サーチナニュース3/2☆メガネトップは昨年来安値更新、2月度既存店が19%の大幅減少



*サーチナニュース  2010/03/02(火) 12:52
メガネトップは昨年来安値更新、2月度既存店が19%の大幅減少


  メガネトップ <7541>が一時28円安の614円まで下げ、2日ぶりに昨年来安値を更新、下げ止まらない。1日大引け後に発表したグループ月次売上状況で、既存店売上高が前年同月比18.5%減となり、今期最大の減少率だったことが嫌気されている。2月までの11カ月累計売上高が前年同期比2.2%減となり、会社計画の通期0.3%増達成に黄信号がともった。

  韓国の人気スター、ぺ・ヨンジュンさんを起用した主力の「メガネ市場」は好調が続いてきたが、昨年9月度から前年同月比マイナスに転じ、2月に18.5%減と大幅に落ち込んだことが響いた。また、全店売上高も12.5%減と今期2度目のマイナスかつはじめての2ケタ減となった。

  なお。野村証券では、2月26日付けで、三城ホールディングス <7455>を新規に投資判断「1」(強気)、目標株価1000円で調査を開始したが、同社株については、「眼鏡市場」を中心とする中級品で、他社から価格競争を仕掛けられており既存店売上が厳しい状況だと指摘。新規に投資判断「2」(中立)、目標株価730円でカバレッジを開始していた。

  株価は、9月11日に1800円の昨年来高値を付けた後、10月に発表した9月の既存店売上高がマイナスに転じたことから失速。11月以降は急ピッチの下げが続いており、下値模索が続きそうだ。(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク 編集担当:サーチナ・メディア事業部)
[PR]
by joonkoala | 2010-03-02 15:26 | ぺ・ヨンジュン
<< 朝鮮日報3/2☆ソウルに漂う、... アジアトゥデイ3/2☆[記者手... >>