアジア流で呼びたいです。 アジアを一つの市場で置いて話せばより大きい市場を作ることができるでしょう。 最近ドラマ'逃亡者'を見て拍手したのもそのためでした。 ひとりは英語で、また他の人は日本語で話すのにコミュニケーションになるでしょう。 それが私が夢見るアジア流です。"

今回日本、台湾のスターらと'微笑プロジェクト'を進行したのもアジア流の一種だった。 各国のスターらが力を集めてアジア全体に力を集中しようとした。 そしてペ・ヨンジュンはまた他のアジア流を準備している。 '家族プロジェクト'がすぐにそのこと. アジア全域にあるファンたちに会って写真を撮るプロジェクトだ。

"時間が過ぎていくすべての瞬間を記録したかったです。 ファンたちの姿を写真で残せば良いと考えましたよ。 ファンたちを家族といいながら写真一枚ないことが惜しかったんですってば。 家族プロジェクトをしながらもう少し活発に動くつもりです。 日本だけでなく他の国も訪問するつもりです。"

<文=ソ・ポヒョン記者、写真提供=キーイースト>
[PR]
by joonkoala | 2010-12-21 08:59 | ぺ・ヨンジュン
<< BYJ日本公式12/21☆NE... innolife12/20☆ペ... >>