岩手日報3/16☆予算流用など問題点指摘 盛岡市議会漆芸美術館調査



*岩手日報  2010/03/16
予算流用など問題点指摘 盛岡市議会漆芸美術館調査

 盛岡市の岩山漆芸美術館問題を調査していた市議会総務常任委(菊田隆委員長)と産業環境常任委(竹田浩久委員長)は15日、市議会本会議で調査結果を報告した。予算流用による施設改修や、雇用実態を確認せずに行った人件費支出など市の問題点を指摘し、再発防止を強く求めた。

 両常任委は昨年12月から集中審議を行い、同問題の経緯を検証。総務常任委は、市が消防設備などの改修を議会の議決を経ず予算流用で行ったことを「地方自治法の拡大解釈」と指摘し、議決後の執行を強く求めた。

 同館名誉館長に就任した韓流(はんりゅう)スター、ペ・ヨンジュンさんの効果を期待した事業については「具体性の検証が不足し、建物の賃貸借契約を結ぶ相手の妥当性の判断にも重大な誤りがあった」などとした。

 同館建物の活用については「現存の建物のままで利活用すべきでなく、文化財としての保存も含め検討すべき」とした。

 産業環境常任委はふるさと雇用再生特別基金の前払い金について「書面による雇用状況の確認を行わずに支払ったことは誠に遺憾」と指摘し、再発防止を求めた。
[PR]
by joonkoala | 2010-03-16 12:40 | ぺ・ヨンジュン
<< 産経ニュース3/16☆【から(... 岩山漆芸美術館HP3/15☆岩... >>